こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:其の他( 73 )

広島市長選挙

勝つ選挙をした現職の松井市長が再選しました。

選挙を左右する3要素は候補者、公認、風でして、候補者の知名度、自公民と連合の推薦、どこにも吹かなかった風では20時に当確がでるのは告示日には容易に予想できる話でした。


落選した前サンフレの社長小谷野さんはせめて「公認」という面で自民や地元財界を分裂させて、公明や民主、連合を自主投票に持ち込むようにするしか勝つ可能性はなかったのですが、そのような動きは見えませんでしたから非常に残念でした。
私個人的には今回の選挙の戦い方を見ている限りでは小谷野さんは「本当に優秀な経営者なのか?」という疑問は持ちますが、サッカー経営ではサンフレを連覇させた実績から「ぜひわがクラブを優勝に導いてください」と三顧の礼で社長として迎えられる可能性はあると思います。それがサンフレ収集マニア化している浦和レッズかもしれませんが、それで広島にリベンジされても広島市民は文句は言えないと思います。

スタジアム建設は市民球場跡地は絶望的、宇品に候補地決まって誰が資金を出すかでもめてエディオンスタジアムが永久ホーム化するでしょう。それ以外にも冷や飯は確実に食わされるのは間違いないでしょうね。

なぜか、市長選挙の最中に中国新聞の福山地域面に「福山青年会議所」がプロサッカークラブ設立協議会なるものを6月につくるという記事が載っていて、サンフレは専用スタジアム欲しいなら広島から福山競馬場跡地へ出ていけという動きはでてくるかもしれませんな。
[PR]
by somewhereSW | 2015-04-12 21:23 | 其の他
サンフレサポに関連しそうな情報がいくつかあったので参考にどうぞ。

スポーツボランティア募集
ビッグアーチの入場のときなどに見かけるボランティアの募集の告知です。試合中に応援はなかなかできなくなりますが、試合後の反省会にサンフレッチェの選手がお礼に来てくれることもあるみたいなので選手を近くで見るなど交流のチャンスになるかもしれません。

広島市まちづくり活動支援基金「ふむふむ」助成団体募集
まちづくり活動助成分野で、
団体育成助成部門
活動を始めて間もない団体(設立後3年未満)が行う活動に助成します。
助成額:1件あたり5万円を限度に、総額50万円程度を助成
まちづくり活動発展助成部門
まちづくり活動をより積極的に展開しようとしている団体の活動に助成します。
助成額:1件あたり50万円を限度に、総額500万円程度を助成

ALL FOR HIROSHIMAはダメでしょうが(笑)、何か考えがある方は説明会が2/9、締め切りが3/13となっているので活用してみてはいかがでしょうか。
[PR]
by somewheresw | 2009-02-01 20:19 | 其の他

広島市民球場跡地問題

http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/1137054279371/html/common/other/49743de3004.pdf
http://peasta.blog105.fc2.com/blog-entry-52.html
よくもまあこんな案だして。
知り合いがサッカー場改築案を提案しているのを置いてもこの案は酷すぎる。
個人的には「何が何でもサッカー場!」でなくよりいい案があればそれをすればいいという考えだがあくまで折鶴記念館を建てたいのだろう。
サッカー以外にも青少年センターが壊されてその後どうなるかよくわからないというのが、青少年の音楽やら演劇などの文化活動に大きな障害になりそうで個人的にはこちらの方がサッカー場つくれるかどうかよりも大きな問題だと思う。

また、商工会議所を好立地に移転で財界黙らせればできるという発想が嫌らしい。
[PR]
by somewheresw | 2009-01-21 07:47 | 其の他

