こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

剛軍団、大分に完敗(翌朝追記あり)

今年、アウェーサポがゴール裏に陣取ると勝てないの法則がまたしても発動して負けました。この敗北で残り試合4でトップG大阪との勝ち点差は14となり「優勝」は完全になくなり年始の中国新聞での小西記者とのインタビューで「最後節まで優勝争いにからむ」という公約は果たせませんでした。

ビデオを見ると前半途中までは割と悪くはなかったのですが、最後で抑えられたり、効き足と逆でヒットしなかったりで大分が守りきられ、そのうちいまノッてるマグノにカウンターからオフサイドぎりぎりのところで綺麗に決められる。そして割といいように感じる試合が崩れたのは、前半ベットの負傷退場後だと感じます。

ベットの運動量とドリブルやバスといった意外性がなくなってからは、ほぼサイドからのバターン化した一本調子で大分は守りやすくなり戦いやすくなったと感じた。

とはいえ、大分のゲームプランに乗っかっていた可能性は高い。
広島は前半飛ばしまくり、後半ガス切れで動けなくなる傾向が強いというのは、分析家のシャムスカ監督が見逃すはずはなく、あえてサンフを攻めさせシャムスカが来る前からの攻撃パターンであり、しかもシャムスカ就任で全体的な攻守の切り替えの早さはより高くなったマグノ中心のカウンターで広島のスピード面では不安がある小村ジニ相手に攻めるというのがハマったのかもしれない。
前半サンフは攻めてはいるものの、広島の心臓といってもいい和幸はパスコースを限定されて決定的なパスはほとんどなく、広島の大きな得点源である寿人も深谷らに終始抑えられて大分DFのウラもほとんど取れなかったなど要所は押さえていたようだ。そういった中でも決定的チャンスは3回はあったが昔守備が堅守といわれたころのサンフ同様DFやGKがギリギリのところで抑えていた。
前半の1点目は狙いどうりだろうが、2点目である綺麗なミドルシュートは前半終了間際ということも含め大分にとっては予想外のボーナスだっただろう。

後半は立ち上がりこそはダイレクトパスでボールはまわせたが、2点差ということで大分が守備にかける人数はさらに増えて、広島がゴール前に来たときは広島の選手はペナルティーエリア内に2~3人攻めるのに対して大分の選手は6,7人ペナルティーエリア内にいてスペースを消しまくっていた。守るときにに人数はかけて入るものの攻守の切り替えの早さは前半同様すばやく、見事なハーフカウンターで3点目。
しかも広島お約束の「後半途中で動けなくなる」状態になるともうボール支配は大分寄り。
ジニーニョ2試合出場停止となるイエローカード付きとなるPKで4点目も献上して、その後大木さんのヘディングやら茂原のミドルシュートなど惜しいシーンもあったものの完封され、試合途中で帰る観客続出。

もし前半のチャンスのうち1つ仮に決めていても後半の時間帯で少なくとも大分に追いつかれていた可能性は高かったと個人的には思う。 そういえば浦和戦につづきビッグアーチに神園さやかが来ての4失点になっちゃったなぁ
[PR]
by somewheresw | 2005-11-13 00:22 | sanfrecce