こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

中国新聞より

今さらながらの話題だが一応触れておきたいので。
2005年の決算が4/25の株主総会で発表されて、売上高は1億9200万増の23億400万円であったものの総事業費が24億7400万円(3億6200万円増)で経常損失が1億6400万円の6期ぶりの赤字となった。(売上高と事業費の差額の600万円は雑収入でもあったのか?)

2005年度が赤字になる可能性が高いということは去年の今頃に2004年決算について書いたときにも触れており個人的にはある程度折込済みであった。

中国新聞の記事からわかるものだと

売り上げ(収入) 23億400万円
うち
入場料収入      3億4600万円 (昨年比  3100万円増)
スポンサー広告料 12億7600万円 (昨年比 1億7600万増)
グッズ販売       1億1300万円 (昨年比 金額不明だが増)
Jリーグ分配金     2億5500万円 (昨年比 1億400万円減

入場料の増収は年間入場者総数が公式試合20試合で13000人減の22万7千人(1試合あたり11350人)で去年が公式試合18試合で24万人(1試合あたり、約13333人)、1試合あたりでは2000人近く減少したものの、入場料・年パスの値上げが貢献。

スポンサー広告料はユニホームスポンサー(ズボン裾)であるアーバンコーポレーションが加わったり、またJ1で7位の実績から4社スポンサー料の増額を得たことで増収。
一方でJリーグ分配金は、昨年はJリーグのチームが徳島・草津が新たに加入、そしてJ1のチームも2チームに増えたことから分配金の割合が減っての減収だろう。

一方で
総事業費(支出) 24億7400万円
うち
チーム運営費   15億7200万円 (3億2200万円増)

チーム運営費は寿人の移籍金が推定1億6000万円、またジニーニョ、茂原、池田などレンタル選手のレンタル料の関連で増えたものと考えられる。

なおこの決算に、久保允誉社長は「(赤字にはなったが)選手層の厚みというストックができた。今後は身の丈に合った経営も視野に入れ、本年度は黒字にしたい」と話したことから今年は選手の売却も含めた戦略を考えているかもしれない。
そりゃ寿人を来年売れば最低でも2億円、駒野もほぼ同じ、森崎和幸も似たようなものだから選手はある意味では含み資産である。

この収支報告をみると収入の55%以上がスポンサーからのもの、一方で入場料の比率は約15%である。しかもその入場料収入くらいは主力選手2人売ればお釣りが来るくらいの収入を得ることも可能。

こりゃ、サポなんて所詮周囲の雑音程度のものと思うチーム関係者がいてたとえ糞試合をして観客が多少減ってもそれほど経営に関係ないわ、と思っても不思議ではない。
たとえ、入場者増えても駐車場、警備、ゴミの処理などの経費がいるわけで、広告宣伝費に見合う収入が期待できないことから近頃以前と比べて入場者数増の取り組みがそれほど熱心でないように見えるのも判る気もする。

もしもサポーターがスポンサー収入に並ぶくらいの比率になって経営を左右するようになるには入場者数が去年の3.7倍。つまりビッグアーチが常時満員になるくらいの人数が来ないと無理か。まぁグッズ売上もあるから約3倍、一試合あたり3万人は入らないと。
[PR]
by somewheresw | 2006-04-30 22:21 | sanfrecce
残念な結果だった。

特にベットに変わって出た高柳が運動量、ポジショニング、パスの確実性有効性などベットよりも明らかによくてチームが活性化していい感じだったため結果が出て欲しかった。私には、彼はボランチならばあれくらいはやってくれる確信は今まであったわけで、次の試合でも一誠はボランチのスタメンで、ベットはベンチ外でお願いしたい。そうでなければ福岡戦、観る気が失せてしまう。

相手はリーグ戦ではここ5試合勝ち星がないとはいえ腐ってもJ有数の実力のあるチームのマリノス、しかもこちらはアウェー。現在、チームが壊れている以上あんなサッカーになってしまうのはくやしいが諦めもつく。昨日の試合は間違いなくJ1ではめったにお目にかかれないくらいの割り切った「ドン引き」ではあったが結果が出れば「カテナチオ」と称えられるくらいの今のサンフレサポには最高の試合になったのかもしれない。しかし最後は追いつき追い越されて勝てなかった。

