こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

6/4 ナビスコカップ G大阪戦感想

ナビスコカップでの初勝利。前半すぐに失点してしまったときはどうなるかと思ったが、桑田のファーストタッチでペナルティーエリアすぐ外のいちで思いきって撃ったシュートが入り、また後半シジクレイのミスを寿人が逃さずにゴール前まで持ち込んで決めて2-1で勝てた。
今日のMVPは下田だろう。かなり枠にシュートが飛んでいたが今朝の日本代表GKよりも安定感のあるセービングでほとんど跳ね返した。あと、ジニーニョの復帰で今朝の中澤くらいに獅子奮迅の活躍で1失点で守りきることが出来た。

そして今日は新たな戦力の発見という観点では大いに意義があった。
桑田がトップ下で機能する可能性を見出せたことと、柏木が今のシステムで左右のMFでの交代要員としてならば、浩司を追い抜き一番の適格者であることがはっきりした試合だったと思う。

浩司は100%ダメというわけではないが、試合から消える時間が長くて左右MFとして、またFWとしても起用するには物足りなさが大いにある。この日の出来が彼の能力的にいい方の部類ならば、浩司が追い出した形となった藤本のように浩司の移籍係数が高いうちに移籍させて移籍金稼いだ方がサンフにとっていいかもしれない。 兄弟がスケールでかく成長するにはもう別々のチームに行った方がいいように思う
一方柏木は得意なプレスをかけての1対1での守備でボールを奪い全体的に運動量の落ちていた中盤をカバーするという役割をしっかりと果たしていた。攻撃面は彼の能力ならまだまだできると思うが、それでも積極的に仕掛けようという意思は感じることができた。

今日がサンフにおいて、浩司時代のエピローグ・柏木時代のプロローグが始まる試合となる可能性すらあるだろう

あとは柏木を洋次郎みたいに潰さないで、前田みたいにチームの中心選手へとうまくシフトしていって欲しい。

また前2戦(川崎戦は未見ではっきりと断言できないが)若手が試合に出た時に、活躍するためのヒントがこの試合での桑田・柏木のプレーにあった。
まず、新しい若手選手というのは信頼がない。だからパスがなかなかポジショニングが少々よかろうと来ない傾向がある。それゆえボールを持ったときの技術があってもなかなか発揮できずにすぐに消えて行く運命に多くの若手が陥っていた。
だからパスがこないのならば、セカンドボールを誰よりも早く自分のものにするか、相手チームの選手が持っているボールをディフェンスで奪い取りボールをを自分のものにして、ボールを持ったときに効果的な働きをして周りの選手を納得させるしかない。
それを桑田はゴール、柏木は守備や運動量などで信頼を得て味方選手からボールをもらえるようになっていたと思う。
とにかく数少ないボールを持つ機会でいかにアピールするかが大事であろう。(木村は今日それができなかった。今後出てくるのは厳しいと感じた)

一方で、ガウボンが前半で負傷退場してしまったのが心配である。たしか去年のチアゴも6月のナビスコカップでケガして上昇気流に乗りかかったチームが低迷していくことになったわけで、長期離脱とならないように祈りたい。もし数ヶ月単位の長期離脱ならば戦い方の大幅見直しが必要になる。(追記;右腓骨遠位端骨折、前距腓靭帯損傷で全治6週間と発表あり)
個人的にはリーグ戦は寿人・前田の2トップが基本として行くのが最もいいと私は思うが、前田はU20の代表があるわけで茂木・盛田・ジョルジーニョなど選手の奮起に期待したい。さて今後どうなることやら。 洋次郎とのトレードで他チームから選手連れてくる可能性もあるかな
[PR]
by somewheresw | 2005-06-04 20:04 | sanfrecce