こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

9/10 ガンバ大阪戦 感想

選手の力量の差、そしてそれを埋めることが出来ない監督の采配力。

立ち上がりは信じられないくらいに上手くいった。
前半1分にガウボンのヘッド、前半14分にはハンジェのループシュートが入り2-0。
しかしその直後に遠藤のタックルがファールと思ってサンフの選手の足が止まった隙にアラウージョがペナルティーエリアに持ち込んでシュートが入り2-1となる。
それにしても最近セルフジャッジで試合が止まらずにその隙に失点してしまうことが多い。

その後、ガンバの猛攻にさらされて防戦一方となりPKを取られて同点になる。前半は同点でいいから、なんとか後半立て直してくれと思っていたが、選手交代もなくそのままの流れのまま後半に入り失点して逆転、さらに浩司負傷でショック受けたのか動きが悪くなり追加点で2-4。

ガウボンが負傷交代で前田が入り、何度かドリブルからチャンスメイクはするものの結局は2-4で終わる。

前半最初から見ていて、選手の力量はやはり7月の試合同様ガンバが上。ゲームも多くの時間帯で支配されてしまった。とにかくガンバは1人1人技術力があるからだろうが、ドリブルとパスの組み合わせが絶妙。今間違いなくJリーグで旬なチームだと思う。

それを采配で補いたいところだが、前半効果的働きがほとんどない浩司もそのまま、右サイドが破られまくっていたのも変わらず、フリーにしてしまいやられっぱなしのアラウージョ対策も目に見えてされることもなくそのまま後半に入り、見事に逆転を許したように思う。

最近思うが、このチームの現時点で最大の課題はトップ下の人材。
大木はフィジカル面でもの足りなく、浩司は不調しかも今日のケガはかなり重そう。
ベットは無理なパスをしてカウンターの起点となるし。
ボールキープできて、パス出せて、ドリブル突破もできて、得点力があって、守備も出来るヤツ、誰かいないのか(ワガママ) 来年への先行投資として去年の俊介みたいに柏木使ったらどうよ?まぁ彼には先行投資って発想ないからしないだろうな
残り試合11試合で首位と勝ち点11差。優勝はかなり厳しくなり、「優勝争い」という言葉も今は空虚なものと感じる。
ただ、ガンバは残り11試合なぜかホームが4試合、アウェーが7試合で、数少ないホームの試合も鹿島・浦和戦が残っておりすんなりとこのまま首位を守れるとは思えません。

また「優勝争い」のレールに乗るためにも、まずは浦和戦で仕切り直し。ここで負けて残り試合はむなしい消化試合となるのだけは避けてもらいたい。
[PR]
by somewheresw | 2005-09-11 04:18 | sanfrecce