こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

10/26 練習試合 修道大学戦

30分×3本で行われました。なお修道大学は1,2本目がAチーム、3本目がBチーム。

1本目 2-0
27分 大木さんの相手ゴール前でディフェンスしたこぼれ球をガウボンが左足で
29分 左サイドの服部からのクロスをFWがヘディングしGKだったかに弾かれてこぼれたボールを大木さんが拾って後ろにいた和幸にパスしてそれをミドルシュート

2本目 1-0
26分 俊介の左からのクロスをジョルジーニョがヘディング

3本目 3-0 
6分  入船の左側ペナルティーエリア外からのミドルシュート
8分  右から木村のクロスを俊介がバックヘッドでループ気味に決まる
14分 多分、俊介の左からのクロスをエリア内でフリーの木村が右足で

なお多少誤りあるかもしれませんがご了承ください。


サンフレッチェ
1本目のメンバー
佐藤昭、小村、ジニーニョ、ベット、和幸、茂木、ガウボン、佐藤寿、ハンジェ(15分大木)、服部、西河

2本目のメンバー
佐藤昭(15分上野)、駒野、茂木(15分盛田)、ガウボン(15分前田)、ハンジェ(15分高萩)、大木(15分木村)、西河(15分池田)、高柳、ジョルジーニョ、吉田、茂原

3本目のメンバー
上野、池田、木村、田村、盛田、前田、高柳、高萩、吉田、森脇、入船


最初は膠着状態だったが、次第に実力差どおりの内容でなんどかカウンターくらうがジニーニョが落ち着いて対応したりでほとんどサンフレッチェペースだった。

見た結論
大木さんは相手が大学生レベルなら
やっぱり偉大だった・・・



あと、相手が大学レベルだからか2本目15分過ぎに高萩が入って以降のサッカーはボールがテンポよく廻っていて見ていて楽しかった。特に3本目は相手がBチームだからか、高萩、前田が自在にボール操っていて、将来トップでこういう姿を見てみたいものだと思った。
洋次郎は守備に泥臭さというか積極性が欲しいが、かつて前田を途中出場させながら育てたように
途中出場させながら使いながら育てた方が、守備の必要性に気づくと思うのだがどうなんだろうか。
特に今日試合途中からゲームを変えたのを見ると、このところ選手交代しても活性化しない状況なので選手交代のカードとして使ってもらいたい。
なお、ジュビロ戦はフォーメーションを若干変更しそう。この日は3-5-2のシステムと4-4-2の中盤4人がフラットなものでやっていた
[PR]
by somewheresw | 2005-10-26 18:49 | sanfrecce