こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw

<   2004年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

さて、練習見学中に磐田サポと話したことも書きます。

ジュビロについて「パス回しが多くなってゴール前でもシンプルにシュートいかないで攻撃のスピードが落ちてその間に守備を固められてしまう」
また、サンフと試合する前の何試合かがFWが得点できていないことを嘆いてました。

ジュビロがサンフ同様(という表現でいいのか)ポゼションサッカーを標榜するチームだから似ているんだろうなと思いました。
他に「グラウがヨーロッパに行きたがっているがいまのままでは通用しない。グラウはフリーでないとダメ。今は昔のゴンさんのようにDFを何人もひきつけてつぶれ役できる人がいない。FW陣が一番よかったときは高原・ゴンさんのコンビのときで、そのときはゴンさんがおとりになってDFを2人ひきつけられていた。それだけそのころのゴンさんは得点力があって怖い存在だったからかもしれないけど」と語っていたのは印象に残ってます。

ウチもFWはつぶれ役になるけど、得点力という怖さがないから攻撃がうまくいっていない。FWでなくてもFWをおとりにMF、ボランチなどが得点できればいいという風に小野監督は考えているようですが、やはりポスト役、おとりになるFWに得点の香りがあると格段にレベルが違うのだろう。いまさら書くことでないけど、田村、田中、中山などポスト役させられるFW個々の選手がレベルアップして得点力をつけないことにはチームも勝ち続けることはできないと改めて感じました。

さて、広島については「ジュビロが勝てないことはあるかもしれないが、負けることはないと思う」とか「知っているのは森崎兄弟くらいだよなぁ」とか話しました。そこで、私が「そういえば、サンパイオがいましたよね」と話を向けると「そういえばこないだセレモニーやっていたよね。スポーツニュースでやっていたのを見たよ」と。
森崎兄弟はU23代表の影響か(それだったら駒野とか林がでてくるはずだが)、珍しい双子選手だからかそれとも青山のCM効果か知らないけど「彼らはサンフの顔なんだ」と改めて感じました。

練習も午後5時くらいには終わり、私は例の「交流スペース」で選手の出待ちをしました。大久保グラウンドは午後6時以降は閉鎖ということで1時間しか待つことができず、その間に「交流スペース」に来たトップの選手は藤田、西だけで福西はさっさと帰り、ゴン・名波などはクラブハウスでマッサージでもうけているのか、取材なのか出てきませんでした。
来てくれた2人は当然かもしれないけどきちんとファンに対応していて、特に藤田は人柄の良さを感じさせて好印象を感じました。
ファンサービスについては本当に広島は恵まれている。前日の23日に吉田にいったときは、サンパイオは20分くらいテレビの取材がグラウンドで受けたあとでも、ファン一人一人にサイン書いたり、軽く会話して別れの挨拶などしていました。
できることならこういった広島の雰囲気は壊して欲しくないです。ファンもマナー違反をしてチーム選手に迷惑をかけるようなことをすれば、ジュビロのように隔離された場所でしか交流できなくなるだろうと思う。現にサテ戦のあとにゴミを放置して帰る客が出てきていることは職員が昔はなかったと嘆いていた。

練習見学を終え浜松に行き、軽く夕食とにとって手配していたホテルで風呂はいったあと爆睡したのであった。
[PR]
by somewheresw | 2004-06-30 22:47 | 遠征記
昼食をとった後、現存する日本最古の洋風木造小学校舎である「旧見付学校」にいきました。
こちら

平日だからか、一応は観光ガイドにも載っている磐田観光の名所なんですが、行ったときは私一人。建物は5階建てで、4階、5階は展望室になっていて4階には椅子があって色々歩き疲れてたので椅子に腰掛けて、しばらく磐田の町並みを眺めたりサンパイオの本を読んだりした。

その後再び大久保グラウンドに戻り、練習開始を待った。
昼3時からの練習はトップが出ることもあって人数は少なくとも30人はいた。
見学者の層はサッカー好きなおじさんおばさん、家族連れ、そして若いお姉ちゃんなど色々。
一般的にいわれるギャルサポはサンフよりも比率は高く1/3はいたと思う。

