こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

4/16 神戸戦 展望

今朝ようやく広島に戻って4/13の感想を書いたら、もう明日は第1次4月過密日程ウィークの最終戦であるヴィッセル神戸戦。

明日の試合、私はサンフレッチェ広島が本当に上位進出するようなチームに変貌しているのかといったことを占える試合だと思う。
サンフレッチェ広島はおとといの第五節での東京V戦を4-1と圧勝した。しかしそんなサンフレッチェ広島、去年まで快勝した次の試合をあっさりと落とすことが少なくはなかった。
相手はおととい1-6と川崎フロンターレに惨敗したヴィッセル神戸。神戸は川崎戦だけではなく開幕で勝利した以外はナビスコカップ含め未勝利。
不調の原因は去年中盤での中心選手だったホルヴィの不調。監督に早くも解任の噂も出るくらいですから上手くいっていないことがわかるくらいの状況。
それゆえ、神戸側は明日の試合必勝で挑んでくるでしょう。横浜Fマリノス戦で不運に退場になったものの退場するまでいい働きをしていた三浦淳が復帰し、守備面でも前節1-6と崩壊したことから守備的に挑んでくることが予想されます。ちなみに去年神戸は11/20にジェフに1-5と敗れた3日後の11/23名古屋グランパスに2-1で勝ったこともありました。

ただでさえ今のサンフレッチェのサッカーは運動量を要求されるもので、前に移動を伴って中3日で試合したあとで再び移動をして中2日での試合ということで体力面での不安は大きいと思えます。もしも4/13での快勝と神戸の惨敗からサンフレッチェが慢心して神戸と試合するのならば今年3/19ナビスコカップでのG大阪のときのように選手が動けないでプレスがかからず神戸の奪ったら即前線へのロングボール攻撃に敗れ去る可能性はあるでしょう。

と、書きましたが、普通にいけば両サイドは広島が支配できるでしょうし中盤でも優位に戦えるはず。一部で前田の体力面に不安がといわれてますが、彼は去年ユースの大会で何度も連戦を経験しているので他のトップの選手よりも働けると私は信じています。首脳陣の判断ミスがなく前田俊介が長い時間でるのなら彼の活躍で明日もサンフが勝つと思います。
[PR]
by somewheresw | 2005-04-15 21:58 | sanfrecce