こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

5/14 大宮アルディージャ戦 ビデオを見て

大宮は2年前のJ2時代を思い出させるような戦術だったなぁ、特に前半は。広島の2年前と今の違いはセンターバックの安定、そして前田俊介というゴールを狙うストライカーがいたことで勝てたと思います。

見たかんじだと、駒野、7月のリーグ再開には間に合いそうですね。
しかし、一昨年膝の靭帯を切ったときも捻挫したのにチーム事情で強行出場した第3クール横浜FC戦、グラウンド状況のよくない雨の広島スタジアムで足をとられて負傷したのだから、今週のナビスコカップ川崎戦は無理してほしくはないです。

話変わって
茂原、クロスの質上がっているよね?

ぶっちゃけ、グラウンド状況が悪くて服部公太や大宮の選手がクロスの質が低いなか茂原がふつうに上手い選手に見えてしまいましたよ。たまたま、この日が当たり日だったのか、それとも練習を重ねて上手くなったのか。
あるいは、以前から一部から指摘されている
「効き足でない左足の方が精度あるキックが蹴っている」につづく「グラウンド状況悪い方が上手くなる」伝説なんでしょうか。グラウンド状況が悪いから気を使ってキックの質が上がったのなら、これからもずっと気を使ってください!
あと、前半最後の方のペナルティーエリア内でボール受けたときに左にいた公太にパスでなくシュート撃ってほしかったな。それにしても柏でやっていただけあって右WB結構いけるんじゃないか。駒野が出られないとき、これからは茂原が右WBにした戦術でいくだろうなぁ。駒野負傷でベンチに一誠など直接的交代要員がいないという偶然からの新たな発見だったと思うわ。

全体的にそんな状況だからか監督がハーフタイムで「きれいなサッカーでなく泥臭くても勝ち点3とるサッカーしろ!」といったのかな。
とにかく俊介やこの日でなかった茂木が使われるようになったのはシュートを撃つからなんだろうなと見ていて思いました。

そういう指示出しても後半最初はなかなか状況変わらないし、「泥臭い」を大宮のボールを奪ったら「ボールを大切にしない前線放り込みサッカー」でガウボンのところで跳ね返されて大宮の攻撃になるのループだったわ。途中浩司を入れてから中盤がつながるようになったときは茂原のクロスからベットの惜しいシュートがあるのだから、縦ポンだけでなくもう少しボールを大切にした攻めをした方がいいと感じました。

ただ、試合後の監督談話で「今日はピッチコンディションがよくなくボールを持っているほうが不利な状況だった」
とあるから、「ガウボン目がけた放り込み」はそういう指示だったのかな?
まあ、ロスタイムその後方からの放り込みにガウボンが競り勝って前田につないだからゴール奪えたわけで一概に批判できないんだよなぁ。ただウチの選手はバカ正直に一本気な面があるから柔軟性は欲しいですね。
[PR]
by somewheresw | 2005-05-16 12:06 | sanfrecce