そして3時ごろから選手が現れてきた。自力優勝がなくなったことで、開き直っているのかジュビロの選手にあまり硬さはなかった。むしろ明るい感じ。

さて練習内容だが、最初はサンフ同様ウォーミングアップで走る。
その後、1対1でのパス、そして2タッチでのパスをまわす練習。サンフではこれを1タッチでよくやっている。2タッチだからもあるが綺麗に廻している。

その後、紅白2チームに分かれてのゲーム形式での練習。
最初サブ組の西野だったかが先制点いれたのは、サンフもよくサテ組がトップ食うときもあるしな、なんて思ってました。しかし、その後はトップ組が意地を見せて逆襲して最終的にはトップ組がゲームを支配して得点も挙げていた。
このゲームではトップ組みがよく両サイドのサイドチェンジをしていて、まるで4/3市原戦後半に市原にやられたようにワイドに幅広い鮮やかなパス廻し。サンフは前から盛んにプレスをかけてくるのでこれをかいくぐりかつサンフの選手の疲労をさせる作戦もあるだろう。
またFWがDFラインの裏を狙う動きを盛んにしてボールもそれにあわせている。これおそらくサンフの高いDFラインを下げさせるためにやっているのだろうと思った。
これを見た瞬間、「土曜日に練習のままやられたら失点3点はされそう」と脅威に感じた。

また、先週金曜日の浜松からの書き込みでも書いたが、トップ組もサブ組も選手がしっかり声をだしていてボールもらうため、あるいは敵が近づいていることを知らせたり、とにかくコミュニケーションをとっている。サンフではサンパイオ、外池、あとキーパーの林ぐらいしかはっきり声だしていない。誰か特定のリーダーなり選手が仕切っているわけでなくてフィールドにいる11人がチームをして戦っている感じがした。

これが優勝を狙い、勝利を欲するチームなんだろう。
これが今のサンフにはない点でありサンパイオがいなくなった今、各選手が自立して年齢など気にせずに一人一人がリーダーになる必要があると思う。本当にサンパイオの魂を引き継いだのならば、各個人が自覚をもち、勝利に執着し、そして日ごろから指示をだしたりお互いを励ましあうことをグラウンドで繰り返しやってもらいたい。

さて、そのあと、ジュビロが弱点となっているセットプレーの攻めと守りの練習。
最後シュート練習、俊哉と名波は反対のゴールでFKの壁用の人形とキーパー置いてゴール手前からFKを直接狙う練習。
ジュビロではクールダウンのランニングは全体まとまってやってなくて練習終わったら各個人がやる形式で、残ってシュート練習したり、FKの練習したり各自課題を持ってやっていた。なお直接FKの練習は名波、俊哉以外の普段は蹴らない選手もやっていた。
居残り練習でサイドからのクロスをゴールに背を向けた状態からワン・トラップしてシュートをしていたが、最後は遊びも入っていてオーバーヘッドをやっていて、そのとき西が、「俺が手本を見せてやる、見とけ」と他の選手にいったあとにクロスにあわせて胸トラップしたボールが思い切り顔面にぶつけてうずくまっていた。

周りにいた選手、見学者爆笑!

西はそこに居づらくなったのかそのあと対面のゴールでやっていたFK練習へ逃げるように去ったのであった。

その弐につづく。
[PR]
by somewheresw | 2004-06-29 21:18 | 遠征記

磐田遠征6/24午前

朝6時半に名古屋に到着。
名古屋駅でせっかく名古屋にきたのだからと「きしめん」を食べてから東海道線を乗り継いで約2時間かけて磐田へ。
磐田は今回初めて降りた駅だったが、磐田駅周辺はまだあまり再開発されてなくて昔ながらの街並みがおおく見うけられました。

ジュビロHPから地図などプリントアウトした資料を頼りにバスに乗って目的地であるジュビロの練習場である大久保グラウンドに約30分かけて行く。

24日は午前9:30よりサテライト、午後3:00より全体練習がありました。
最初、隣にあるゆめりあのグラウンドにいってしまい「あれ、中止?」と勘違いしてしまったが、看板があってなんとか大久保グラウンドにたどり着いた。

