こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

後半急に弱くなることの推論

DFラインが下がりすぎるとかいった戦い方の問題もあるでしょう。
また悪い流れのときにチームを落ち着かせるようなキャプテンシーある選手がいないこともあるでしょう。

私は他に選手のコンディション面の影響もかなり大きな要因ではないかと思うようになってきました。
おとといのFC東京戦はだいぶ改善の兆しがみえていたのですが、例えば神戸での試合では明らかにコンディションが落ちている選手が多く見かけました。去年も本格的な秋になるまで感じていたのですが、どうも疲れがとれずコンディションが悪い選手が多い。はたしてコンディション調整、管理がこのチームは上手くいっているのだろうか。
オーバートレーニング症候群の影響から精彩を欠く浩司、目の病気の影響かもしれないが90分体力がもたない駒野、ケガを繰り返し試合に出られないチアゴ、そして試合終了前に同点で動けない選手をみると疑問に思えてくる。

今年6月に磐田にジュビロの練習見学にいったわけですが、そのときジュビロのサポーターが「昔はドゥンガがつれてきたフィジカルコーチがきて強くなり、さらにそのコーチの教えを受けた菅野フィジカルコーチがいてよかったんだが、協会にいっていなくなっちゃってコンディション管理がうまくいっていない。5月に代表に行った選手のコンディションの影響もあって失速しちゃったんだよな」とフィジカルコーチの大切さを語ったことを思い出します。

あと今年、川崎は去年はなかったフィジカルコーチを今年呼んだことも、J2で失速なしに独走して早々と優勝決めた要因の1つではないかと思えます。

体調管理が、リーグ戦戦う上ではかなり重要なことであると最近強く思うようになりました。
[PR]
by somewheresw | 2004-11-02 07:27 | sanfrecce