皆実高校選手権優勝

広島勢の期待を集めていた皆実高校が見事選手権初優勝しました。皆実高校ならびに広島のサッカー関係者のおめでとうございます。

サンフレのジュニアユースの出身者が半数くらいいたみたいで、ユースの存在含めて広島サッカー界におけるサンフレッチェの存在価値をより高めることにもつながったかもしれません。サポカンでもユース年代からさらに若い年代の強化がクラブの選手確保に不可欠という認識であるよう話がありましたし、そういった意味でも広島サッカー界にとっても貴重な勝利でした。
[PR]
by somewheresw | 2009-01-12 22:29 | 其の他
下に書いたように7つの案のプレゼンテーションのあとに市の課長からの説明、そしてシンポジウムがあって終わった。

プレゼンテーションは7つ聞いたが、身びいきを抜きにしてもALL FOR HIROSHIMAの案が一番内容は面白く、聴衆に対して評価を高めるのに成功したと思う。なぜなら他の案はただ夢を語るだけであったのに対して広島市民球場の歴史の継続性から費用対効果までしっかりとプランを仕上げていたから。それでも他案では5番目の広島市中央部商店街振興組合連合会の意見とかその他案も上手く融合できればよりいいものができるだろう。

続いた市の説明は役所の仕事を語ったが、私自身が元公務員であったため、案ありきで聞いているものに対してとりあえず理由づけした感じの説明の仕方をするのがなんとなくわかった。

最後のシンポジウムでは田辺一球氏の裏話が非常に面白く、市の対応がなぜ今のように後出しじゃんけん的なものに終始しているのかが理解できた。
田辺氏いわく、広島出身でなく市民球場に思い入れのない秋葉市長を中心とした勢力が貨物ヤード跡地の不良債権処理のために当初は現市民球場改修だったのを突如市民球場を移設させる案を出しゴリ押しで進めたこと、跡地は折り鶴記念館ありきで形だけの公募を行ってプランを進めたこと、当初市民球場改築案があったときは動かないといった商工会議所が突然現市民球場跡地内で移転する話がでてきた訳など。ちなみに市の役人によると当初公募で出た案300余りある中で跡地利用案で第二平和公園化案はわずか数パーセントだったという。
この動きを止めるには市長に直接意見を言う、そして市議会議員にも訴えて予算を通さないようにするなど市側の動きを止めるしかないかと思います。今の広島の停滞感はある意味では市民の無関心が原因でもありますから、このことを認知してもらう動きも必要でしょう。

それにしても市の話を聞いたりしていると、ただ単に結論ありきだと言う話を抜いても、平和を祈る場所つくるのに、まるでトーナメント勝ち抜いて案を作り出す姿はあれこれ対立軸をつくるだけで「平和」という理念に矛盾しているように感じましたね。
[PR]
by somewheresw | 2008-10-19 21:14 | 其の他
私がサンフレッチェ関連の話題に関心がなくなっている間に広島市民球場を来年以降どのように動いているようで今日、10時半から17時まで広島県立美術館でプレゼンテーションなどがあるらしいです。

  
10:30~13:00  
市民球場跡地利用・参加市民団体による個別提案
 
10:30~10:35 開会 趣旨説明
10:35~10:50 広島工業大学学生有志グループ『建築屋たち』(代行発表)
10:50~11:10 「広島・都市観光の創造」代表者
11:10~11:30 坂倉建築設計事務所
11:30~11:50 明日のための芸術文化プロジェクト準備委員会
            「明日の広場と世界芸術祭構想」(関連提案)
11:50~12:10 広島市中央部商店街振興組合連合会
12:10~12:30 ALL FOR HIROSHIMA+広島サッカー専用スタジアム構想委員会(共同提案)
12:30~12:50 広島市民球場跡地利用市民研究会
 
13:00~14:00  休 憩
14:00~15:00
市民球場跡地利用計画現状説明(市政出前講座)
*広島市現球場跡地担当課

15:00~17:30
シンポジウム
「広島百年の計~広島市民球場跡地利用-市民徹底討論」
《パネリスト》(予定)
・牛谷陽一(坂倉建築設計事務所)
・松波龍一(松波計画事務所)
・古池周文(広島市民球場跡地利用市民研究会)
・田辺一球(著述家)
・東 琢磨(著述業・文化活動家)
《コーディネーター》
・若狭利康(NPO法人セトラひろしま理事長)


