こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2004年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

前半最初のころのいい流れで1タッチパスで次々とつないでゴール前に迫るサッカーをしているのを見たときは、チームが確実に出来上がりつつあるように感じました。前半10分のベットのゴールまでの流れは久々サンフレッチェのゴールシーンで「凄い」と思いました。
盛田もなかなかよくポストプレーもしていて機能していたように思えましたし、ベットは攻守を含めた技術面ならサンパイオの穴を埋める以上の働きでした。かつて「サンパイオの後釜が途中帰国ベットなの?」と不満でしたが誤らなければなりません。このまま好調を持続して欲しいと心から願います。

しかし全体的には引き分けで妥当といえる試合内容だったような気がします。

理由は悪い流れのときにそのまま受け身になってなかなか流れが変えられないところ。流れが悪いときに守備でボール奪ったときは、あわて前に蹴りださずに味方同士でもっとスローに落ち着いてキープなりしていればいいと思うのだが、ダイレクトパスとかリスタートのゴールキックなどがミスで相手ボールになってピンチがまた来るというなんか悪い流れの連続が続いているように感じました。もしリーダー役だったサンパイオがいなくなったダメージがここに現れているのだとしたら残念です。
あと素人目に思うので間違いかもしれないですが、小村が年齢からくる衰えからか玉田に振り切られたり、相手のスピードを警戒してか守備のラインが低かったように思えました。また、大木が試合前に私が思っていたようにスタートからではなかなかいいプレーが見ることができなかった。

とりあえず今のチームで課題は、盛田の相方のFW、リカルドの相方のDF、フィールドに明確なリーダー役がいないこと、GK下田のキックの精度の低さ、でしょうか。右サイドは高柳個人の問題もですが、それより彼がミスしたときそのミスを埋め合わせることができないチーム全体的な問題の方が大きいと私は思います。

柏もだが、C大阪もチームがかわりつつあるし、新潟も反則といえる3トップ外国人FWという現実的戦いで勝ち点を積み重ねているし、入れ替え戦進出争いの流れはまだ読みきれません。一歩間違えればまだサンフレッチェも最下位になる可能性はあるし、まだしばらくは後ろが気になる試合がつづくことになりそうです。
[PR]
by somewheresw | 2004-08-31 18:02 | sanfrecce
実況が広島経済大学びいきなのはムカついた。しかも「これまで主力組で勝ち上がってきた決勝」と抜かしていたが、主力が出たのは初戦、せいぜい2回戦修道大ぐらいですよ。もっと勉強してくれや、NHK広島さん。

試合ですが前半2点取ってリードしていたのですが、高校1年で今までの試合でも後半はスタミナが切れる傾向があり、この日は前試合までと違って控えに主力がいないし後半に前半見せたような素早いプレスかけられるかというのが心配であったが、経済大学は今までの対戦チームにいなかった得点元になりうるスーパーサブが後半からでてきたFWにやられて追いつかれてしまい延長ドローで終わってしまいPKで負けた。試合後どのような表情だったのだろうかあまりTV中継で見られず残念ではあった。去年の天皇杯のように悔し泣きするくらいならこれからにつながると思うのですが。

あと、腕にケガしていた横竹君がフル出場には驚いたがこの日出ていたFWの選手では軸の一人となっていたし、将来ケガに強い選手になれというメッセージだったのだろうか。とにかく来年のユースはフィールドプレーヤーに関してはこの日でた選手に2年生と平繁・野田のU17候補がいて選手層が厚くなってきそうです。心配はキーパーの背の低さ手足の短さでしょうか。
[PR]
by somewheresw | 2004-08-30 22:26 | ユース

無念

昨日、仕事中にバイクを転倒させてその際に左足を巻き込んで倒れたため左足ふくらはぎがかなりひどい打撲になってしまい今日ビッグアーチには行けなくなりました。
去年年末も天皇杯一回戦見に行こうとした前日に同じケガをして自宅でTV観戦になったし、どういうことなんだ!

