こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:雑記( 73 )

サンフレに関心のない人にもアピールしたいから「あるある探検隊」呼んでいるんでしょうし、サンフレの選手が参加できるのがそこしかないというのが2/24という日程決定の理由なんでしょうね。

どうせなら開幕戦が東京の味の素スタジアムで地上波では生放送はないわけですから「開幕戦パブリックビューイング」をやって欲しいですね。芸人やらファンサービスの苦手な選手達を呼ぶよりも3/3の開幕戦を見てもらって3/10に繋げることができる気がするのです。開幕前イベントをデオデオでやるわけですし、デオデオにてスカパーやら大型テレビの試写による営業を兼ねてやれば面白いと思うんですが。

と、スカパーがないので生で開幕戦見ることができない者の戯言でした。
フットボールバーとかでもいいから広島で開幕戦どこか見ることが出来る場所ないですかね。
[PR]
by somewheresw | 2007-02-18 17:12 | 雑記
1/14の中国新聞朝刊の15面にふれあい「デジ・コミ・サンデー」というコーナーがあるのだが、そこのランキング
「今年こそかなえたい目標や夢」
という読者アンケートをまとめたランキング記事があった。

それによると第一位はカープ優勝(43人)であった。
ちなみに第二位以降は宝くじ当選(34人)、第三位は海外旅行(28人)4位国内旅行(23人)など個人的な目標やら夢が続いてようやく7位に趣味を始める、ダイエットと同数の14人がサンフレ優勝という夢を願っていた

数で言えばカープの1/3以下の数字である。
たった1/3弱の14人しかサンフレに関心がないと見るか、歴史的にカープが50年以上でサンフレが10年少しだからよく健闘しているとみるか人によって見方は変わってくるだろう。

ただ、記事にはカープ優勝が一位に選ばれたことに対して「やはり」とか書いてあったり、カープに関する記事の行数は黒田・ブラウン2年目への期待など複数の人間のコメントなど14行であるのに対して7位のサンフレ優勝へのコメントはとって付けた感じの1人のコメントで3行と行数では中国新聞の取り扱いは1/4以下だった。
[PR]
by somewheresw | 2007-01-14 08:33 | 雑記
年始は仕事が休みなかったり、ノロウイルスらしき胃腸炎になったりと落ち着かなかったのですが今年もよろしくお願いします。

2006年度は2005年度以上の赤字は確実なので、赤字埋め合わせのためにレギュラー選手の2人くらいは抜けてしまうのかと思ったのですが意外にも全員残留。しかも控え層も契約更改で代理人がいるのかと思ったハンジェやらファン受けの悪い上野も広島へ完全移籍で残留を表明するなど、中里がベルマーレに帰っていった以外はすべて残留。今のところはこのオフ新たな日本人補強はないようで、小村・大木が退団したことによって浮いた約5000万円を残った選手で分け合って駒野の1000万円の大幅アップだとか残った多くの選手の年俸をアップして人件費の総額は前年度と変わらないような形にしたのだろう。 人事的にはあとは戦力的にはベットが退団して空いているA契約外国人選手が来るかどうかが注目点なのだろうか。

しかし戸田の移籍金が5000万円かかり、クラブ自体の赤字は穴埋めできておらず経営的に大丈夫かと心配だ。ボディーブローのように後々響かなければいいが。中国新聞の元旦の扱いでサンフレの倍だったカープが黒田残留だとか新球場だとかプレーオフ実施によって優勝の可能性もでてくるなど注目度は明らかに上がっているのに比べて、サンフレへの注目度は明らかに下がっている。サンフレが選手のテレビ露出も特別に増えてはなく、正月にファンクラブ会員に年賀状だとか新年の挨拶メールもないなど今まで同様に来客策で特別新たな策をしていないことを見ても来客の縮小傾向は止まらないだろう。注目度も低く、昨年最後のネタにもやったようにサンフレでは商売にはならないということから新たな大口スポンサーも簡単には探せないような気がする。こんなサンフレに新たに大口スポンサーになるのは、どこか景気のいいIT企業だとか人材派遣だとかパチンコとか少々怪しげなところに頼るしかなさそうだ。
[PR]
by somewheresw | 2007-01-09 07:27 | 雑記
その1. サンフレ、育成中の監督で降格危機に
監督含む育成中の指導者で選手を育てながらタイトルを獲るという、客観的に見ればどう考えても欲張りかつ実現困難な方針で挑んだ今シーズン、選手編成は「育成中の監督」の意向に沿ってない金を無理に捻出して補強をして向上して内情をよく知らない評論家やらファンからは「今年は昨年以上の上位への進出は確実」と思われながらも現実は「育成中監督」に鳴らす鈴がなかったためにチーム崩壊でJ1降格危機に。

