こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

3/5 鹿島戦感想

昨日「即戦力となる選手の補強なし」と書いてしまった鹿島だったが、よく考えればビッグアーチでのサンフレッチェ戦では相性がいい柳沢が復帰していたことを忘れていた。
そして、その柳沢に帰国後すぐの試合でハットトリックという新聞記事の格好のネタを提供してしまった。なんか、昨年の久保につづいて代表FW柳沢の復活アシストをしてしまった格好になっちゃいました。

逆に復活できなかったのは森崎浩司。つうか小村ともどもチームの足を引っ張って前半左サイドバックを高卒新人の内田篤に服部含めて弄ばれて3失点いずれも左サイドがきっかけとなったように感じた。攻撃面でも目立った活躍もなく前半でお役御免となった。
2月最後の土曜日にフットボールバー「ファンタジスタ」の座談会で「期待する選手」で開幕前レギュラー候補の中盤のバックアップとしてハンジェがどれだけ高いレベルに成長してポジションとるかが今期のサンフレの順位を左右すると話したのだが、今日1アシスト、守備でもいいカバーリングするなどの活躍で次節はさっそくスタメンをとるだろう。

この試合通じてサンフレッチェに感じたことは、事前に予想したようにチームとしての連動性に欠けた個人能力頼りなサッカーであり、選手個々の個人能力がモロに試合に影響する、というのが当たったこと。FWの佐藤寿人、ウェズレイの決定力の高さのおかげで点は取れたが、DFは守りきれなかった。攻撃は個人頼みでも今のところある程度はいけることはわかったのだから、今急ぐべき課題は守備の再構築であろう。

チーム全体的な連動性向上と、先ほども書いたが小村がスピードに加え空中戦も競り勝てなくなってきており小村がこのままでは厳しい。去年開幕レギュラーだった池田が消えていったように去年池田を追い出した小村が今年は追い出されることになる可能性は高いと感じた。個人的にはかつて鹿島がレギュラーだった秋田を無理やり出して若手を競わせて岩政がCBレギュラーとして定着したように、西河・槙野・吉弘・八田らを競わせていく方が長い目で見ればプラスだと思う。バランスはわからいないが、少なくとも今の小村・ジニーニョでは制空権が取られる可能性が高いように思う。

去年の開幕にあったシーズンを通じての期待感はないが、課題はハッキリしているのだから早期に修正することは可能だと思う。 が、去年途中まで事実上練習場でおもにトップチームに指示指揮していた影山ヘッドがいなくなっているわけで不安は残る
[PR]
by somewheresw | 2006-03-05 19:40 | sanfrecce