さてトップですが、水曜日の紅白戦トップ組がそのままスタメンみたいです。今のところ最下位ですがそれは有力選手を代表で引き抜かれたからだとか若いチームで一旦悪い流れになるとそれを変えにくいという面があるためで、本来は個人能力は高いチームで油断はできないと思います。何かきっかけをつかめば13試合で勝ち点18は十分稼ぐ潜在能力はあると思います。
一方サンフレッチェは現在勝ち点18で、柏戦に勝つと勝ち点が21になり柏との勝ち点の差が9点になり、入れ替え戦出場を逃れることにかなり近づくのでぜひとも勝っていただきたいし、最悪でも引き分けて柏にこれからの試合にプレッシャーを与えられるようにしてもらいたいものです。
[PR]
by somewheresw | 2004-08-29 05:44 | sanfrecce

ふと思ったが

台風16号の影響であさっての全広島決勝延長ってありえないのだろうか?

基本的に高校1年対大学生というのも凄いが、もし暴風雨の中での泥んこサッカーな試合になったらフィジカル面に劣るユースがますます不利になりそうです。
[PR]
by somewheresw | 2004-08-27 21:07 | ユース

8/26吉田練習など

今日はトップは1対1でのボールを使ってパス交換などの練習、セットプレーの練習の後に控え組との紅白戦3本がありました。
紅白戦の結果はスコアレスドロー。
1,2本目はベストメンバー、3本目は少しメンバーを変えて行われました。
一応トップ組1,2本目

     盛田   大木

高萩            浩司
     ベット   和幸

服部  小村    リカルド 高柳

        下田
こんな感じ。浩司と高萩がポジションチェンジしたりとかMFのポジションは流動的でした。浩司がオリンピックの疲れもあまり感じさせずに元気に動き回っていました。

3本目

         中山
   ベット        浩司
         木村
     高柳     和幸

服部  リカルド   吉田  高木

          林

木村が正確にはトップ下ではないかもしれないですが、元気の1トップ気味のシステム。

基本的にトップの方が攻撃の形はできているのだが、ゴール前に迫るといつものようにパスの出しどころが限られて潰されるとか、ごくたまに裏をとったときにはシュートミスなど相変わらずといった感じ。ゴール前に迫ったときにドリブル突破といった選択肢を持っていない、あるいは「パスは最大の武器」と著書に書いた監督の指示でドリブル禁止令があるのか、本当にパスが多いチームである。私見だがベットはドリブルである程度は行けそうなテクニックがあるのだから、ボランチでなく、もっと高い位置でゴール前で勝負させてみたらいいと思うのだが。
サンパイオがある意味で森崎和幸のボランチとしてのお手本となったように、ベットを森崎浩司にとっての攻撃的MFとしてのお手本として使えたらいいのであるが。       

サブ組では、DFの大久保が1対1でも負けなくなり1年前よりよくなっている。1,2本目はセンターバックだったが3本目は右サイドバックをやっており、U19で高柳が抜けたらもしかしたら穴埋め要員になるかもしれない。

ユース編
[PR]
by somewheresw | 2004-08-26 16:47 | 練習レポ

不幸中の幸い

駒野選手のケガが一ヶ月で直りそうとの事で、とりあえずチアゴが今期絶望でもしかしたら駒野もという中での少しは明るい話題となったと思います。盛田も練習に復帰しているらしいし。

万一、高柳とか代わりの右サイドバックの選手が駒野欠場の間に急成長すれば、左サイドバックに駒野、左MFに服部というオプションもできてくるでしょうか。実現性はほとんどなさそうですが。
[PR]
by somewheresw | 2004-08-25 23:20 | sanfrecce

未確認情報ですが

次の日曜日ビッグアーチである全広島決勝でサンフレッチェ広島ユースはAチームで来るという話を先日某飲み屋で聞きました。なんでも先週サンフレッチェ関係者がそう話していたと。
がしかし、そのサンフレッチェ関係者がユースと直接係わり合いない人だそうですし、私が直接仕入れた情報でないので 東スポのUFO記事くらいに頭に入れて置いてください(ぉぃ)

