こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

3/25 G大阪戦感想

もういいです、小○さん。お疲れ様でした、といいたい気分。

今日の収穫は高柳の成長と吉弘にリーダーシップがあるとわかったことでした。そしてこの日の入場料は今のウチでは寿人しかできないゴール。でもこのままのチーム状態だと来年は広島にいないかも。
あとベットはどうにかしてくれ
この日のガンバ戦は相手がベストメンバーなのに対して、サンフレは開幕時のスタメンが5人もいない緊急事態という状況下であるため「失点0なら作戦大成功!」とにかく失点を極力減らすことを目的としたもので、ある意味では勝利よりも負けないことを優先した3年前にJ2でサンフレッチェが多くの対戦相手にされた戦術でやってもガンバに敗れてしまった。3年前にはサンフレッチェにこれがあればと思った「ゴール近くセットプレーからの得点」という守備を固めるチーム相手への得点パターンのセオリーで2点失い、さらにミスに付け入られることで1失点と3失点して負けた。

テレ朝ではないが「絶対に負けられない戦い」として準備した戦いで結果的に完敗してしまい自動降格圏内となったのだから、一部関係者が「去年のように中位にいるよりも注目が集まるから」と望んでいるらしい「J1残留争い」がさらに現実のものとなった。

さてこの先だが、中国新聞の佐藤記者も書いてたが、去年5節にそれまでサテライトの控えFWとなるくらい評価の低かった前田俊介を突如スタメンで起用してそれまでの流れを変えたような思い切った手を打たないとチームは立ち直れないように素人は思う。

しかし試合後のコメントを見る限りではプロの指導者達は好転する可能性に賭けるよりもメンバーを入れ替えることでバランスが壊れさらにさらに落ちることを何よりも恐れるから絶対にしないと思う。また、こないだの京都戦のように上野アウト→ウェズレイ投入という小野さんらしくない大胆采配が裏目にでてチームが壊れることがあるわけで、小野監督が率いる間は選手の個人能力は寿人、駒野をはじめ確実に降格圏内のチームではないのだから、無理に大胆起用はしないでマイナーチェンジでいった方が傷口広げずにすむだろうと考える。今は主力が戻ってくるまで我慢し、とにかく守備建て直しをしていくほかないだろう。 他人に金払って見に行ってといえるサッカーではないがな。
今までホームで対戦した相手は去年サンフレッチェよりも上位のチームで今季の優勝候補であり、残留狙いのチーム なら負けなければラッキーという計算の相手ですから必要以上に落ち込まないことが肝心
でも遅くてもシーズン終わったら監督変えてね!
[PR]
by somewheresw | 2006-03-25 19:39 | sanfrecce