こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

4/29 横浜Fマリノス戦 感想

残念な結果だった。

特にベットに変わって出た高柳が運動量、ポジショニング、パスの確実性有効性などベットよりも明らかによくてチームが活性化していい感じだったため結果が出て欲しかった。私には、彼はボランチならばあれくらいはやってくれる確信は今まであったわけで、次の試合でも一誠はボランチのスタメンで、ベットはベンチ外でお願いしたい。そうでなければ福岡戦、観る気が失せてしまう。

相手はリーグ戦ではここ5試合勝ち星がないとはいえ腐ってもJ有数の実力のあるチームのマリノス、しかもこちらはアウェー。現在、チームが壊れている以上あんなサッカーになってしまうのはくやしいが諦めもつく。昨日の試合は間違いなくJ1ではめったにお目にかかれないくらいの割り切った「ドン引き」ではあったが結果が出れば「カテナチオ」と称えられるくらいの今のサンフレサポには最高の試合になったのかもしれない。しかし最後は追いつき追い越されて勝てなかった。

疲れが見えた戸田から八田への選手交代で結果的に中盤が薄くなり、相手のパワープレー対策と入れた八田はハーフナーを抑えることができなかった。監督が何を狙っていたかはわかるがハーフナーの規格外の高さにやられて結果がついてこない、つらい。

この日出ていたスタメンの選手達はよく頑張っていた。
前線でボールがキープできず起点にならないと揶揄される上野もあちらこちらに動き回り、そして前線からDFラインまで下がって守備を徹底的にした。凄い運動量だ。今の広島風カテナチオなら彼を外せないのはよくわかる。
下田は確実なセービングと今まで見たことがないようなフィードからの寿人へのアシストをし、盛田もPKを与えたが、それまでは良く守っていた。吉弘は試合に出るたびに安定感がでてきている。戸田は軽いプレーが少しはあったが足がつりそうになるまで人数の少ない中盤で守備に奔走していた。ウェズレイもよく動いていたし、寿人は決定力のある彼がいるからこそできる広島風カテナチオサッカーで彼の敬愛するインザーギのように得点を決めた。

だからこそ勝ち点が欲しかった。

この日の反省を活かして望月暫定監督でのリーグ戦あと2試合、いずれかで1勝上げて欲しい。 2連勝と強気に書けないのがつらい
[PR]
by somewheresw | 2006-04-29 20:27 | sanfrecce