こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日の中国新聞に「市民球場跡、民間提案11件に絞る」とあります。

絞り込んだ案は水族館・観光施設・平和関連施設・演劇ホール・文化施設・植物園・スポーツ施設など。

この中で唯一サッカー専用球場案を含む可能性が少しありそうに見えるのは、
「Sports Colosseum構想」
だが事業費が19億というのを見ると25,000人の鳥栖スタジアムで建設費が97億円という話があるので19億は少なすぎ。今の市民球場改装としても19億で済むとは思えないので違うものなんでしょう。

市民球場跡に新サッカースタジアム建設はなさそうですね。

追記
広島市HPのなかの有識者のpdf文章の7ページ目によると

閉鎖された空間(サッカースタジアム)が新たに出現し、大規模施設(サッカースタジアム)により平和祈念公園と中央公園とが分断される提案で望ましくない

とあり否決されている。おそらく彼らのいわく今の閉鎖された空間であり平和祈念公園と中央公園を分断する市民球場をヤード跡地に追い出したのだから採用する気ないわな。
平和左翼市長の息がかかった委員会らしい意見ですな。

そんなに平和都市やらにこだわるなら、いっそのこと靖国に代わる戦没者慰霊施設にしたらどう、左翼委員会の皆様

それにビッグアーチを使ってもらわないと、維持費ばかりかかるただのアジア大会の巨大モニュメントになりますから。市は現状のままビッグアーチを使ってもらわないと困るので作る気はさらさらございませんから、専用スタジアムつくるならもう県と組むしかなさそうです。
[PR]
by somewheresw | 2006-05-22 08:33 | 其の他
今日の昼は仕事だったので見ていないわけですが、勝ったようです。

ニッカンのスコア速報を見るとかなり攻め込まれたようですが今までの望月サッカーを考えると佐藤寿人様が1点とって相手をゼロ押さえ込めたところを見ると狙い通りの試合運びだったといえるでしょう。まぁアウェーですし今のサンフレのサッカーは結果さえ出れば内容が糞だろうが観客がどんだけ離れようがすべてOKですから。

どうせこのチームは中古・再生品を使うのはうまいが元々才能があるように思われた若い選手は上手く使いこなせないわけですから、J1有数の才能ない選手しかいないチームであることを自覚して、コアサポ系や物好き以外の観客がいないようなJSL時代並みの空っぽのスタジアムになろうともJ1に生き残る強い書覚悟をもってこのサッカーを今年いっぱい続けるのが現在最大の課題である「J2降格阻止」に役立つのかもしれませんね。
[PR]
by somewheresw | 2006-05-21 18:54 | sanfrecce
今は見ていてストレスの溜まるサッカーで決勝トーナメントはほぼ絶望的、そしてサッカー好きなら誰もが注目のチャンピオンズリーグ決勝が翌日早朝、しかも雨の平日という悪条件が重なって
「今日はニ千人台はいかんだろうなぁ~」
と思ったら意外にも2千人超える観衆が集まりました。でもチーム最低記録更新だそうで・・・

でも去年アウェーの3267人集まったヴェルディー戦同様に客が少ないとハッスルするのかこの日の試合はナビスコカップで負けても降格につながらないという気楽さもあって今年では一番見ていて楽しめた試合でした。

この日の広島スタジアムはピッチは水が浮きでボールがいたるところでイレギュラーにとまる悪条件でしたが、それがかえって今の広島の戦術「キックアンドラッシュ」戦法といっていいようなシンプルに縦へ急いでボールを送るサッカーにあっていた。サンドーニに日本代表が惨敗したフランス代表のようなチームならまだしも清水はボールが上手い具合繋げることができず、決定機は明らかに広島が上であった。

ただ代表漏れショックなのか寿人が、上野・ベット・ウェズレイの「望月サッカー3本の師匠」につづく「4本目の師匠」と化してしまい、以前なら決めていたであろう場面でも点が入らない。清水は後半37分にマルキーニョスを中盤が戸田のスライディングタックルをかわされてフリーにして撃たれたループ気味のシュートが決勝点となってサンフレのナビスコカップ決勝トーナメント行きはなくなった。