サッカー場にするかどうかは別にしても(サンフレがまったくこの動きに関わっていない現状では積極的にサッカー場にする必要はないかと今の私は思っているが)、あの一帯がどのように活用されるかは広島にとって大きな問題だと思うので可能な人は参加してもらいたい。
私も可能な限り参加しようかと思っています。
[PR]
by somewheresw | 2008-10-19 06:59 | 其の他
個人的には北京オリンピックはあまり観ていないのだが、スコアからみると出場したここ最近のオリンピックではグループリーグ3戦全敗という最悪の結果となった日本代表。結果だけでなく、内容も特に見るべきものもなく芳しくなかったという話がかなりある。
その強化担当をしているのが小野剛元サンフレッチェ監督。

で、その総括が時事ドットコムに載っています

いやぁ「まったく悔いは無い」と北斗の拳でケンシロウに敗れ去ったラオウのごときセリフを語った反町氏と違って、ネタに昇華もできない言い訳コメントです。
サンフレッチェで30年監督をして欲しいとチーム関係者が語っていたという報道もかつてありましたが、その関係者は人を見る目があるのかと問いただしたいですね。
またこんな人間が監督になるかもしれないならまだマシと、J2落ちしたとき久保会長やら選手などがペトロビッチ氏を支持していたのかなと妄想してしまいました。
[PR]
by somewheresw | 2008-08-15 07:26 | 其の他
サンフレッチェの有力スポンサーの一つであったアーバンコーポレイションが本日事再生法の適用を申請し倒産となりました。

少し前に不動産会社では危ない「USA」という話がありまして、アーバンの債権の格付けが下がったり、株価が大幅に下がったり、アーバンの社長が担保にしていた自社株が担保権を実行されてしまうなど悪い話があったので大丈夫かなと思っていたが残念ながら倒産してしまいました。無論倒産というわけですから、貸付していた金融機関もダメージがあるわけで、有力スポンサーの一つである広島銀行も業績に悪影響を及ぼしていると思います。
サンフレッチェの収入の半分以上は企業の広告料という状況であり、現在景気が後退局面という話もありますから、これから色々工夫していかないとチーム運営していく上で厳しいことになっていく可能性は高いでしょう。
[PR]
by somewheresw | 2008-08-13 22:36 | 其の他

ALL FOR HIROSHIMA

サンフレッチェのクラブがいつまでも水面下で動きすぎて、もう沈没してしまったのではないかとすら感じてしまう「サッカー専用スタジアム」構想。

そんな中で波田気象予報士DJ石橋竜史など有志が「専用スタジアム」構想など「ALL FOR HIROSHIMA」という草の根的キャンペーンを立ち上げようとしている。

私もこのような試みは応援したい。とりあえずはこのように自分のブログに載せて広めていくことが私のできることの1つなので私も載せさせて頂きました。
[PR]
by somewheresw | 2008-06-23 23:03 | 其の他
 市長選挙公約ではかつて「サッカー専用スタジアムの建設支援」を訴えながらサンフレッチェ関係者が本庁に要望書を持ち込んだら
「もともとサンフレッチェのみなさん、市民と一緒になってつくるというお話を伺っていましたので、自分たちでサッカースタジアムをつくるということについてはいろいろな形で支援をしましょうというお約束はしておりましたので、そのことは当然、盛り込みました。けれども市としてお金を使ってサッカースタジアムをつくりましょうということではありません」(田辺一球氏のブログより)

と語った秋葉市長と、4/21に抽選にて直接対話できるチャンスがあるみたいです。詳しくは広島市HPをご覧ください。
[PR]
by somewheresw | 2008-04-15 06:59 | 其の他