疲れが見えた戸田から八田への選手交代で結果的に中盤が薄くなり、相手のパワープレー対策と入れた八田はハーフナーを抑えることができなかった。監督が何を狙っていたかはわかるがハーフナーの規格外の高さにやられて結果がついてこない、つらい。

この日出ていたスタメンの選手達はよく頑張っていた。
前線でボールがキープできず起点にならないと揶揄される上野もあちらこちらに動き回り、そして前線からDFラインまで下がって守備を徹底的にした。凄い運動量だ。今の広島風カテナチオなら彼を外せないのはよくわかる。
下田は確実なセービングと今まで見たことがないようなフィードからの寿人へのアシストをし、盛田もPKを与えたが、それまでは良く守っていた。吉弘は試合に出るたびに安定感がでてきている。戸田は軽いプレーが少しはあったが足がつりそうになるまで人数の少ない中盤で守備に奔走していた。ウェズレイもよく動いていたし、寿人は決定力のある彼がいるからこそできる広島風カテナチオサッカーで彼の敬愛するインザーギのように得点を決めた。

だからこそ勝ち点が欲しかった。

この日の反省を活かして望月暫定監督でのリーグ戦あと2試合、いずれかで1勝上げて欲しい。 2連勝と強気に書けないのがつらい
[PR]
by somewheresw | 2006-04-29 20:27 | sanfrecce
明日は5試合勝ち星のないマリノスが相手。しかも怪我人続出で苦しい状況みたいだ。

ただしウチは開幕以来勝ち星なしで、去年調子がいいときですらこんなメンバーに負けるくらいですから簡単な相手ではない。つうか簡単な相手など今の広島相手ではJ1には存在しない。

そういうなかで、今日こそは広島の「ドン引き中盤省略5バック」が上手くいくか。現在広島の中盤ではパスミス王ベットが出場停止でいないことから中盤が少しでも安定すればうれしいがドン引き5バックなので劇的に変わるというのは考えづらい。ほかには、かつて広島時代の久保を練習のときに圧倒していたという八田もメンバー入り。場合によってはシックスバックもあるか?

数少ないであろうセットプレーやら相手のミスを付け込んだカウンターで点を奪い取りあとはひたすら守りきって、今日こそは勝って欲しい。広島の地から念を送りながらテレビ見ます。
[PR]
by somewheresw | 2006-04-29 06:22 | sanfrecce
今年はサンフレがチームとして壊れてチームとして戦えていないと感じる。
小野監督が新戦術を組み入れて選手が混乱していたからとあるが最近の報道などを見るとどうも戦術以前のところでチームが壊れているような印象が強い。

つまり、選手個人が個人のことしか考えられない体質になってしまっていると。
理由はチーム内の激しい競争主義の負の面が大きくなりすぎたことが考えられる。

森崎浩司の日記を見ても、佐藤寿人のナビスコカップのジェフ戦後のコメントを見ても、主力と思われる選手でも自分がゲームに出たいという気持ちが第一で自分が出ていなければオレは関係ないといった感じで、選手個人がチーム全体的なことが見ることができない状態なのだろう。
また、先週のC大阪戦の前日練習のレポをここで書いたときにある方がメールで「サテだけが元気なのは自分のことだけを考えているからで、自分はトップと関係ないよと感じて自分のアピールばかり考えているからじゃないの」と言われた。

おそらくほとんどのサンフレの選手がこんな状態なのだろう。
もっともプロとしては試合に出なければ生活が成り立ったないわけでこうなるのは当たり前なのだが、今は個人ばかりに走ってチームに対しての忠誠心が薄いように感じてしまう。

ただ、これは選手を批判する意味で書いたのではない。私自身も経験上、個人への職場内での評価主義が徹底されると、職員が全員個人へ走ってしまい評価されないことはなおざりにしてしまって職場への忠誠心は落ちてチームワークだとかがガタガタになり、チームがガタガタでも個人がよければ問題はないと感じ、逆にチームが上手くいって個人の成績が上がらない状態が最悪に感じる、そういった悪循環になる傾向なのだ。そういう環境では職員相互の信頼感などは当然なくなるのである。