大久保グラウンド付近は吉田に似て周りに緑囲まれた町外れといった感じの場所でした。街との距離はこっちのほうが近いですけどね。

朝のサテライトの練習はフィジカルトレーニングでした。
サンフでもよく見られるコーンなどを使う瞬発力強化のものや、サッカーフィールド内の大体両方のペナルティーエリア端付近にポールを立ててその四方1辺と対角線を選手が何周もインターバル走していた。インターバル走はかなりハードにやってました。

私が見てわかる選手ではカレン・ロバート、森下など7人が参加してました。
朝はサテでフィジカルだから見学者は5人程度。年配の方、10代か20代の地元の女性サポ、40台の男性、あとジュビロの若いキーパーのファンで韓国ソウルからわざわざ見にいたという20前後の韓国人の女性そして私。
当日朝は快晴で暑くて見学スペースには屋根がなく少ない木陰を求めて近くに見学者が集まったので年配の方を中心に色々話をしてました。

大体1時間くらいで終わり、暇だったので4人につきあって選手の出待ちをしました。
大久保グラウンドの場合、クラブハウス横の駐車場の奥の辺にある、柵で囲われた「交流スペース」でサインをもらうような仕組みでした。
そこでの地元女性サポの話だと頼んでも滅多にサインをしてくれない選手が(トップばかりでなくサテでも)いるという話は、練習後ならほぼサインがもらえて、しかも人によっては会話すらできるサンフしか知らなかった私にはかなりカルチャーショックでした。
人気チームだからサポが増えてなにかトラブルがあってスペースなど制限が設けられて、選手も警戒するようになったのだろうか。
あとで2chにファンサービスについてのスレがあったので見たが、人気チームほどサービスは悪くなっているようです。

しかしそのときは人数が少数だったためか、取材関係でこなかったカレン以外はサポが声をかけた選手全員交流スペースに来てサインとかカメラ撮影に応じてくれました。

朝の練習が終わり、午後3時まで暇になったので年配のサポーターの方が親切に車で近くにある、たまにジュビロの選手が行くという和食屋まで連れて行っていただいて昼定食を食べた。さすが選手が行くというだけあって内容はよかった。

以下は午後の部につづく。
[PR]
by somewheresw | 2004-06-28 06:20 | 遠征記

6/26磐田戦など

結局、完敗。
審判は批判されても仕方がないが一方的に酷かったわけでなく双方に変な判定があったのでお互いに条件は同じ。リカルドが倒れた経緯はどうであれ選手が倒れても審判が止めないと試合が止める必要がなくなったのは今年からの傾向だからセルフジャッジで隙をつくった広島側がそれほど文句はいえまい。

せめてジュビロが優勝してその喜ぶ姿を見てその悔しさを今後の糧にでもできればよかったのかもしれないが横浜FMも勝ってそれもままならず悔しさというよりも、ただ虚しさだけが残った。

2日間ジュビロの練習を見たその練習どうりに試合でもプレーしていた。広島は練習したことがと本番できていないことが間々見受けられるがそこはさすがだと思った。一方で立ち上がりとセットプレーが弱点である点もそのまんまだったのは面白かったが。
それにしても小野監督も言っていたが、サンフの選手は90分間ハードワークできずジュビロの選手は90分ほとんど交代がなして多くの時間帯でボールを支配していた。

またこの試合では2人の10代の選手が出場した。
高萩・前田の2人だが強いジュビロ相手に後半果敢にプレーしていて厚い壁にぶつかったと思う。ジュビロに通用した部分、通用しなかった部分があったわけで、それを反省して今後につなげて欲しい。ほかの選手も同様である。このチームは若い選手が多いのが成熟した選手中心であるジュビロと異なって持てる希望である。

後日書くかもしれないが、広島が最終的に目指しているサッカーはジュビロがやっているものより高いレベルにあることは3日間磐田で練習、試合を見ていて感じた。ただそれを完成させること、ジュビロのような勝者になるためのメンタリティーを身に着けることは容易ではないことも感じた旅だった。
[PR]
by somewheresw | 2004-06-27 09:46 | sanfrecce

