こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

10/28 横浜Fマリノス戦 感想

開始10分はこのところの傾向どおりに悪くほぼ一方的に横浜に攻められ、こちらで言う右サイドでドゥトラとのワンツーパスを受けたマルケスのクロスから久保のダイレクトのシュートが決まっていたら結果は逆だったかもしれない。その10分を何とかしのいで、相手GKにとって太陽が逆光で見えにくい状態でのFKをウェズレイがいいところに蹴って先制点をとってチームに勇気をあたえたのは大きかった。また、このFK以外にも2点目につながる中盤からのカウンター攻撃でドリブル突破から寿人へのアシスト、3点目のゴールと得点すべてに関わるくらい今日のウェズレイは調子が良かった。
その後は久保が本調子でなく、また相手チームがサンフレ攻略策としてとるべき策である「前線からサンフレDFにプレッシャーをかけてボールを廻す余裕をあたえないこと」をせずにいたおかげで中盤でボールの出しどころがなければ安心して終盤からサイド組み立てなおすことができた。また、U21代表帰りで疲労が心配された青山が何本かミスパスはあったもののまったく水曜日の試合の影響がないと思えるくらい最後まで動き回って中盤のスペースを潰して守備にかなり貢献していた。反対に前節途中交代して色々あったハンジェは今シーズンの例に漏れずスタメンで出たときの酷さはそのままで周りと余りあってなく中盤で浮遊していたり、守備でもいつものようにあまりボール奪取できず守りのポジショニングも変だったりとドタバタとムダに動き回っているだけでほとんど貢献ぜず。特に後半はバテて前線に顔を出す動きも鈍って高柳と交代になるのも無理はない。その高柳もキープ力があるからボールをもったときにはハンジェよりは安心できるが、彼本来の実力から考えればもっとできるだろうと感じるような出来であり、今日の高柳をみるとまだ監督の目からは信頼感があるハンジェよりは劣るのだろうなと感じた。

今日勝てたことで下位チームに勝ち点の差を詰められずに残り試合を減らしたのは非常に大きい。また次節山場の福岡戦でカードの累積での出場停止はなくそういった点も大きかった。あとは天皇杯で退場処分を受けないでもらいたい。
[PR]
by somewheresw | 2006-10-28 20:58 | sanfrecce