これと同じ状態と今感じてしまう。とにかくJ2時代も似たことがあったが、ベテランのサンパイオという信頼ある選手が「試合に出るのは11人だがベンチに入れない選手も含めて全員でチームは戦っているんだ」などとチームメイトを励まし、J1復帰Tシャツを自腹でつくるなどしてチーム、サポーターを鼓舞することでチームになんとかまとまりができて、なんとかJ1に戻ることができた。 キャプテンになった下田さんをはじめサンパイオとともにプレーした選手が今度はサンパイオのようにチームを引っ張って欲しい。そしてチームとして戦える状態に戻して欲しい。でなければ2003年に苦しんだことの意味は完全に消えてしまう。
でも選手であのTシャツ着てたのはリカルド・マルセロ・井川だけでチーム全員で着て欲しかったよ。結局はあの時もバラバラなんだよな。本当にダメなチームだ
[PR]
by somewheresw | 2006-04-28 08:17 | 雑記
このごろ仕事が終わるのが夜7時過ぎるので当然観には行けず、速報で0-4を見たときは

「どうなっとるんや!」

でしたが、後半に相手が退場者が出た後は一方的に攻めて1点差まで追い上げたようです。しかも後半はジェフのシュートがゼロ。ただこれはジェフが大量リードして人数の少ないのであまり攻める気がなかった可能性も。一説には後半も大量リードされているにもかかわらずC大阪戦みたいにDFライン低めで自陣ゴール前に人数かけ守備的だったという話も。

まぁ、こないだのC大阪戦前の「前半ダメ、後半希望を見出す」パターンの復活か?

3得点のうち、2点がCK浩司→盛田というパターン。もう一つが浩司自ら持ち込んでのシュート。
得点がセットプレーおよび個人能力頼りというのは変わっていないような印象。情報だとC大阪戦どようにDFライン引き気味で奪ったら中盤省略での立てポンサッカーだったらしく、私が以前妄想した形(下の部分)以前紹介したブログの記事のサッカーをしているようだ。勝ち点を求めるならばスタメンは失点防ぐために上野をディフェンシブFWとして使うのもいいだろうが、チーム全体的な攻撃の形がない現状では得点が必要な状況になった場合、寿人・ウェズレイ以外に交代要員で浩司・前田のような個人でも得点力のあるタレントが必要だと思うがこれからどうするのだろう。
後半最後には盛田を前線に上げてボールが収まったという話もあるので、 本当は縦ポンなら上野でなく盛田ターゲットなんだろうけどこれだとDFラインからのそれなりに精度ある縦ボール蹴られる選手がいなくなるからなぁ。槙野に大分の福元なみのフィード能力あれば即レギュラーだが槙野の課題はフィードだからしばらくノーチャンス。いっそのことDFラインにフィード要員で浩司やら一誠あるいは森崎和幸に早期復帰願うか?(苦笑) 本当に糞サッカーだ
[PR]
by somewheresw | 2006-04-27 06:07 | sanfrecce
現在、残留が懸かった大事なリーグ戦最優先のために、主力は可能な限り温存したいため2年前の4/29にあった過密日程中のナビスコカップと同じようなベストメンバー規定ギリギリで主力構想外の若手選手を半分以上入れたメンバーで戦うものと予想する。

戦い方は基本的には後ろで粘り強く守り、素早く前線にボールを送って攻めようとするやり方を引き続きしていくだろう。

リーグ戦に使える将来のある若手選手一人でも発掘できればもうけものだが、現在は残留に向けて経験を重視せざる終えない状況であることかリーグ戦での急激なメンバー変更は考えられず、2年前の青山のように得点をあげようがフェードアウトしてしまう懸念があるので期待できるのは出られない選手のわずかなガス抜きの効果ぐらいか。

ジェフは広島の小野前監督同様にオシムが4年目に入り神通力にチーム状態は斜陽に入ってきた状態。前回も0-1で敗れたがアウェーでも1点しかとられなかったことから、こないだのセレッソ大阪戦のよう守り方をしたら案外守りきれるかもしれない。
[PR]
by somewheresw | 2006-04-25 21:39 | sanfrecce

残留争い展望

昨日、残留争いのお仲間になってくれるかと思った甲府がマリノスにJ1でも有数の魅力のあるすばらしいサッカーで勝ち、仲間の福岡もようやくけが人が戻ってきて新潟に勝った。

いままで他チームのサッカーを見てみたが、広島以外で「こりゃ落ちそう」と思うサッカーしていたのは京都とC大阪、ほかに「このままでは低迷しそう」と思うのは名古屋である。ただ名古屋は強力な外国人FWを入れたら話が違ってくるだろう。
そして福岡だが、福岡は2年前のウチとよく似て守備は堅い一方で攻撃面が助っ人FWのケガで苦しんでいる感じ。助っ人が戻るか、助っ人に頼らない得点の形をつくれば残留争いは意識しつつもJ1は生き残ることはできそうだ。事実グラウシオがもどった新潟戦では勝利を収めた。

