こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ペトロビッチ氏、監督続投宣言など

12/8の入れ替え戦終了後に「責任をとる」という発言をして一部では辞任表明とも受けとれる発言をしていたペトロビッチ監督。しかし中国新聞のインタビューによると続投する意志を固めた模様。

フロントやらレギュラー格の一部選手からの続投要請に応える形なんでしょうか、続投する意志を固めた模様です。広島県知事が秘書の政治資金問題があったりして県民からの批判やら県議会から「辞職勧告」を2度もつきつけられても辞職せずに現職にとどまるとかのように、外野からいくら批判されようとも責任とって辞職せず現職にとどまるという、ここ最近不祥事が起きた企業や政治家の間での流行りである「仕事をまっとうすることで責任をとる」という話なんでしょう。

そういった中で中国新聞の特集で来期も全試合ビッグアーチにて平均8500人見込みで開催するとか既存スポンサーに加え新規スポンサーを確保した上で広告費を2007年度見込みに比べ7000万円増の13億6000万円の計画だとか来期に向けた動きは進んでいる。

そして選手の動向は12/13の中国新聞の記事では主力選手では盛田が残留の意志を固め、戸田は「契約が残っているから」とこれまた残留する方向性を示した。反対に駒野・柏木は移籍の可能性も視野にいれている模様。
さらに12/14中国新聞の記事によると槙野、平繁のように今年ペトロビッチ監督に起用された若手選手は契約を更新する意志を表明する一方で、使われなかったリ・ハンジェ、吉弘、高萩は契約は主力選手の動向を見際めてからの姿勢を示している。
[PR]
by somewheresw | 2007-12-14 06:37 | sanfrecce