こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

5/21 プリンスリーグ セカンドラウンド 対 作陽

ユース系管理人が誰も広スタに行くということで優先順位が低いナビスコカップを斬って三次へ行ってしまった、あまのじゃくで極道な私。
さすがに知り合いが誰もいない(苦笑)。

結果は2-1(前半0-1、後半2-0)でなんとか勝った試合でした。

なお、時間は手時計でアバウトなもの(特に後半は参考程度にしてください)

スタメン
         中野
    横竹       木原

        保手濱
     遊佐     柏木

山根  田中尚  槇野  野田

         金山   

ちなみに平繁はベンチにもいませんでした(ケガだそうです)。

みよし運動公園の芝の状態はゴール前、センターサークルなど中央部は剥げた状態で悪い。
そのためか、または作陽は前半はハーフライン前くらいからFWなどがプレッシャーを掛けてきてか、前半はボールがつながらずに逆にカウンター気味に攻め込まれて何度もピンチになった。特に広島側でいう左サイドは山根の技術的問題でかなり前半はボールを奪われてやられていたような印象。
失点は前半10分くらいに右サイドからのCKからだったが、そのきっかけは広島側で言う左サイドをやれてたのをサイドにクリアしたところからだった。
先制したこともあり、作陽はより守備に人数かけるようになり、ゴール前につくった守備のブロックを破ることがなかなかできない。サンフユース自体に攻撃に連動性が感じられず木原や柏木の個人技、あとは中野や横竹にロングボールを放り込んだりするのだがやはり跳ね返される。
両サイドバックも左は相手のカウンターの餌食で右サイドの野田もオーバーラップはほとんどなく攻撃面で機能していなかった。
前半は作陽ペースで試合がすすみ、サンフユースにはいいところがほとんどなかった。

後半は一変してサンフレッチェペースになり、ボールもつながるようになる。
作陽の選手が疲労して前半ほど前線からのプレッシャーがなくなったのもあるが、後半10分頃に中野に変わって福本を入れて、福本はボランチ、横竹を真ん中のFW、保手濱を左FW、柏木を前目のMFにポジション変えたことが大きいかもしれない。
         横竹
    保手濱       木原
  (→42分篠原)
         柏木
     遊佐     福本

 山根  田中尚  槇野  野田
(→29分佐藤拓)
         金山   
(中盤が遊佐が左MF、柏木右MFで福本1ボランチだったかも)
また右サイドの野田を後半は盛んにオーバーラップさせて攻撃参加するようになった。     同点弾は後半25分頃に福本のサイドチェンジ気味のロングパスを野田が受けて、ゴールライン手前でクロスを上げてそれを多分横竹が決めた。
そして後半28分頃に左サイドバック山根が佐藤拓と交代があって、後半28分についに逆転する。右サイドに流れた柏木が上げたクロスを横竹がヘッドで決めて2-1と逆転。
その後、作陽も攻撃に出てチャンスもつくったがなんとか逃げ切り初戦を勝利した。

感想は、攻撃は去年同様に連動性が余りない。前田俊介という超スーパーな選手がいないからこのままでは厳しいと思う。ただ後半ボランチに福本が入ったらよくなったので後半のいい時間帯を試合中続けられたらいいと思う。
それ以上に守備面が心配。左サイド山根もだが槇野の相方の田中尚に安定感がまだまだないし、GK金山も不安定なプレーがあった。
だが、ユースのチームは経験を積むことで突然伸びることがある。去年、一昨年のチームも色々厳しい経験をして夏にチームが確立した。今年もそうなって欲しい。  
[PR]
by somewheresw | 2005-05-21 17:58 | ユース