こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

8/20 大分トリニータ戦 感想

(映画「キル・ビル」のテーマ曲をバックにして竹刀片手に登場)

はい、注目!ただいまより「violet soul 」緊急集会を行う。
今日アンタ達を呼び出したのは他でもない・・・・。実は今日、メンバーのサンフレ子がまたしてもホームでしかも後半45分は相手より多い1人多い人数で負けやがった。

がっかりだよ!



だから今日は大分戦にについて説明しようと思う。
でもただあたいが~ダラダラ説明しても面白くないから、コメントを引用しながら説明することにする、わかったね!

J's GOALペトロビッチ監督コメント
Q:もっと早い時間に選手交代などを仕掛けてもよかったのでは。
「後半は、ゲームをコントロールしていたし、チャンスもできた。ただ、選手を交代した後は、ロングボールが多くなってしまい、むしろチャンスをつくれなくなった」


広島がコントロールしていたというより、大分にコントロールされていたって感じなんだよ!
しかも小野時代からの伝統なのか可能性の欠けらもないアーリークロス放り込んでるし、ゴール前のセットプレーには工夫がないから入る予感もないし、がっかりだよ!

J's GOALシャムスカ監督コメント
「技術的には、決してほめられたゲームとは言えない。しかし、ファイティング・スピリットのあるグループだ、ということは証明できた。後半は、一人少ない状態でスタートした。そのスコアを維持することが大変なゲームだったわけだから。
あと、この場をかりて、選手に力を与えてくれたサポーターに感謝したい」


広島にはファイティングスピリットが弱く、選手に力を与えるほどのサポーターの応援もないということなのかよ。

J's GOAL 各選手コメント
佐藤寿人
「ただ、問題なのは、後半に数的優位になったところ。もっとサイドで数的優位を活かすようなプレーをしないと、中をあれだけ固められていては、チャンスもできない。たとえば、右ウイングバックのハンジェ(李漢宰)は、ほとんど前を向けなかった。左足でコントロールしないといけない状況だった。それは、根本が厳しいマークをしていたから。そこを引きはがすには、彼を追い越すような動きを他の選手がやらないと、ハンジェが右足でボールを蹴る状況にはならない。戸田さんが真ん中からあがってくれたけれど、真ん中はやはり厳しい。もっと簡単にサイドにはたいて、そこで数的優位をつくるべきだった。
また、クロスにしても、もっと速いボールが必要。相手は高さがあるのに、滞空時間の長いクロスでは、DFにはじかれてしまう。もっと自分たちで考えてプレーしないと、こういうスペースがない相手には崩せない。どうしたらいいのか、自分で考えるプレーが出てこないと勝てない」


森崎兄とダバツのことか?そのとおりだよ!
[PR]
by somewheresw | 2006-08-20 23:13 | sanfrecce