こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw

<   2004年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

7/30吉田練習

久々に吉田へ練習見学に行きました、暑かった。

五輪組をのぞいたトップの選手に高柳を加えたメンバーでやってました。練習生もいたかも。なお、チアゴ、大木、茂木、西村は別メニューでした。(チアゴはまだ時間がかかりそう)

今日は主に戦術確認のメニューが目立っていたように感じ、パスの受け方、ポジショニングなどの練習をしていました。
監督から「パスを受ける時、出すときに声を出していけ」と指示があったのが印象的でした。よく声出しているのは元気、外池が定番ですが全体的に前よりは声は出しているように思えました。
あと、ベットはやはり技術的には優れていていいパスを出してます。動きもよくなりつつあるのではないでしょうか。

一応スタメン組は
FW 盛田、中山、木村 
MF 服部、森崎和、外池、高柳
DF 吉田、リカルド、小村
それに田中、ハンジェ、吉弘が入れ替わりで入るといった感じです。

最後にジュビロでFKを直接ゴールへ狙うの練習する姿をよくみたせいか、誰も練習をしないのはどうなんだろうと疑問に感じます。こないだの前日練習でもベットしか練習やっていないし、五輪組が普段キッカーであるわけですが、若手が自分の武器にFKを加えようという気持ちは無いようです。今のサンフレッチェはセットプレーが特に良いチームじゃないんだから中村俊輔のようにFKで見せてくれるプレーをしてくれる日本人はサンフには当分出てこないように思う。
[PR]
by somewheresw | 2004-07-30 13:52 | 練習レポ

イラン戦見ながら

あいかわらず硬直化したメンバー起用です。
U23の山本も変だが、フル代表も・・・・・

中庸ってないのだろうか。
[PR]
by somewheresw | 2004-07-28 20:51 | 其の他
4-1(前半0-0)でサンフユースが勝ちました。
広島ユースの得点者は佐藤将3、木原1。

スタメン

       古本
  藤澤       松田
       野田

    保手濱   福本

遊佐  植野  田中   中山

        栗崎

サテに前田、森脇、桒田、槙野、藤井が参加したのか、1年生中心の修道大戦みたいなスタメン。

前半はこないだの修道大戦みたいに相手に支配されるかともいう心配もあったが、予想以上に中盤がセカンドボールを拾ったりして頑張ってほぼ互角の状況。中盤の野田、保手濱中心にボールを散らしていたりしてほぼ互角。今日は野田のキープ力パスの散らし方の上手さなど能力の高さを見ることができて、1年生中心のBチームの将来性、成長する姿を見る楽しさみたいなものがあった。
前半はあまり危ないシーンもなかったけど前線で落ち着かせられずに点取れそうな決定的シーンもほとんどなかった。
前半33分ごろに藤澤が足を痛めたかで佐藤将と交代。佐藤将はCFに入り古本は藤澤の所へ。

後半開始したころから、フジタSCが攻めにきて6分に右サイドから崩されて色々やっているうちにこぼれ玉を決められて先制される。さすがに30度を超える暑い状況で1年生中心のチームは疲れが出てきてこのままではゲームが壊れる恐れもあったからだろう、12分に柏木、木原を遊佐、古本と交代で同時投入。
その後、少し経ってからさらに大屋を中山と交代でいれて左サイドバックにいれて右に松田を廻す。
       佐藤将
   木原      柏木     
       野田

    保手濱   福本

大屋  植野  田中   松田

        栗崎

レギュラーの2人が入ってからは相手フジタSCのスタミナが落ちてきたこともあって、前線で基点ができてサンフユースが優勢になる。しばらく何度かチャンスを作るが後一歩のところで決まらなかったが、21分佐藤将が右足でシュート決めて同点。

その後もサンフユースペースで試合が進み、何度も決定的シーンがあったが決められず、延長戦あるいはPK戦も頭に浮かび始めた後半40分ごろ、左CKからまた佐藤将が決めてついに2-1で逆転。ゴール決めた佐藤将は喜んで応援していた私達のところに走りこんできて来て感激した。
さらに42分ごろに左サイドの大屋からのクロスをまたしても佐藤将が決めてハットトリック達成3-1。44分木原が抜けだしてGKと1対1になったところを決めて4-1。そしてこのまま試合終了。

試合後、監督がサポの方と話しているのを聞いたが決勝は同じ日に別の試合があるそうで今日以上の凄いメンバーになりそうとのこと。あと一誠はJビレッジでのクラブユース選手権に行かずトップとの練習に参加するそうです。
[PR]
by somewheresw | 2004-07-25 15:02 | ユース

