こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

4/9 鹿島戦

悪い予想を書くと当たるんだよなぁ~

今日は采配ミスが大きいように感じました。
中盤以前が私の予想どおり後半プレスがかけられなくなって真ん中にポッカリとスペースができていた。そんな状況で小野監督がきったカードが意外にもFWで一番運動量あったジョルジーニョ。

当然これでは本来このメンバーでのゲームプランである、なるべく前目からのアーリーカウンターが戦い方の肝なのにそれができない。 

相変わらず選手交代が下手。
あの場面では、FW3人の中で疲れが目立っていた茂木、そして昨日書いたように疲労からプレスのかけられなくなった中盤だと私は思った。

今の4-3-3のやり方では中盤が疲労してしまうとプレスかけられなくなってこのチームは終わり。これから気温が高くなる4~9月、そして過密日程の11月では後半になればスタメンは確実に疲労して動けなくなるわけで、そこで上手く選手の交代ができなければ勝ち抜くのは無利。
最後残り数分間4-4-2にしたが、今の4-3-3を続けるならば、選手交代を上手く行うか4-4-2にするとかシステム変更などの試合途中で戦い方の変更をする、あるいは試合中に両方を行わないと勝つことは厳しい。それができないなら最初からこのシステムをあきらめて別の方法を模索しないとならない。

ジョルジーニョ自身はそれほど悪くはなかったと思う。駒野の低くて早い素晴らしいクロスに何度も飛び込んでシュートを打っていたし前述もしたが前線から厳しくプレスもかけているように思った。ただサテでもそうだが、ジョルジーニョは決定力が特に高いほうではないからゴールになることはなかった。またチーム戦術を忠実に行おうとしすぎてサテライトの試合と違い、強引なドリブルが影を潜めてペナルティーエリア前で「ドリブルで突破してみる」と思う場面でもパスを選択した場面もあった。また細かいコンビネーションも問題はあってクロスに茂木だったか2人ともファーに流れてニアーに誰もいないという状態もあった。

鹿島は汚いファールのとり方をしたが、流れを読む力、試合運びは嫌らしいくらいに上手く勝つことへのこだわりが強い。また選手個々の技術も確実にあって「大人のチーム」と見ていてそういう印象がした。逆にサンフは形の綺麗さにこだわって勝ちにこだわりきれていない、そこに鹿島との差を感じた。鹿島のような汚い事をしろとはまったく思わないのだが、個々の選手が試合の中で審判のクセなど流れを読んで審判を味方にするようなことくらいはやってもいいと思う。
[PR]
by somewheresw | 2005-04-09 21:57 | sanfrecce