ぶっちゃけ、いまの状況は「まずは自動降格を防ぐ」ことを第一に考えなければならない状況なのだろう。

ちなみにC大阪と京都は次節直接対決。差を広げられないためには引き分けてもらいたい。
もし2チームが引き分けてウチが甲府のようにマリノスに勝てば自動降格圏から抜け出ることができる。

ワールドカップ中断まではせめて16位、できれば15位以上になりたいものだ。
[PR]
by somewheresw | 2006-04-24 21:45 | 雑記
前日練習やら事前情報でG大阪戦みたいな穴熊サッカーになると予想したが、その通りになった。

今日のテーマはとにかく守りの感覚を取り戻すことだったと思う。
だから攻め込まれる展開になる試合なのは覚悟のうえ。

結局は「ヒロシマCalcio経験論」というブログの4/21の記事の後半にあるような試合になった。

この内容にサポーターは悲観するだろうが、首脳陣は案外満足しているかもしれない。望月監督が会見で「勝ち点を1点でも多く挙げることを突き詰めていく」と語っていたのだから負けないことが最大目標だから計算どおりだったと思う。


とにかく目標は優勝から残留に変わったのだ。今は信じるしかないのだろう。
でもオレはこんな試合に金払ってまで見るほどの信者じゃないのでW杯中断するまでスタジアム行くならタダ券でしか行かないよ。チケットを私にプレゼントしてください、RCC、TSSさま
[PR]
by somewheresw | 2006-04-22 17:10 | sanfrecce
「監督交代直後のチームは買い!」と以前記事で書いたが、セレッソも同時期に交代で格言消滅。

ということで新監督対決&裏天王山と、計らずも注目の一戦になってしまいましたよ。

セレッソは情報によると

          西澤
      徳重     森島

 古橋              酒本
          下村
ゼ  ブルーノ  江添  山田卓
           吉田

という超攻撃的布陣らしい。広島の守備崩壊をツケ入る作戦か?

一方の広島。
実は今朝、ビッグアーチに行ってきたのだが、フォーメーション練習はなくどんな布陣か予想できない。ただ、和幸、ジニーニョ、大木が不在でメンバーにセンターバック5人(盛田はFW兼務かな)、ウェズレイ復帰を見ると多分3バックで大体こんな感じか
         
      寿人  ウェズレイ

         浩司
服部                駒野
      ベット   戸田

    吉弘  小村  西河

         下田


人選がわからないのですが、今までの主力を軸に今年のG大阪戦のような守備重視のサッカーをやっていくものと思われる。

前日練習感想
[PR]
by somewheresw | 2006-04-21 14:49 | sanfrecce
暫定の望月監督の後任として、日刊スポーツHPの19日の記事によると元鹿島アントラーズ監督「トニーニョ・セレーゾ」の名前が浮上している。
日刊の記事によると金銭面で折り合いがつくかどうかといった内容で終わっているので確定ではないらしいが、おそらくセレーゾが本命の交渉相手だと思われる。

理由は、まず現在フリーで実績ある監督経験者を探していること。そして日本人の監督育成方針を捨てたという記事を見ると探しているのは外国人であるだろうと思われること、チームで織田さんが強化部門で実権を握った後は外国人の補強はブラジル中心であること、そしてその補強もJリーグでの経験があるかどうかといった点をかなり考慮にいれていること、今は明らかに落ちているブラジル人のモチベーションをあげるにはそれなりの名の通った人間をつれてくるのがいいと思われるいうことなどが上げられる。

20日の中国新聞の朝刊にも新監督候補を「国内外問わず」「短期間で建て直しができる」「J1監督経験がある」「初のブラジル人の起用」を見るとセレーゾっぽいな。

ただしセレーゾ、ブラジルでは低迷していたグアラニの建て直しに失敗して2部落ちしてクビになったところを見ると「短期の建て直し」という手腕に関しては疑問を感じますね。 ブラジル人だと個人的にはサンフレサポの管理人が運営しているブラジルサッカーについて詳しいサイト「WSS from S」に推薦されているイヴォ・ヴォルトマン氏を見てみたい
[PR]
by somewheresw | 2006-04-20 05:40 | sanfrecce