こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

サポーターズカンファレンスに向けて参加者に望みたいこと

12/8入れ替え戦で勝てずに降格決定したあと、一部サポーターとの会談の中で1月とか近いうちにサポーターズカンファレンス開催を口約束されたらしい。( 広島サッカー専用スタジアム構想委員会さんの記事にその経緯が)

まぁ、そこでどういう形式にするのかわからないがサポーター側に質問の機会は設けられるのではないかと予想されるわけです。
そこで出る質問は「なぜ(Why)~なのか」という一歩間違えると糾弾する形式の質問が多くなるかと予想しています。

こういうブログをやっている人間が書くのもなんですが、最近「コーチング」を勉強していた私としては「なぜ(Why)~なのか」形式の糾弾的な質問ではクラブ側は「言い訳」に終始して双方ともなにも実りのない会議で終わってしまうと私は思うのです。

コーチングの講座で教わった技術でいうなら、「なぜ(Why)~なのか」と聞きたいとしても「何が(What)あればできたか」というようにWhy式の言い訳を引き出す形ではなく、解決策を引き出すような感じでやるべきです。当然最後には「~したいと思う」言葉「ではなくて「~をやります」と期限、数値を具体的にしたな目標を明示することを目標にして。

つまり質問する技術を上げて挑めといいたい。そしてそれをやるには聴く技術も重要である。

ちなみにコーチングっていうのは極端に言えば、相手(クライアント)に質問することでその人に気づきをあたえその人に潜在している能力を引き出して発揮させようというもの。(なお私もかつて誤用していたがコーチの語源からいうとサッカーでフィールド内で叫んでいるのは正確にはコーチングではない)。詳しく知りたい方はAll Aboutのコーチング・マネージメントのコーナーにあるのを見ると勉強になると思います。

時間ができたら、「コーチング」を学んだことの復習などもかねてもっと具体的に書いていきたいと思う。
[PR]
by somewhereSW | 2007-12-21 17:58 | 雑記