新潟戦も今までと違ってDFラインも以前よりも押し上げるようになり前線とDFとの距離がだいぶコンパクトになってきているおかげで内容はマシになってきているという話がウソではないなと実感するものであり、W杯中断期間に迎える新監督が望月路線をより熟成させたサッカーになるのかどうなるか。
[PR]
by somewheresw | 2006-05-18 19:07 | sanfrecce
今までの望月サッカーの延長上の試合運びだったようで守り固めて無失点で終えたもののこちらも得点できず0-0で引き分けに終わった。

この結果、ナビスコカップ決勝トーナメント行きは絶望的になった。

あと、6日のリーグ戦福岡戦にてベンチ前で望月暫定監督とポジショニングで意見交換していた高柳は今日は使われませんでしたね。
決勝トーナメント行きなくなった水曜日は望月暫定監督ホーム最後の試合ですがどんな試合になるのだろうか。
[PR]
by somewheresw | 2006-05-14 18:14 | sanfrecce

5/6アピスバ福岡戦感想

今日は久々にB6でチームを少しでも後押しするために応援した。 つうかあのサッカーでしかも冷たい雨が降る中では応援に徹して闘っていなければとてもスタジアムで見るに耐えられないからでもあるが。
だから冷静にゲームを見ていないのでこの試合も相変わらず攻撃が中盤省略に近い形で偶然性に頼った感じのもので後半は攻められたことくらいしか印象がない。

選手で印象に残ったのは下田のセービング、戸田、寿人が走り回って攻撃の芽をつんでいること、駒野のFK、高柳のFKにつながったドリブル突破とフリーランニングポジショニングの質の高さ。そしてファールをもらった後にその後なんか知らないがベンチ前にて監督と口論みたいな感じで長く意見交換していたこと。あのドリブルしたことか、ポジショニングか?まぁ次のナビスコでどのように使われるかで答えは見えてくるだろう。 反対に浩司がなかなか使わない事をこの試合見ていたら改めて納得してしまった
今日の勝利で望月氏が監督となってからのリーグ戦は4試合2勝1敗1分けで現在15位となって降格圏から脱し、それまで小野監督時代ののリーグ戦0勝5敗3分けの成績を考えるとよく立て直したと言ってもいい。またチームも以前よりはまとまって戦っている感じは受ける。
ブラジルでは指折りの監督となっているGK出身のレオン氏と望月暫定監督、セーフティーファーストでとにかくリスクを回避する戦い方、そして選手に反発をくらいながらもながらもチームを厳しい規律でまとめ上げる様子はGK出身監督同士似ているような気がする。まさかレオン氏、パルメイラスをクビになったばかりでフリーということで次期監督にレオン氏就任に向けた予行演習が今のサッカーだったら・・・。でも去年楽天神戸はレオン氏に年俸1億払ってたらしいのでそんな金、今のサンフレにはないから就任はないだろう。 一安心

なお、この戦い方は期間が限られていたからできたわけで残り22試合選手のモチベーションを考えると簡単につづけられるものではない。そして何よりも見ているこっちとしてもバランスの取れたサッカーをやって欲しい。そのためには森崎和幸の完全復活とここ最近の高柳のような新しい選手が複数台頭しなければ今後は厳しいと思う。 一誠につづけ、青山・桑田・俊介・入船・柏木・槙野・橋内
あとDFラインからのフィードの質、どうにかしてあげられないものか。いっそのことボランチはベットはあいかわらず微妙だが、戸田がいて一誠も今のベット以上のパフォーマンスを見せているわけで3バックなら森崎和幸をDFラインに入れるのはどうかね~。
[PR]
by somewheresw | 2006-05-06 23:08 | sanfrecce

