こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

7/17 ナビスコC大阪戦 

月手取りの1/10ぐらい使ったけど行ってよかった。なんか久々にトップチームが勝つ試合を見た気がします。残念だったのは、C大阪の大久保がキレて退場するシーンが見たかったですがベンチにすらいませんでした。広島は駒野・浩司だしているんだからわざわざ大阪まで来たのにサボるな。

C大阪は監督が変わって2週間も立っていない状況なのでチームができていないせか、個人突破以外怖いと思うシーンはあまりなかったし守備も堅くはなかったです。DFは組織、DFの個人能力双方に問題があると思う。でも、新外国人のMFマリオ(京都にいたらネタになっただろうが)はチームになじめばかなりやりそうで他にも森島など個人能力のある選手が少なくはないので小林新監督がお盆までにどのようにチームを立て直すかがJ1残留への鍵になりそうです。

さてサンフに話を変えると、茂木の積極性が印象に残りました。この日の茂木は今までの「茂木さん何処?」状態が少し改善されてボールに絡んでて、DFに背を向ける状態でボールを受けても前に振り向いて1対1で勝負してシュートまで持ち込める技術、スピードがあるのはサンフFW陣では貴重なキャラクターです。この日のゴールはゴールへの積極性が結びついたものと思うしこの姿勢を続けてもらいたい。あと元気のレベルまで動き出しの速さをつけてポジショニングがもっとよくなればレギュラーに間違いなく取れると思います。

盛田はポスト役としては元気と違って身長を生かせるほどのヘディングの技術はあり、前半はイメージどうりの足元だったが、後半にはいままでのイメージを打破するような相手DFに競り勝ったあとの左足でのGK頭上を超えるドライブのかかった綺麗なループシュートでのゴールは奇跡なのか。毎試合こういうプレーできればまちがいなく彼もレギュラー。ビューティフルゴールのおかげで「も~りた~」とゆっくりいいながら両手をバンザイするときのような仕草をする個人コールがつくられました。
話が脱線するがコールにアクションを加えるのは面白い試みだとゴール裏前で一緒になってやってみて思いました。他にも増やしたらいいのではないでしょうか。

元気は動き出しの鋭さはFW3人の中では一番いいがヘディングのダメさ加減は相変わらずで誰か元気にヘディング上手くなるコツ教えてやってください。

カズはもともとボランチだからか無難にこなしてました。でも昔のように一人で突破してシュートを撃てそうな場面でも周りの選手を探してプレーが遅くなって前目にいたころのようなシュートへの積極性がなくなったのは残念でした。そういうところがアテネへの分岐点になったのかもしれません。

気になったのは、公太が1st後半の不調から脱することができてなくてセレッソDF相手でも彼らしい突破やクロスが見られなかった。ハンジェも守備面では貢献するシーンはあるものの、パスの精度のなさは頭を抱えるほどで、いまのままならポジション取られるでしょう。吉田がシーズン初めごろと違ってDF面のミスが多く見受けられてプレーの質が落ちていたのは今後の不安要素になりそう。逆にいえば吉弘、大久保、八田など若いDFはポジションを奪うチャンスが近づいているといえます。
[PR]
by somewheresw | 2004-07-18 08:36 | sanfrecce