こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

不評企画、残る人去る人予想その1(レギュラー編)

去年こういうネタを書いたら一部に不評だったが、まぁ書くネタもないしこのまま週一で試合結果の感想ばかり書いていてもつまらないので今年もとりあえずJ2降格はない&監督続投が大前提だが書くなり(ヲイ)

今年はサポーターなら誰もが感じる観客激減の影響で去年以上の赤字決算になるのは間違いない。そういうことから無理に人件費もかけられないということや、赤字の穴埋めの選手流出が考えられる。
多額の移籍金を捕れそうな選手第一に頭に浮かぶのはA代表の寿人と駒野の2人であろう。
ただ資金力があるチームならオファーがあればどこでも行くかといえばそんなわけはないので、普通はキャリアアップにつながるような優勝を現実的に狙えるチームであること、そしてそのポジションに補強が必要とするチームであるかが条件になるであろう。
そういう観点から考えるとまず寿人は来期は残る可能性が高いと思う。寿人は確かに日本人得点王であり日本有数のストライカーであることは間違いない。しかし浦和やらG大阪のような優勝を狙いなおかつ資金力のあるチームはすべて高いレベルの日本人レギュラーFWがいる。つまり寿人のように獲得するなら数億だしてまで獲得する必要性があるチームは日本にはないと思う。また海外の可能性も端から見る限りでは寿人自身に現時点で海外移籍する願望はないように思う。ついでに一時2chで広島に一軒家を建築中という噂が語られているし、来期は広島に残るだろう。

反対に駒野は移籍の可能性があるように思う。駒野は代表で右も左も担当できるくらいに使い勝手がいいこと。FWに比べるとサイドバックはこれといった人材はかぎられているのが現状で例えば資金力があって優勝も狙うチームである浦和は右サイドバックは弱いし、横浜Fマリノスはドゥトラが高齢とあって左サイドで後釜を探しているように思う。
駒野が本気で優勝をしたいとか関東にしか視察に来ないオシムにアピールがしたいだとか考え、サンフレ側が赤字対策やら李など若手選手で対応できると判断したら強くは慰留しないかもしれない。

次に駒野以外の生え抜きである下田・服部・森崎兄弟・青山・柏木は出て行くことは普通考えられない。下田、服部のベテランは今さら環境を変えてしたい考えているとは思えない。森崎兄弟は兄は今のようにストッパーをやらされていることがイヤとかで出て行きたくなるかもしれないが、弟の浩司を含めてJ1で中位以上行くチームが移籍金を払ってまで獲得を目指すとは思えない。青山・柏木も若手には高めに設定されているJリーグの移籍係数から受け入れるチームはないだろう。

戸田は彼自身のHPを見る限りではペトロビッチの戦術に疑問をもっているようでボランチをやることにもかなり未練があるように感じられ、そのためだったらJリーグでなく外国のチームでもかまわないくらい思っていそうなので出て行く可能性が高いと予想する。

外国人2人だが、ダバツは監督の要望リストから選ばれたのだから本人が日本になじめないとかいうことがなければ残るだろう。ウェズレイは今年の活躍から年俸を吹っかけられる可能性があることから交渉次第の可能性が高いように思う。
[PR]
by somewheresw | 2006-10-18 17:02 | 雑記