こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

6/11 ナビスコカップ 川崎F戦など

実験の結果は小野監督としてはどうだったのでしょうか。

サンフの寿人のゴールのアシストはベットのクロスだったわけで、FWベットというのはいいところもあったわけです。だがシュートゼロだからなぁ。。。

そして、ベットがFWに入ると大木・浩司・茂原・和幸の中盤では苦しくなる感じはあったのだろうか。とにかくベットと浩司と大木を同時に使いたいという意図からFWベット、大木トップ下浩司を右MF、茂原を左MFにしてしまい、駒野・茂原のリーグ戦で見せたホットラインは消滅。
またボールに絡むことが少ない浩司が右MFだから浩司が変わるまで、駒野からのクロスは記憶にないくらい。いつか別に書こうと思いますが、素人の私の考えではあまりボールに絡まないプレースタイルの浩司には今のシステムでのサイドハーフは上手く機能しないと思います。

途中交代してきたFWでは茂木はほとんど消えていた。逆にジョルジーニョの方が短い時間ながらボールに絡んでいたわけでジョルジーニョのほうが「ガウボン代理FW」に近いかもしれません。本当は俊介なのでしょうが、ワールドユースしだいでは7月上旬は間に合わないですから。少なくともキャンプはベットかジョルジーニョかこの日帯同しなかった盛田で試していくのでしょう。

川崎はジュニーニョ、アウグストが調子よくて広島としては苦しかった。DFにジニーニョ、GK下田でなければもっと酷い負け方していたでしょう。
この様子だとジュニーニョ≒エメルソンの浦和には苦戦するかもしれません。

一応中断期間が3週間あるので、FW、中盤の構成などこれからの練習でいろいろと試していくことになりそうですね。
[PR]
by somewheresw | 2005-06-11 21:27 | sanfrecce