こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

3/10 柏レイソル戦 感想

昨日書いたのが見当違いでレイソルが強かったから苦しんだということはなくおおよそ予想通りの戦力だったが、広島の数人の選手が雨の影響かキャンプからの疲労の蓄積なのか調整ミスなのかわからないけど自らの力を半分くらいしかだせてない感じでよくなかったのが1得点しかとれず苦戦してあわや敗北という結果だったと私は思う。

試合前は私はもっと得点できる隙が柏にはあると思っていたが、広島が自らの力を出せなかったのは選手の不調と試合途中まで試合会場に漂っていた「J1復帰組だから今日は楽勝だろう」といった開幕戦らしくないゆるんだ空気があった。敗色すら見えてきて緊張感が出てようやく試合終盤にB6の応援団にあわせた手拍子がメインスタンドやらでも自然発生的に起きてその後それが影響したのか同点ゴールがあった。試合会場の雰囲気つくりというのは重要だと改めて感じた。
それとは逆に柏がJ1復帰で挑戦者としてのモチベーションが高く、インテリジェンスはほとんどないようなガテン系の守りでファールしながらも踏ん張っていたから広島は苦しんだ。このモチベーションをシーズン最後まであれば今は戦い方はまだまだ未熟なところがあるがJ1を生き残ることはできるのではないだろうか。
広島に来た柏サポーターは降格する前は粗雑で下手をするとチームの足を引っ張っているような印象すらもっていたけど、その頃と比べてサポソング「柏バカ一代」とかに代表されるようになんかチームの応援する姿勢が前向きになったというかJ2で苦しんだことでなんかキャラが変わったのを感じた。また復帰1年目で広島もかつてそうだったが、熱気があり人数も昔より多く勢いみたいなものがあった。広島は復帰して2年3年経つごとに落ちていったが柏はいい流れを持続できるかどうかがJ1生き残りのカギの一つとなっていくと思う。
[PR]
by somewheresw | 2007-03-10 19:39 | sanfrecce