こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

シーズン終了後の小野監督の去就を今から予想してみる

早々とナビスコカップ敗退となってしまい中断期間が長くネタ枯れ状態なので否定的意見もあるだろうが思い切ったネタでも。

私は、おそらく今シーズン終わったら小野監督は広島から離れると思います

別に優勝争いができないと言い切るつもりはありません。仮に優勝しても私は子供の進学問題など家庭の問題もあって出身地である千葉県あるいは首都圏に戻りたいと小野氏は考えているのではないかと予想します。

そして、関東に帰って何をするかといえば、一つ目は代表スタッフになる。
北京オリンピックに向けての監督人事は現時点白紙。理論家としては日本人では指折りの指導者であり、アテネ世代のユース年代での育成の経験、そしてもしも今シーズン、サンフレッチェが高順位でフィニッシュできれば監督としての評価も高まり、待望論は出てくることが予想されます。
この場合、サンフレッチェにとっては小野さんのサッカーを知る高柳、前田、吉弘などの北京世代の選手が多く招聘される可能性があり、上手くいけば多くの選手が国際経験を積めるメリットもありますが、下手をすると度々代表として抜かれてしまいアテネ世代のときのようにサンフレッチェがチームを作り上げていく中での障害となる可能性もあります。

とはいえ、JFAが小野氏をなんらかの理由で招聘しなければ、一旦フリーで解説者となるか関東のJリーグの監督になるかが考えられるでしょう。
小野監督は有数の理論家ですから、解説者としての需要は間違いなくあると思います。マリノスの岡田監督がやっていたような聞き応えのある解説をしてくれそうですね。

まぁ解説者ならサンフに直接関わることがないが、一番サンフにとってやっかいな問題となる可能性があるのが関東のJ1クラブ監督に就任すること。
おそらく今年で監督が交代する可能性がありそうな関東のJ1のクラブは柏、FC東京、あとオシムの体調問題で千葉も考えられそうです。

こういったクラブ間で監督が移動した場合は、移動先のチームに少しでも早く自分の戦術をチームに浸透させる意味でも以前いたチームで子飼いしていた選手を呼びたく傾向があります。
海外でも去年FCポルトからチェルシーにいったモウリーニョがFCポルトから何人かの選手を連れてきました。
今年2年がかりで寿人を広島に呼んだ小野氏ですから、他のJ1チームに行けばサンフから和幸、駒野などのをヘッドハントしようとすることは間違いないでしょう。

ひょっとすると今年のシーズンオフは2002年オフに久保・藤本が動いたときのような主力が動く激しいものになるかもしれません。
[PR]
by somewheresw | 2005-08-05 21:56 | 雑記