こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

4/8 川崎フロンターレ戦

失点はすべてこちらでいう右サイド、川崎側からいう左サイドからだった。

サンフレユース出身で、左WBに入った西山がせっかくもらったチャンスを活かそうとチャレンジする姿はここ数年のサンフレで多くの若手選手が萎縮して自分の持ち味をだせずに潰れていった姿とは対照的であった。

この日感じたのは川崎が前半攻撃をヤル気がある時間帯はとにかくよく動いて、西山以外にも中村憲剛、谷口など前線で隙があればドリブルで勝負する選手がいたのに対して広島は前半はなかった。またボールへの寄せも最初は今までどおり遅いので案の定攻められる。
後半に入って苦し紛れかもしれないがたまにドリブル勝負をするようになって反則をもらったりして、またボールへのプレッシャーも早い段階からやるようになってきたのでゲームは広島の流れとなったが、それはFW黒津がケガで交代を余儀なくされて代わりに中盤の原田をいれるという2点差を守る戦略に入った川崎の想定内の出来事であり、川崎DF陣の壁を崩しきれずにホーム4連敗。


この日は試合開始時最初のフォーメーションT字型中盤から試合途中で今まで散々に言われていた「中盤フラット」ぎみに戻してからの方がまだマシだった。後半からは選手が自分の判断で動いているようなケースが出てきて、川崎が守りに入ったからそして風上に立つことになったからでもあろうが、攻め込むことはできていた。この日もだが今シーズンはとにかくスタメンで出ている選手の何人かは本来の力を出せ(さ)ない不調の状態のまま出場しているような印象である。約束事の欠如する部分だとか戦術上の欠陥もあるだろうが、個々の選手のディフェンスに対する考えの差が守備崩壊につながっているのかなとも思う。攻撃の連動性、迫力のなさも選手同士の考え方の違いやら戦術に縛られすぎてか動けていない。

正直、勝てない状況でも起用する選手が硬直化しており、さらにその出ている選手の中でも迷いなどがあるような状態がまだ続くようだと小野監督を休養させて新たな監督を探すくらいしか手がないだろう。
そうなったときは雰囲気を変えリフレッチュするということが大事で精神面での貢献が要求されるはず。個人的にはサンパイオにやってもらいたい。J2で勝てなくなって昇格圏外にいって崩壊寸前のチームを救った立役者がサンパイオであり、キャプテン森崎和幸が不調でチームを去年のようにまとめられない現状では彼が適任だろう。
もし、サンパイオでもダメなら私個人としては諦めもつき翌年へ気持ちも切り替えられるが今のままなにもせずに崩れ落ちるのならば非常にやるせない。
[PR]
by somewheresw | 2006-04-08 23:59 | sanfrecce