こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

9/2 サハラカップ ヴィッセル神戸ユース戦 感想

最近まったくユースの試合を見ていないのでどんな感じなんかいなとかと、時間の都合もついたので一応、見には行った。

見ていて第一印象が槙野やら遊佐がいたときのチームと違い、戸田キャプテンがみればお小言の一つはでてきそうなくらいに本当におとしいチームでした。むしろベンチから監督やら控え選手が声がでていた。試合自体は前半はまぁまぁでしたが後半はスタミナ切れか動きが落ちて神戸に押され気味でした。結果としては1-1の同点は妥当な結果なのかなと。Jリーグは各チームユースに力を入れてきているし、この試合をみてももう広島ユースが特別抜けた存在といった時代ではなくなっていると改めて感じました。

広島で目立っていたのはやはり岡本君でした。この試合見るかぎりではもうすでに彼のチームになっていました。飛び級昇格は過去には失敗といってもいいような前例となってますし、中盤はトップも人数はいるので来年もユースでしょうがサテライトの試合などユースより高いレベルも経験積ませるべきだと思います。
一方で篠原君はケガで最初から出場せず、内田君も前半早い時間帯に相手選手にタックルされてこれまた前半それほど時間が経たない間に負傷退場とプロ内定者2人がいなく、残る内定者の横竹君はこの日はあまり印象に残るプレーはなかったです。あと内定見送りという噂で話題の中野君は動きが単発的で頑張っているのはわかるし、素材のよさは認めるがこの頃素材系はまったく育てられていないサンフレトップでは、昇格を見送った織田部長の判断は正しいのかなとこの日見た限りでは感じます。本人はなんとしてもプロに行きたいのかもしれませんが、FWが育っている大学へ行くなり、どうしてもプロというならU23代表になった菅沼やら広島ではまったく目の出なかった田中俊也を戦力として育てた愛媛FCの方がいいと思いますがどうなんでしょう。
[PR]
by somewheresw | 2007-09-04 11:26 | ユース