こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

8/23 G大阪戦 感想(BS観戦)

チーム全体的には戸田自身のHPに語っているように徐々によくなってきているような印象。
森崎兄の右CBも徐々にペトロビッチのサッカーに合ってきているし、清水戦のころは盛田よりはるかに劣る「絶望的なダメ外人DF」と思われたダバツもこの日は盛田よりはるかに劣る「絶望的ダメ外人DF」から盛田より高さの劣る「ダメ外人DF」くらいにはなってきた。ダバツは日本の湿度のある暑い夏にバテている様子は後半から感じられたので本領発揮は彼岸過ぎた頃になるだろうか。

この日は前半に何度もG大阪に決定機作られ下田様のファインセーブやらバーやポストに救われたものの、広島も青山が復活したこともあって中盤の運動量があって何度かチャンスを演出をして0-0と試合運びとしては悪くはなかった。

しかし後半にこの日も出た悪い癖である失点したあとに気落ちして運動量がガクッと落ちる仕様はサポーターが上手く励ましていくしかないのか?ヲイ!
サポーターも気落ちしてしまうからサポーターも我慢し信じてやらないとないといけないのだろう。
そうそう、プレビューで新ヒーローに期待したいと書いたが新ヒーローは上野ではなく柏木だったようだ。柏木と高柳が投入されてからは、G大阪の遠藤の戦力温存的交代退場の影響もあるだろうが再び中盤の運動量が復活して久々に楽しめる試合だった。アウェーだからか?

最後の交代で夏バテのダバツに変えて何で前田じゃなく上野なんじゃ!、という意見もあるだろうが練習見てる限りでは前田はパスアンドゴーもできないし今は決定力もあるように思えないからいい影響をあえたとは考えにくいので仕方ない。練習でもっとアピールしないとダメだと思う。
携帯サイト監督のコメントみると上野には高さに期待してのもようで、だったら盛田の方がいいんじゃねえかと少し思ったが盛田はFWを捨ててDFになったのだから盛田の気持ちを考えるとそれは難しいのだろう。

3点差を1点差まで追い上げて終わったから次につながるような感覚をもつ敗戦だったが、次に結果出さないとFC東京戦とその後のような感じになるだろう。だから鹿島戦は今期を左右する重要な戦いとなると思う。
[PR]
by somewheresw | 2006-08-24 19:48 | sanfrecce