こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

7/6 ガンバ大阪戦 感想

仕事を無理やり片付けてなんとかキックオフに間に合いました。

最後、ロスタイムにガンバに再び引き離されての敗北ですが内容からいってガンバの勝利が妥当なものだったように思います。

広島は前半スタートの15分くらいはやや押し気味でしたが決定的な場面はほとんどなく、そのうちガンバイレブンが荒れたビッグアーチの芝に慣れてきてボールをフィールドいっぱいにほぼ一方的に廻されるようになってしまいます。前半は何とかゼロで抑えたのですが後半案の定先制点を許してしまいます。その後、カウンターからラッキーとしかいえない森崎浩司のとったPKを浩司自らが決めて運良く同点になりますが、その後も基本的にガンバペースの状態はつづき、引き分けOKな戦いしかできないサンフレッチェとなんとしても優勝戦線に参加したいガンバ大阪の差が最後にでたような印象です。

この試合、広島ではハンジェの成長が目につきました。以前見られた自殺的なパスは影を潜め、効果的なサイドチェンジやらシュートもあったりしてA代表で自信がついて成長したのかと思いました。日本人選手もA代表にいけるようになれば一皮むけるチャンスなんだろうなと思います。ぜひともチャレンジして欲しいものです。あとケガで交代してしまったガウボン、なんか去年ケガ明けで無理して使ってまたケガで欠場の無限ループだったチアゴを思い出させるようでなんかイヤですね。それにしてもチーム全体的に運動量が少なかった。連戦2戦目でもうダメージがでてきてて、この先が本当に心配です。

しかし、前節勝てそうな試合で引き分けて、運良く引き分けることができそうな試合で最後に引き離されて負け、2試合で勝ち点3を失った感があります。夏場弱いととか中断期間キャンプをしたら弱くなるだとかの法則がハマってしまい徐々に順位も下がってしまい、なんかこのままではチーム自体が今日のビッグアーチの芝のように枯れ果てて

激夏ってよりも激ヤセ、激沈キャンペーン?

と泣き言も言いたくなる状況ですが落ち込んでいるヒマはなくまた3日後には試合があります。運良く鹿島は負けたので首位との差は変わりません。「優勝争い」という言葉が空虚なものとしないために土曜日は絶対に勝つ必要がある。
[PR]
by somewheresw | 2005-07-06 23:47 | sanfrecce