追記
やはり誤報であり、29日はBチームでいくようです
[PR]
by somewheresw | 2004-08-23 22:47 | ユース

8/21セレッソ戦

2-1、逆転での勝利。
とりあえず、チアゴ、駒野抜きでのしばらくの間における戦い方の道筋が見えたような試合だったような気がします。(現状ではチアゴはもう退団していなくなったと思ったほうがいいような状況なんですが)

ベットをはっきりとトップ下にして、右サイドは高萩、高柳のコンビ左は公太と吉田を使う。FWは前半は茂木なり田中俊也とか田村と盛田、盛田がダメなら元気と組ませる。そして後半に大木を投入が今のところベターな選択なんでしょう。和幸1ボランチというのが少し不安ではあり、左右のMFが上手くコンビネーションをとってカバーできればいいと思う。小村は空中戦で勝てなくなっており先月長居でも感じたが、そろそろDFは世代交代が必要になってきたかも。ほかに問題としては、右サイドの2人は9月になるとU19アジアユースに召集される可能性が高く、その間の戦い方がまた苦しいことになってきそうですが。。。

21日の大木は直射日光がなく気温も30度なかったからか動きがよく(本人も談話で思ったよりも動けたとあったし)ベットとの相性もよいみたいなので体が動ける気候になればスーパーサブとしてかなり期待できそうです。ただ監督が頭から使うとフィジカル面で相手DFに跳ね返されるでしょうから相手が疲れてきた後半投入が大木を使う上絶対必要条件だと思います。

茂木は動きに連動性が悪いところあるのですが、10分に1回くらいはターンして前を向いて突破しようとしてゴール前ファールをもらうところもありゴールへの期待感はある。平均的仕事をするプレーヤーを好む小野監督の好みではないのだろうが、動くことは安定しているのだが平均的にFWとしての技術的に低いレベルにある元気よりは一瞬でも相手に脅威を与えるプレーをする選手の方がFWとしては魅力があると思うので、後半大木投入への当て馬でもいいから、もう少し一誠みたいに我慢してスタメンで使い続けて欲しい。実戦でトップの面々とプレーして鍛えていかないとないと周りとの連動性はあがる可能性はないわけですから。

それでも茂木がダメなら高萩、高柳とコンビネーションが取れるはずの前田俊介を試して欲しい今日このごろ。
[PR]
by somewheresw | 2004-08-22 07:52 | sanfrecce
もしかしてレポートを期待されている方がいるかもしれないので一応。
行こうと思った時間が雨が降っていてそのうえ強風が吹いていたので練習をきちんと見れそうにないと思ったので、台風の影響が心配で今日は吉田に行くのをやめました。


あと、ここを見る方にとってはどうでもいい話ですがYahooのファンタジーサッカーで私のチーム(ゴールデンフィッシュ柳井)が2ndステージでの第一節が124fp稼いでその節で全体の首位になってしまいました。何かもらえるわけではないけど188581チーム中で1位って気分がいいですね~
ちなみに柳井なのは母親の実家があるからです。
[PR]
by somewheresw | 2004-08-19 15:30 | 其の他
ストライカーの能力の差もあったでしょう。(ちなみに今、若年層ではストライカー育成プログラムもしているようなので5年後にどういう成果でてくるかは楽しみ)。
しかし、2年もの間他のどの五輪チームよりも十分に時間を与えられていたはずのチームが戦い方を固められずにここまで来たのが最大の敗因でしょう。
なんかイメージ的には2年前に受験勉強始めたけど、今まで使った学校の教科書を否定して他の勉強法を探したものの、どの参考書・問題集を使って勉強するか迷って色々やってはみたがどれも中途半端で長続きせず、1次試験は一夜漬けでなんとか足切りは免れたが、本試験ではボロボロな結果に終わったというイメージ。使う教材が悪いのではなく使い方が悪かったんだよ、山本さん。
日本A2代表監督(いわゆるB代表ってことか)になるという噂もありますが、この代表でまた森崎兄弟、駒野そして服部公太とかが呼ばれて奴にかきまわされる危険が、、、もう一つの噂であるジュビロの次期監督になってもらうなりしてサンフレッチェと係わり合いがないところにいって欲しい。
[PR]
by somewheresw | 2004-08-17 21:53 | 其の他