こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

7/8 ナビスコカップ準々決勝 鹿島アントラーズ戦感想

代表関連でこのチームの攻撃の軸ともいえる駒野・佐藤寿人・柏木らがいないわ、私が土日「江田島ブートキャンプ(仮称)」に行っている間にウェズレイは尿管結石で入院していたとか今日は一体どうなってしまうのだろうという不安もあったが、久々に勝ち試合が見ることができてよかった。

見ていた感想といえば鹿島がおそらくは広島を舐めてかかってきていたのであろうか?前回アウェー鹿島にて大敗したときの後半のような中盤での激しいプレスが余りかかっておらずビルドアップがしやすかったり、カウンターもそれほど高い位置からあまりされずに攻められたとしてもきちんとゴール前にDFの人数がいてそう簡単にはゴールを割らせないような守りをしていた。他には桑田がFWとトップ下の中間的な仕事をして攻撃面では前半ゴール前への飛び出しから何度か惜しいシーンをつくり、守備面でも普段のFWよりは低い位置まで下がっていたりと決定力を除けばそれなりにチームに貢献できていたのではないだろうか。

他にいつもと違うプレーヤーに関してはハンジェは駒野のようなドリブル突破はないが駒野みたいに右サイドからクロスを沢山上げてチャンスを演出していた。高柳はみていてなんとなく森崎浩司の系譜をたどっているなぁと思うようなプレーだった。その高柳と交代ででた高萩は攻撃ではスペースを見つけて効果的なパスを出したり走り込んだりしていましたが、ペナルティーエリア内でのフリーのシュートが枠に飛ばなかったり、1対1の守備の弱さなど見ると高柳の方が優先されるのはわかる気がしました。
[PR]
by somewheresw | 2007-07-08 22:31 | sanfrecce