こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

5/1 アルビレックス新潟戦 感想

今年、ホームでは始めての快勝。

今日の場合は4/13の味スタでの東京V戦と違って、サンフレッチェが強かったというよりも今日の新潟が弱かったと感じた。

今朝、前節の新潟vs清水を見たが、スコアレスドローではあったが、チームの将来性を感じさせるのは清水で、新潟は連動性がなく選手個々のポテンシャルも感じられず正直今後厳しいと感じました。さらに、広島戦ではレギュラーの鈴木 慎吾、鈴木健太郎が負傷で出場できず、移動も神戸に一泊した上に今朝広島に到着と移動の疲労もかなりあった。そのせいかチームの連動性はなく、動きも鈍い。そしてサイドのチェックが甘く(特に広島側で言う左側、新潟側でいう右サイドバックのアンデルソン・リマは観戦仲間と「バックラインの中村俊輔」などとネタにしたくらいFK除いてポジショニングやらが酷かった)服部公太や駒野がほぼフリー状態でほとんど(公太はまったくかな)プレッシャーがかからない状況で楽々と好クロスを供給できた。

そういうこともありガウボンは最近の好調を維持して今日もヘッドで決め、寿人も最初のうちはフィットしていなかったが徐々に周りとあっていき、結局は2得点。守備も安定して失点の心配もそれほどはなかった。今日は雨で直射日光もなく気温も暑すぎず寒すぎずとちょうどいい感じで運動量も後半それほど落ちなかった。というよりも相手もそれほど動けなかったから気になるレベルではなかった。

浩司が私としてはシュートもなく微妙に感じたのが気にはなるが次はベットがいないので次はスタメンの可能性大か。
[PR]
by somewheresw | 2005-05-01 20:09 | sanfrecce