6/23 前日練習見学

前日練習を見てきました。

予想メンバー

      大木       盛田

          ベット
 服部                高柳
      外池      森崎和      

    吉田   リカルド  小村

          下田

sub 上野、吉弘、茂木、田中、木村


ベットがいたり、新聞報道にもあった高柳がいたり、FWの木村龍朗がいたりと、五輪代表で浩司、駒野が抜けたところにフレッシュな人選がありました。それ以外に先週スタメンが2人いません。中山が情報によると練習中に腰痛になったためにメンバーから外れたのは行く前から予想できましたが、ハンジェの姿がなかったのは驚きでした。単にハンジェ自身が何らかの体調不良があったのか、それとも先週の試合においても、守備面では効果あるけど攻撃に移るときにパスミスが目立っていることからハンジェ以外の選択肢を探しているのか。

ベットは思ったよりも体が重くはなさそうで全体練習後にはFKの練習もやっていてヤル気はあるようです。広島では練習もブラジル人選手は通訳のジョゼさんが運転手となってまとめて連れて来るので遅刻もできないわな。

高柳は久々の右サイドバックですので、攻撃を期待されていない下がり目の事実上4バックの右状態の専守防衛気味になるかもしれない。あまり駒野のような過度に期待はしない方がいいと思います。

木村はシュートの上手さは相変わらずでいつか上がってくる機会もあると以前からおもってましたがそれがようやく実現しました。彼の場合も他の上がってくる若いFW同様にまわりとのコンビネーションが上手くとれるか、ボールに絡めるかが試合に出たときの課題になってくるでしょう。

FW2人、ベットはおそらく途中交代されるでしょうから変わってでてくる茂木、田中、木村など控え組の活躍も期待したいものです。
[PR]
by somewheresw | 2004-07-23 16:38 | 練習レポ
今まで19時からだろうと思い込んでいましたが、今日18時であることを知りました。

ちなみに私は当日休めずに、仕事でおそらく19時まで残業させられるでしょうから18時開始だと見にいけるなくなる状況です(涙)
[PR]
by somewheresw | 2004-07-21 20:55 | sanfrecce

大阪遠征記

今回は磐田・浜松遠征と違い、前日に行くことを正式に決めたくらいでほとんど無計画な旅でした。普通交通機関で大阪まで行く場合、18きっぷが使える期間以外では高速バスが一番安く上がる手段なわけですが、3連休の初日とあって前日にはもう完売状態でして、お金をできるだけ使いたくなかった私は、仕方なくJRの在来線を使って行くことにしました。

在来線を長い時間乗り続けることは、大学生時代から慣れているので本を読むなどして時間をつぶしながら途中あやや出身聖地の姫路に途中下車して昼飯を食べて、その後大阪のミナミへ午後2時ぐらいに着きました。
大阪ではバーゲン期間なので色々服飾店を見て回ってTシャツとタンクトップを1つづつ買う。跡で思えば安物買いの銭失い状態だったような・・・。
その後軽く夕食をとって長居へ。長居へは地下鉄が時間的にはかからないのだが、少しでも安く移動したかったのでJRを使って長居へ行った。

長居周辺は下町情緒のある場所でして駅前に商店街がありました。駅で今年、関西方面に行かれた知り合いの家族に出会って、あとでスタジアムで落ち合うことにしていったん別れて、10分くらいでスタジアムに着きました。

長居スタジアムはやはりW杯会場らしく、大きい割にはゴール裏でもそれほど悪くはない眺めでした。セレッソはグループリーグ敗退濃厚というのもあって観客は少なかったです。それでも5千人入っていたらしいので器がでか過ぎたのが空席の多さが目立つ要因だったのでしょう。

試合はこないだ書いたような内容で決めて欲しい人が決めて、しかもマリノスが3点差で負けてくれて満足して帰ることができた。
帰りだが、無計画な旅だったので宿も確保してなくて、一応試合観戦後に新幹線を使えば終電で家まで帰られることができたので宿代と思って特急料金払って家に帰りました。新幹線の中では半分以上寝てて、次の日も昼寝しまくった。

教訓:遠征いくときは1週間前にはちゃんと計画を立ってから行こう。
[PR]
by somewheresw | 2004-07-20 22:01 | 遠征記

7/17 ナビスコC大阪戦 

月手取りの1/10ぐらい使ったけど行ってよかった。なんか久々にトップチームが勝つ試合を見た気がします。残念だったのは、C大阪の大久保がキレて退場するシーンが見たかったですがベンチにすらいませんでした。広島は駒野・浩司だしているんだからわざわざ大阪まで来たのにサボるな。

C大阪は監督が変わって2週間も立っていない状況なのでチームができていないせか、個人突破以外怖いと思うシーンはあまりなかったし守備も堅くはなかったです。DFは組織、DFの個人能力双方に問題があると思う。でも、新外国人のMFマリオ(京都にいたらネタになっただろうが)はチームになじめばかなりやりそうで他にも森島など個人能力のある選手が少なくはないので小林新監督がお盆までにどのようにチームを立て直すかがJ1残留への鍵になりそうです。

