こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

来年のサンフレッチェの展望

まだ新戦力がはっきりしない面もありますが、一応「人まね」と言われる前に今の予想を書いておきます。

一時閉鎖したときに「信頼感がなくなった」と書いたことで来年降格争いして降格するほどのダメチームになるのを見るのがイヤになったからだと思われた方が多くいたかと思いますがそんなことはありません。

むしろ来年は
今年よりも順位は上にいき、おそらくはすんなりとJ1残留を確定するであろうと私は予想します

来年は五輪から解放されます。ということは主力である森崎兄弟、駒野がサンフレッチェに専念できる。そして他のレギュラー格の選手もジーコがA代表に呼ぶとは99.9%思えないのでレギュラー11人がサンフレッチェに専念できる環境にあります。(ユースに招聘されるであろう吉弘、前田、高柳、高萩、そして北朝鮮代表の李は、監督の頭の中において来年スタート時点ではレギュラーにはなっていないと私は考えてます)。

和幸が今年チーム内で一番と言えるほど成長したのは幸か不幸かわからないが、五輪にあまり関わらずにサンフレッチェに専念できたからだと思います。逆に五輪にでた浩司・駒野は五輪が終わった後にスランプに陥り、結局は今年成長したかどうかよくわからないままシーズンが終わってしまった感があります。
しかし、来年はキャンプから3人は代表に抜かれずずっとチームにいるのはものすごく大きいと思います。中心選手である彼らがサンフレッチェに専念できることでチームの戦術面の熟成にも大きいわけでしてケガしない限り、普通にキャンプを消化できればサンフレッチェは確実に1桁順位、中位はいけると思いますし、最低ラインはそこぐらいの目標で当然立てるべきだと思います。

ただ20代後半の選手が少なく、他のチームと比べて若手が多く手堅い部分が少ないのは不安だと言えるでしょう。あと不安要素といえば、ベットが悪い意味で日本慣れしてクオリティーが落ちてきてスーパーでなくなりつつある傾向が最後のあたり見えてきたこと。他の外国人のレベルや選手のケガなど。

とにかくサンフレッチェは若い選手が多く、来年はスタートダッシュさえ上手くできれば勢いに乗って公約である「優勝争い」もできるかもしれないが、逆にスタートでコケるようだと今年の柏みたいにボロボロになる危険もありそうです。
やはりキャンプからの準備が大事ということですね。去年そして今年を見る限り、効果のなかった精神面のトレーニングはもう止めて、実践的なトレーニングをしてもらいたい。

そして最後に、去年・今年と違うのは、言い訳が許されないということです
2年連続して右サイド駒野など監督の構想のレギュラーが怪我したときにあたふたしたようになったらもう許せん。選手の層は厚くしないとならない。ケガに対するリスクマネージメントが必要なのはチームはもうわかっているはずです。横浜も浦和もずっと同じメンバーで戦ってきたわけではない。色々とやりくりして勝ち残ったわけです。来年はチーム全体で戦えるチームつくりしないと1年間戦えないのではないわけです。
[PR]
by somewheresw | 2004-12-09 22:20 | sanfrecce