その2.サンフレ系ネット活動低迷
おそらくはサンフレ営業部が企業周りをしてマリノス戦はSS席完売しても試合当日晴れても空席が目立つ状況でサンフレの試合はタダでもいく価値がないと一般的な客に見放されて観客動員は20万人割れでスタジアムの空席率はJ1で堂々の1位となってしまった。
またサポーターも私をはじめ更新頻度が低下したり更新停止したサイトやブログが多く見受けられサポーターもチームへの関心が下がっているのが目についた。また、紫熊倶楽部のHPの掲示板も閉鎖されてサンフレサポーターの意見交流の場は2chくらいしかなくなりサンフレ関連のネット上の交流も低迷していった感が強かった。

その3.サンフレ系スポーツバー相次いで閉店
7月31日にSPORTS BAR 「BIG FLAG」が、9月9日には「ファンタジスタ」が閉店した。サンフレサポーターなどが集まる場所として親しまれていただけに残念であった。他にも秋に山崎パンからタイアップで発売されたパンもスーパーの店頭から消えてしまったりとか、サンフレでは商売はできないという象徴的な出来事であった。
[PR]
by somewheresw | 2006-12-31 21:24 | 雑記
Jリーグは年末になると選手の契約更新やら移籍選手獲得などがあるからかお金がいるようでして、広島ではここ2年くらいはシーズン終了間際に来年の年間パスのご案内」が届いている。
しかし今年は来年のJ1残留がまだ確定はしていないからまだ来ないだろうなと思ったら昨日家にヌルいファン感謝デーイベントの告知とともに届いてた。しかもその「年間パス」ではJ1リーグ17試合およびナビスコカップ予選リーグ3試合(決勝トーナメント進出したときの広島開催分含む)が見られるらしい。

どうやら球団はJ1残留を確信しているのだ

ちなみに年間パスの値段は去年と同じみたい。万一、これからサンフレが全敗して福岡あるいはC大阪が全勝してしまった末にJ2降格したらどうするんでしょう?

あと、年間パスの案内にゴールド会員の俺へサンチェ会員あるいはファミリー会員への『会員グレードアップのお願い』とかいう文章も一緒に送られても困るのだが・・・
[PR]
by somewheresw | 2006-11-17 08:50 | 雑記
SANFRECCE Supporters' Blog ~Color Stadiums VIOLET!~
下駄をはくまで

なぜか関東サポは知っていて広島に住んでいる私が知らないところで目標2万7千人だかの大動員作戦が行われているようである
しかし、今のところ家に今まで行われていた社長などへのアリバイ目的のような告知DMは来ていないし(ずいぶん前で忘れてただけかも)、J2時代の第4クールの新潟戦のときはマスコットのサンチェが滝にうたれながら勝利を祈願するようなインパクトあるようなCMも行われておらず、地元マスコミを見てもどこでそんな動員活動をしているのか見えてこない。上記2つのブログで始めて知ったくらいだ。
さらに2万7千人の動員を目指している割に先着プレゼントであるシリコンバンドが先着8000名なのは予算が少ないからかもしれないが、かつて動員3万目指したときに社長の号令でタオルマフラーを3万用意していたのとはえらい違いである。もしも2万7千人きた場合にシリコンバンドがもらえる確率は1/3もないくらいの人数しかもらえない。