さてサンフに話を変えると、茂木の積極性が印象に残りました。この日の茂木は今までの「茂木さん何処?」状態が少し改善されてボールに絡んでて、DFに背を向ける状態でボールを受けても前に振り向いて1対1で勝負してシュートまで持ち込める技術、スピードがあるのはサンフFW陣では貴重なキャラクターです。この日のゴールはゴールへの積極性が結びついたものと思うしこの姿勢を続けてもらいたい。あと元気のレベルまで動き出しの速さをつけてポジショニングがもっとよくなればレギュラーに間違いなく取れると思います。

盛田はポスト役としては元気と違って身長を生かせるほどのヘディングの技術はあり、前半はイメージどうりの足元だったが、後半にはいままでのイメージを打破するような相手DFに競り勝ったあとの左足でのGK頭上を超えるドライブのかかった綺麗なループシュートでのゴールは奇跡なのか。毎試合こういうプレーできればまちがいなく彼もレギュラー。ビューティフルゴールのおかげで「も~りた~」とゆっくりいいながら両手をバンザイするときのような仕草をする個人コールがつくられました。
話が脱線するがコールにアクションを加えるのは面白い試みだとゴール裏前で一緒になってやってみて思いました。他にも増やしたらいいのではないでしょうか。

元気は動き出しの鋭さはFW3人の中では一番いいがヘディングのダメさ加減は相変わらずで誰か元気にヘディング上手くなるコツ教えてやってください。

カズはもともとボランチだからか無難にこなしてました。でも昔のように一人で突破してシュートを撃てそうな場面でも周りの選手を探してプレーが遅くなって前目にいたころのようなシュートへの積極性がなくなったのは残念でした。そういうところがアテネへの分岐点になったのかもしれません。

気になったのは、公太が1st後半の不調から脱することができてなくてセレッソDF相手でも彼らしい突破やクロスが見られなかった。ハンジェも守備面では貢献するシーンはあるものの、パスの精度のなさは頭を抱えるほどで、いまのままならポジション取られるでしょう。吉田がシーズン初めごろと違ってDF面のミスが多く見受けられてプレーの質が落ちていたのは今後の不安要素になりそう。逆にいえば吉弘、大久保、八田など若いDFはポジションを奪うチャンスが近づいているといえます。
[PR]
by somewheresw | 2004-07-18 08:36 | sanfrecce

明日大阪行くぜ

とりあえず、大阪に行く気力があるで長居行きます。
チケットも買ったし消化試合に近い内容になるかもしれないですが、キャンプ明け初めての試合で色々見所もあると思えるので行くことにしました。
[PR]
by somewheresw | 2004-07-16 19:18 | sanfrecce

オリンピック代表

今日チュニジアと試合していましたが、チュニジアの方がいいチームにしあがっているのが目に見えてわかります。2年前フル代表は圧勝しましたが、アフリカチャンピオンになったり、チュニジアは着実に上昇してますね。

今日の試合みていると、2敗はしそう。オーバーエイジ枠3つ使ってまで本気で取り組んだ末のグループリーグ敗退の言い訳を山本氏がどういうんだろう。「1対1に負けて選手の個人の能力が低すぎた」とでも言いやがるんだろうか。

つうかアトランタ五輪代表のようなおもしろい内輪話がでてくることを期待してます(爆)
[PR]
by somewheresw | 2004-07-14 21:26 | 其の他

フットボール・バー

自分は広島市郊外在住だから月1,2回程度しかいかないのですが、「ファンタジスタ」という店に行ってます。
こちら

先週土曜日に約一ヶ月ぶりにいったのですが、そのときはちょうどJ2の福岡vs札幌の試合などやってました。そこで周りの方とも話をしたのですが去年と違って気楽にJ2が見られる。そのときは私はどちらかといえば元サンフが多い福岡を推して見てたのですが、周りは判官びいきで札幌推し気味で観戦。福岡が惜しいシーンになると頭抱えたり「あ~」とか言うのだがニュアンスが違っていて面白い。
そのときは「福岡の林どうなっているんだろう」とか去年J2いた影響か、それなりに詳しくJ2について話ができてしまう。
しかし、そのあとにセリエA総集編に変わったら海外サッカー談義。「こいつウチにこないかなぁ」とか時々サンフ関連になったり、まったくサッカーとは関係ない方向に脱線したり。
セリエA総集編が終わってつづいてコパ・アメリカのペルーvsエクアドルを見る。ペルーのできに驚きながら見る。

こういう風に店に行く目的は試合みること以上に、それをネタにサッカー好きな方と話をするのが楽しいというのが大きい。こういう溜まり場は大事にしていきたいです。
[PR]
by somewheresw | 2004-07-12 19:59 | 其の他