こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

8/14ジェフ市原戦(文字情報より)

1-2で負けなんて、なんとなく予想できる範疇の試合だったような印象です。
セットプレーからしか点が取れそうなイメージがしないとか・・・

ぶっちゃけ今の未完成状態の広島(いつまで未完成なんだ)に1-2ということは、1stステージのアウェーの試合3点取っていた市原もあまりいい状態ではなかったような気がします。
事実、オシム監督が「結局、市原は勝つには勝ちましたが、2-1でした。これがもしも相手がもっといいチームだったら、絶対最後に市原に追いついていたでしょう。実際には市原はまだ完全にいいプレーはできているわけではありません」とコメントしているし。

あと、この会見でオシムが「レアル戦で一番選手に感じてほしかったことは、まず彼らがあれだけ見事なチームで、ものすごく給料をもらっていて、あれだけ有名で、あれほどの選手なのに、ちゃんとした人間の振る舞いをしたいたことです。試合が終われば、しっかりユニホームを交換したり、プロの振る舞いをして、うぬぼれていないということです。そしてもうひとつ、よく見てもらいたいのは、あれだけ才能のある選手たちなのに、どれだけ走っていたか。ラウールもベッカムもロべルト・カルロスもしっかり走っていました。そこを見てほしいんです。日本の才能ある選手は、逆にあまり走らない。才能のない選手が走っています。あの選手たちは才能がありながら、最大の努力をしています。そこを一番見るべきだと思います。彼らは自分たちが何をすべきか知っているからだと思います。そして、あれだけのテクニックを持った選手がシンプルにプレーしているんです」

これ、アジアカップMVP選手へのメッセージですか?(笑)

オシム監督のコメントはこちら
[PR]
by somewheresw | 2004-08-15 07:26 | sanfrecce