おそらく営業はスポンサー周りをしているのだろう。
しかしそれで2万7千もの動員が集まるのだろうか?
9/30京都vs浦和(西京極)ニッカンHPより
9/30の西京極での京都vs浦和は、前売りの段階ではチケットが完売となっていた。しかし試合をやってみると晴れていたにもかかわらず最大収容人数が20242人なのにこの日の動員は16492人となんと4千近く、率でいえば20%弱もの空席がでた。この4千人近くの人はおそらくは京セラなどのスポンサ関連へ強引に近いチケットの販売やら配布によって、興味のない人の手にチケットが渡っていたからだろう。

10/28のビッグアーチで同じことにならなければいいのですが。
[PR]
by somewheresw | 2006-10-26 09:59 | 雑記
去年こういうネタを書いたら一部に不評だったが、まぁ書くネタもないしこのまま週一で試合結果の感想ばかり書いていてもつまらないので今年もとりあえずJ2降格はない&監督続投が大前提だが書くなり(ヲイ)

今年はサポーターなら誰もが感じる観客激減の影響で去年以上の赤字決算になるのは間違いない。そういうことから無理に人件費もかけられないということや、赤字の穴埋めの選手流出が考えられる。
多額の移籍金を捕れそうな選手第一に頭に浮かぶのはA代表の寿人と駒野の2人であろう。
ただ資金力があるチームならオファーがあればどこでも行くかといえばそんなわけはないので、普通はキャリアアップにつながるような優勝を現実的に狙えるチームであること、そしてそのポジションに補強が必要とするチームであるかが条件になるであろう。
そういう観点から考えるとまず寿人は来期は残る可能性が高いと思う。寿人は確かに日本人得点王であり日本有数のストライカーであることは間違いない。しかし浦和やらG大阪のような優勝を狙いなおかつ資金力のあるチームはすべて高いレベルの日本人レギュラーFWがいる。つまり寿人のように獲得するなら数億だしてまで獲得する必要性があるチームは日本にはないと思う。また海外の可能性も端から見る限りでは寿人自身に現時点で海外移籍する願望はないように思う。ついでに一時2chで広島に一軒家を建築中という噂が語られているし、来期は広島に残るだろう。

反対に駒野は移籍の可能性があるように思う。駒野は代表で右も左も担当できるくらいに使い勝手がいいこと。FWに比べるとサイドバックはこれといった人材はかぎられているのが現状で例えば資金力があって優勝も狙うチームである浦和は右サイドバックは弱いし、横浜Fマリノスはドゥトラが高齢とあって左サイドで後釜を探しているように思う。
駒野が本気で優勝をしたいとか関東にしか視察に来ないオシムにアピールがしたいだとか考え、サンフレ側が赤字対策やら李など若手選手で対応できると判断したら強くは慰留しないかもしれない。

次に駒野以外の生え抜きである下田・服部・森崎兄弟・青山・柏木は出て行くことは普通考えられない。下田、服部のベテランは今さら環境を変えてしたい考えているとは思えない。森崎兄弟は兄は今のようにストッパーをやらされていることがイヤとかで出て行きたくなるかもしれないが、弟の浩司を含めてJ1で中位以上行くチームが移籍金を払ってまで獲得を目指すとは思えない。青山・柏木も若手には高めに設定されているJリーグの移籍係数から受け入れるチームはないだろう。

戸田は彼自身のHPを見る限りではペトロビッチの戦術に疑問をもっているようでボランチをやることにもかなり未練があるように感じられ、そのためだったらJリーグでなく外国のチームでもかまわないくらい思っていそうなので出て行く可能性が高いと予想する。

外国人2人だが、ダバツは監督の要望リストから選ばれたのだから本人が日本になじめないとかいうことがなければ残るだろう。ウェズレイは今年の活躍から年俸を吹っかけられる可能性があることから交渉次第の可能性が高いように思う。
[PR]
by somewheresw | 2006-10-18 17:02 | 雑記

