こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

11/26 新潟アルビレックス戦 感想

なんか3週連続雨の中での観戦。先週よりは気温は高かったのは救いだった。
残留が決まった現状で私にとって観戦するうえでの楽しみといえば、去年と同じく賞金圏内の7位を目指すこと、そしてあとは寿人のサンフレッチェ歴代初のシーズン20得点になるかどうかといった事である。

今日は攻撃の要となっていたウェズレイだけでなく守りの頭脳といってもいい戸田までも不在で非常に心配な状況だった。そんななかでも下田のセービングは今日も安定してて、また前半は中盤の軸である青山が守りでは要所をきっちりカバーしてまるでDFライン前の防波堤の役割を果たし、時にはゲームを作ってなんとか崩壊しないで済んでいたと感じた。前半14分には服部のクロスをペナルティーエリア内のゴール前に詰めてた駒野が決めて先制。駒野はこの得点以外にも攻守で大きく貢献していた。

しかし、青山は1週間で4試合目ということからか後半は徐々に体力が落ちているなと傍から見ていたら(とはいえもっと動けてない選手はいたが)、これ以上無理をさせると選手生命にヤバイと思ったからか後半17分に交代となったあとは流れはほぼ新潟ペース。

そして青山同様代表関連で連戦の影響かベストの時よりは冴えなかった柏木と変わった桑田が中盤でボール奪われてハーフカウンターで同点に追いつかれ、その後も中盤はそれまで微妙だった浩司以外にゲームを作れる人間がなく、また私の目には中盤の守備もほぼ崩壊状態に見え頭脳のないDFラインは結構ヤバかったように思った。下田様とわずかな幸運がかければ負けていたかもしれない。中盤がダメということで攻撃もこちらから組み立てて崩すなんてことはできないわけでカウンター以外に点をとる可能性が感じられない状態で終了間際に劇的に再び勝ち越せるのは運がよかった。しかも寿人のゴールとなったことで次の最終節でサンフレが7位そして寿人の20得点達成なるかという楽しみがつづく。

とはいえ寿人はこのところ作戦なのか左ウィングみたいな位置にいてアシスト役になることが多くゴールからあまり近いところにいないので清水相手に2得点するには辛いだろうな。



しかしJ's GOALの下田選手コメントにある「雨の中ホームに見に来てくださった方には、『来年も楽しみだな』と思ってもらえたと思う」というのを見ると、後半の試合運びをみて『来期を楽しみ』にするような内容じゃないと私は感じた。生え抜きの選手とファンの認識には差が大きいなというのを改めて感じてしまった。
ただ単に勝てば去年・今年逃げたファンが帰ってくると考えているのならばそれは間違いだろう。この日のキャプテンである寿人の「何とか最後の方に喜んでもらったのかなとは思うけれど、まだまだチャラにはなっていない。チャラではなくプラスにしないといけない」という感覚でなければファンは戻ってこないと思いますね

[PR]
by somewheresw | 2006-11-26 20:11 | sanfrecce