浜松より

昨日今日とジュビロの練習と浜松の観光をしました。
昨日は天気がよかったのですが、今日は雨で蒸し暑い。


ジュビロの練習は昨日大久保グラウンド、今日ヤマハスタジアムといきました。
ジュビロのサポともサンフファンであることを隠して話をしまして、面白いことにサンフと同じく無駄なパス回しに酔っていて攻撃が遅くシュートが少ない。そして最近は特にFWが点取ってくれないと嘆いてましたが、練習ではサイドチェンジやらアーリークロスからの攻め、セットプレーの練習をやっていてサンフの練習よりもゴールを決めていた(苦笑)

練習を見ていてジュビロの選手はゲーム形式の練習になると良く声が出ていて私自身感心していたらジュビロサポが
「今頃になって、ようやくやりだした。新潟戦のころからこういう風に声を出していけばよかったのに」との解説が。昨日今日観た練習ではジュビロはいい内容に仕上がってきている。
全体的には広島・磐田チームカラーはお互いに似たところがあるように見ていて感じました。でも、サンパイオホームラストでも煮え切らない試合をした広島といざとなったらやる磐田。差はやはりあると思います。

ジュビロのいいところを書いてきましたが、ファンサービス、選手への近づきやすさは広島の方がいいと思った。これらについてはまた後日。
[PR]
by somewheresw | 2004-06-25 18:03 | 其の他

      大木     元気       
          浩司
     
服部  サンパイオ   李  駒野

    吉田  リカルド  小村
       
          下田

sub 佐藤昭、吉弘、前田、高萩、?


今日、下に書いたように吉田に行ってまいりました。
今日はサンパイオが今週で最後というのと、来週以降しばらくリーグ戦がなくなるからか普段の倍は見学者がいました。サンパイオは練習後TVのインタビューを受けていました。7/3放送予定らしい。
練習ですがボール回しやら戦術確認などしてその後、紅白戦2本ありました。
2本ともゴールはなかった(う~ん)。見ていて中山元気の動きの出しよさが目立ってました。今の元気は素直に応援したくなる感じです。彼は励ますと喜ぶので、試合中野次るよりも「いいぞ元気」「どんまい、がんばれ元気」などと励ましてやるといいと思います。

ほかのFW選手も中山元気のように動き出しがよくなればいいのだが、特に茂木なんかが中山元気のいいところ盗む気になってくれればレギュラーに近づくと思うんだがなぁ。
[PR]
by somewheresw | 2004-06-23 16:14 | 練習レポ

今週の予定

ここを見ている方にはどうでもいいネタですが、私の今週の予定でも。

明日は10:15からあるサンフ吉田の練習見学。その後、旅支度をして22:13中筋から名古屋行きの夜行バスに乗る。
24日名古屋に着いたら朝食食べ、磐田に移動。そこから磐田の練習場にいって磐田の練習を見学。25日も練習見学。その空いた時間で磐田なり浜松の観光でも。
26日は当然ヤマハスタジアムでジュビロ戦観戦。

私自身、今までサンフの練習はよく見学しているのですが、他のチームの見学をしたことがないのです。できるなら今国内でも有数の実力のあるチームの練習を見てサンフの練習とどういった違いがあるのかが見たくて、今年春ごろから計画を練って夏期休暇をとって浜松に宿を手配して行くことにしました。一人身だからできるんでしょうね、きっと。

練習レポはいずれ書くつもりなのでお楽しみに。
[PR]
by somewheresw | 2004-06-22 21:36 | 其の他

6/20サテC大阪戦

今日は吉田に試合開始前にクラブハウス前でサンパイオが今日発売の本の営業兼ねてサイン会やってました。結構人が集まっていて列が試合開始後もしばらく途切れなかったです。私も試合開始前にそこで本を購入し本と今週行く予定の磐田戦のチケットにサインしてもらい「磐田戦行くのでよろしくお願いします」と話しました。チケット使わずもう1枚買ったほうがいいのだろうか?