5/6アピスバ福岡戦を前に

明日はいよいよ望月暫定監督最後のリーグ戦。

福岡は中盤の軸であるボランチのホベルトがいない。一方広島はウェズレイが出場停止、誰が穴を埋めるか?望月理論から予想すればトップ下にベットコンバートでボランチに一誠となる可能性が高く、違うとすれば桑田がトップ下にするくらいだろう。浩司トップ下だと横浜Fマリノス戦でもわかるように今のサッカーでは守備面に徹底できてなくて甘さがあり不安が大きすぎる。

福岡は以前見たときはゴール前の決定力はなかったが意外にきちんと組織的に繋いでくるチームではあった。しかしあちらもこのところ不調らしく戦い方を変えてターゲットとなるようなFW林、川島とかに目がけて放り込みでくるかもしれない。 お互い腰の引けたスコアレスドローになりそうな悪寒・・・
あと心配なのは初勝利の後での気の緩み。ただ、今の現状だと勝った事を今のやり方をやり切るモチベーションになってくれればありがたい。

とにかく明日も勝って望月暫定監督の有終の美としてもらいたいものだ。
[PR]
by somewheresw | 2006-05-05 21:40 | sanfrecce
夜遅くまで仕事だったので今朝ビデオ倍速で見ました。

今の「ドン引き」サッカーなら勝つならこんな感じくらいしかないだろうという勝ち方でした。
倍速で見るくらいだからサッカー自体が面白いわけではないわけですが、今は「J1生き残り」という目標があるから、そして望月体制が5月で終わるということで耐えることができます。
この試合の中継を見ていて、チーム全体で戦える状態になってきたのか出場機会のないベンチの選手も試合終了後喜んでいたのが印象的でした。
望月さんについては前監督の小野氏そして次に来る監督のためにあえて『樅ノ木は残った』で有名な原田甲斐ばりの悪役監督に徹してチームをまとめているのなら大したものだと今は思えます。ただ今後、原田甲斐が斬り殺され御家断絶したまでは言いませんが広島にはいられないでしょう。 残ったらチームぶっ壊れます
MVPはGKの下田キャプテン。DFは人数いるだけで人数いる効果がスペース消すだけのものしか感じられず対人についてはどうなんでしょう?もっと大宮がマリノスのように割り切ったサッカーしたら危なかったように感じます。

寿人はこんなチーム状況でも点をとり続ける事が出来るのだから凄いです。カテナチオで固めた守備陣から出たボールをゴールに結びつけるイタリアのFWみたいな印象です。見る目がある人ならW杯代表に入れるでしょうが、今の代表は代表での実績・貢献度重視なので99.9%ドイツ行けないでしょう。降格した年の久保のようにW杯後「燃え尽き症候群」にならないかが心配です。

やっと1勝しましたが、まだこれからが大事なのです。残り23試合で最低でもあと10勝しないとならない。まだまだ「J1生き残り」の道のりは長い。
[PR]
by somewheresw | 2006-05-04 07:57 | sanfrecce
前節は負けたとはいえ今シーズンではもっとも勝ちに近づいた試合。内容については色々とおもうところがあるがろうがスタメンででていた選手はようやくといっていいくらいに一つの方向でまとまったサッカーをやりきっていたと思う。

今、選手たちは「優勝争い」といいつつそれと真逆の「残留争い」をしていることへの辛さやら恥ずかしさから逃げたい気分だろうが、それでも試合をして戦おうとしている。そこは私達サポーター、ファンは理解しなければならない。



さて、明日は戦い方ここ3試合からかわるとは考えられない。明日の見所はベットが復帰でボランチの人選がどうなるか。
そこがサンフレッチェの今後を左右してくるポイントとなると思うがどうなるだろうか?
ベット起用だとジーコなみに今までの実績重視また次期監督がベットが構想の中心においてあるということ、高柳起用だと今後は実績よりもそのときの調子を重視するという方針かな
相手チームは広島の天敵である桜井や吉原といったすばしっこい選手、高さのある森田、テクニックのある小林大吾と攻撃面ではタレントはそろっている。こういったチームに守りきることができれば今後につながるかもしれない。

月が変わった明日こそサンフレが初勝利することを祈る。
[PR]
by somewheresw | 2006-05-02 23:05 | sanfrecce