こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ナビスコカップ 清水エスパルス戦 プレビュー

遠征メンバーをみてまず私が感じたことは

ベットもう頭の調子、よくなったの?

である。ある意味では森崎和幸以上に外すべき状態だろうと思ったが「頭が痛い」は何だったのだろうか?

あと、最後に頼るのはやはり俊介か

日曜日のサテライトの試合では内容が悪かったらしいのに使わざるを得ないのね。

小野監督は今までみて私が思うに監督の選手起用はそのときの状態を優先するというよりも監督の頭の中である程度起用する選手ランキングが固定されていてそれに基づいて起用している。だからその週の練習での調子がいいからだとかサテライトの試合でよかったからだとかいう理由でベンチに入れる事はあっても試合で戦力として使うことはないので、このベット・俊介の起用はある意味監督らしい。 ついでに言えば起用する選手ランキングに基づいて試合を運ぶものだから、世間で言われている「システムへのこだわり」というのはウソであって起用したい選手ランキング11人を決めてそれから監督が最適と思うシステムにはめ込んでいるだけである。だから実戦で、右サイドハーフに上野を使ったり、高柳の適正ポジションがボランチであってもサイドに使ったり、柏木をナビスコカップでプロ入り後練習ではほとんどさせたことのないボランチで使うなどするのだ。悪い例みたいのばかりあげたが成功例だと去年は寿人が3トップにフィットしないことからそれまでのチーム方針といってもいい3トップもあっさりと捨てことである。

でも、たしか去年ちょうど今頃のヴェルディー戦前の俊介も現在と似たようなものだから試合だとやってくれるかもしれないので俊介には期待したい。

ちょうど去年の同じ時期のリーグ戦のヴェルディー戦みたいに流れを変えることを期待したい。
[PR]
by somewheresw | 2006-04-11 23:59 | sanfrecce