セレッソメンバー
GK=羽田(→46分多田)
DF=柳本、福王、上村
MF=久藤、廣長(→59分カブラル)、山城、斎藤、米山
FW=御給(46分→中井)、苔口



一方サンフのメンバーはこんな感じ。
前半
       田中
  松浦       茂木
     
高木  桒田 高萩  木村

   八田 大久保 西河
       
       佐藤昭

後半開始時
       田中
  木村       松浦
     
高柳  桒田 高萩  高木

   西河 大久保 八田
       
       佐藤昭
後半20分~
     木村 田中            

高柳  桒田 高萩  高木(後半31分→青山)

槇野  西河  八田 大久保 
       
       佐藤昭

だったはず。後半いろいろポジションが変わったのでもしかしたら少し選手のポジションが違うかも。


前半35分に松浦がボレーシュートを決めて先制するが、後半開始直後にセレッソの米山のゴールで追いつかれさらに後半18分苔口に逆転のゴール、後半30分に米山にまた決められて1-3、後半40分に木村がゴール決めるが結局2-3で負けました。

セレッソは上村をはじめよく声がでていましたが、サンフはいつもながらおとなしい。もう伝統なんでしょうか。セレッソの声掛けも聞いていて時にはチームメイト同士お互い責め合っているようなときもあり低迷しているチームを象徴するものでもあったが、お互いの意思を伝え合って何をしてほしいかを知るには役立っていると思うし、そういうシーンも見られた。サンフも試合中に声を出しあってポジションの修正、どういったプレーして欲しいか主張したほうがいいとおもうのだが。
あと、ユースの選手がよくドリブルで勝負を仕掛けているのは印象的だった。

さておまけ情報ですが、こないだリティーが来ていたがどうやらレンタル移籍の話は某FW選手が断ったためつぶれたらしい。あと一部で2人ブラジル人が来るという情報も流れていたがそれもデマで新入団は1人とのこと。
[PR]
by somewheresw | 2004-06-20 18:43 | サテライト

6/18前日練習

明日の試合、残念なことに私用でいけなくなったが、今日は昼までは時間があるのでビッグアーチに行きました。

来てみて18人いたがおとといの試合のメンバーにはいなかった高萩、前田などが来ていておとといのメンバーから誰がいなくなったか調べてみたら西河はすぐわかったが、よく見てみると和幸がいない。
まわりの話ではどうやら前回の試合中に膝靱帯を損傷したらしい。歩くことはできるらしいがおそらく1stステージは絶望。オールスターに仮に選ばれても辞退になりそう。

練習見ていて気になったのは大木の体が連戦のせいかかなり重そうだった。
明日スタメンの可能性は高そうだがはっきりいって心配。

予想スタメン

        田村
   前田       大木
       森崎浩
  サンパイオ   李
服部             駒野
    吉田   小村
       下田

sub 佐藤昭、高萩、吉弘、中山、?

元気、メンバー入りです。DFの控えは不明。

FW、MF、DFの中心選手を欠く布陣で戦わなくてはならないのでかなり厳しいが、サンパイオのホームラストゲーム、選手すべてがサンパイオのように気持ちの入ったプレーをしてサンパイオをいい形で送り出して欲しい。
[PR]
by somewheresw | 2004-06-18 20:20 | 練習レポ

一応見てみるか

結果だけは知っているのですが、今日の横浜Fマリ戦、酷い試合だったようで。
相手よりも1日少ない休息日で戦うハンディがあったしメンバー的にとても勝てるメンバーに見えなかったので0-2は予想の範疇です。

問題は土曜日にある新潟戦。ここで負けることになれば再び残留争いの中に入っていくことを意味してきます。サンパイオホームラストで行きたかったのですが、私用で行けなくなる可能性がでてきた。サンパイオのためにも何が何でも勝たないと。

今となっては鹿島戦勝ち急がず、引き分けでも勝ち点積み重ねる方向のほうがよかったように感じますね。
[PR]
by somewheresw | 2004-06-16 22:15 | sanfrecce