今、思っていること

大分戦、後半MFは明らかに疲れていたもののベンチには1人もMFがおらず代えることができなかった。金曜日練習を観に行っていると大木、小村はミニゲーム控え組でそれなりの働きをしていたもののベンチに入っていない。

大木、小村を使う気がないのだったら、MFが欠乏している現状を打破するためにいっそのこと愛媛にレンタルしている高萩とトレードして欲しい

高萩はゲームもつくれるし、さらに運動量もあるプレーヤー。おそらくMFとして青山みたいなプレーもできるだろうし、J2のときは右WBもやっていた。下手な意味でJ2になじみすぎるのもよくないし、愛媛FCにとっても貴重な経験をもつ2人のベテランがいけばチームにとってプラスだと思うんだが。なりふりかまっている場合じゃなくなってきてるんだからフロントは土下座してでも取り戻して来い!
[PR]
by somewheresw | 2006-08-22 06:30 | 雑記
8/12 J1リーグ 第17節

浦和 vs F東京 :50195人
新潟 vs 千葉  :41487人
磐田 vs 鹿島 :30353人
川崎F vs 横浜FM :20144人
福岡 vs 大分 :18205人
京都 vs G大阪 :16089人
C大阪 vs 大宮 :12616人
名古屋 vs 甲府 :12454人
広島 vs 清水 :10569人

堂々のJ1第17節最下位動員!
ついでに
8/12広島-巨人14回戦
広島vs巨人 :22226人

広島ダービー完敗!

つづき
[PR]
by somewheresw | 2006-08-13 12:16 | 雑記
今年、ホームでなんか勝った試合は1試合しかなく負けた試合ばかり見ている印象が強い。紫熊クラブの掲示板に似たテーマの書き込みがあり興味が湧いたのでさらに少し調べてみた。
(なお勝率は勝ち試合だけを全試合で割り、1厘以下は四捨五入)

ホーム 
リーグ戦 1勝6敗1分け 勝ち点4 (勝率:1割2分5厘)
ナビスコ 0勝2敗1分け 勝ち点1 (勝率:ゼロ)
計     1勝8敗2分け       (勝率:9分1厘)

アウェー
リーグ戦 2勝2敗3分け 勝ち点 9 (勝率:2割8分7厘)
ナビスコ 1勝1敗1分け 勝ち点 4 (勝率:3割3分3厘)
計     3勝3敗4分け        (勝率:3割)


ホームとアウェー、今年はアウェーで倍以上勝利を収め、勝ち点でも倍以上を稼いでいる。ついでに負け数じゃリーグ戦では3倍!

これって、どうなんだろう?

ホームで弱いサンフレッチェ、新潟(ホームでのリーグ戦 5勝1分け2敗 勝率6割2分5厘)などと違ってホームでやることがアドバンテージになっていない、むしろ足かせになっているのが情けない思いがします。私も人の事いえる立場ではありませんが、この結果をみるとやはり分裂応援とかホームでのサポート体制に問題があるようにも思えてきます。ホームの雰囲気やら応援に問題があるから選手達も気持ちが高ぶらず、観戦しているかぎり全力を出し切っているように見えないプレーになっているのかもしれません。
ただ、唯一のホーム勝利である福岡戦だけはクレインフライのライブで試合前、盛り上がって選手達のテンションを高められ勝てたのかも。クレインフライのライブの間、福岡の選手やサポーターはかなり苛立っていたという話もあるくらいですし、あの試合の功労者はクレインフライだったといえるかもしれませんし彼らのライブにヒントがあるように思います。


などといってみたが、ホームの6敗しているチームのうち昨日負けた甲府を除いた5チームは、現時点で1位~5位の上位チームなんですよね。順位表からいえば妥当な結果なのか。。。
[PR]
by somewheresw | 2006-07-27 21:22 | 雑記