こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アウェー観戦の楽しみ

前にも書きましたが、5/16FC東京戦を観に味スタに乗り込みます。飛行機が超割で片道一万ちょっとで東京まで行けることがあったのと、巷にウワサのガズサポの応援というやつを見てみたかったからです。ついでに彼らが広島との試合後に肩をガクッと落として落ち込む姿も見たいです。

私自身はアウェー行くようになったのは実は去年が初めてで、去年は博多の森、新潟のビッグスワン、ユースの高円宮杯準決勝と掛け持ちで甲府の小瀬にいきました。

博多の森は専用スタジアム初体験でした。選手が近くで見れて屋根があって声援が反響して雰囲気は最高によかった。
その試合は2-0で勝利したわけですが、2点目を浩司がきめたのですがそのゴール決めたときに広島サポの方に近づいてきてガッツポーズしていたのは印象てきでした。
サッカー熱を盛り上げる為には専用スタジアムが必要という意見があるのが理解できました。

新潟のビッグスワンも色々と思い出に残るものでした。試合は1-3で負けたのですが、4万人の新潟サポの点を入れたときの歓声の大きさは空気が揺れるといいますかそれまで体験したことのないもので今でもその劈く声ははっきり覚えています。
ついでに書くと移動はファンクラブのバスツアーでいったので片道12時間で2泊バスの中という過酷だわ、試合には負けるわでアウェー負けはある意味ホーム以上に辛いものした。

甲府の小瀬はスタジアムの形はわりと広島スタジアムに似てたような気がします。あそこは芝が剥がれやすく服部公太などが苦しんでいたことと、審判が酷かったのが印象的です。あと当時、甲府は徐々にサッカー熱に火がつきつつあるという感覚を会場と帰り甲府サポだらけのシャトルバスの熱気で体感しました。

紫熊倶楽部増刊号のアシストの春号にもありましたが、広島では見えなかったことがアウェーいくことでいろんなことが見えてくるので面白いものです。今年1stステージはあと磐田に行く予定。
それとアウェーはサポがホームと違って比率が少数になるからホーム以上にサポ同士の一体感が得られるところも好きで、ホームはバックスタンドですが、アウェーはゴール裏でコールしながら観戦します(つうか共に戦うって感じかな)。
[PR]
by somewheresw | 2004-05-13 23:58 | sanfrecce