こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

なんか3週連続雨の中での観戦。先週よりは気温は高かったのは救いだった。
残留が決まった現状で私にとって観戦するうえでの楽しみといえば、去年と同じく賞金圏内の7位を目指すこと、そしてあとは寿人のサンフレッチェ歴代初のシーズン20得点になるかどうかといった事である。

今日は攻撃の要となっていたウェズレイだけでなく守りの頭脳といってもいい戸田までも不在で非常に心配な状況だった。そんななかでも下田のセービングは今日も安定してて、また前半は中盤の軸である青山が守りでは要所をきっちりカバーしてまるでDFライン前の防波堤の役割を果たし、時にはゲームを作ってなんとか崩壊しないで済んでいたと感じた。前半14分には服部のクロスをペナルティーエリア内のゴール前に詰めてた駒野が決めて先制。駒野はこの得点以外にも攻守で大きく貢献していた。

しかし、青山は1週間で4試合目ということからか後半は徐々に体力が落ちているなと傍から見ていたら(とはいえもっと動けてない選手はいたが)、これ以上無理をさせると選手生命にヤバイと思ったからか後半17分に交代となったあとは流れはほぼ新潟ペース。

そして青山同様代表関連で連戦の影響かベストの時よりは冴えなかった柏木と変わった桑田が中盤でボール奪われてハーフカウンターで同点に追いつかれ、その後も中盤はそれまで微妙だった浩司以外にゲームを作れる人間がなく、また私の目には中盤の守備もほぼ崩壊状態に見え頭脳のないDFラインは結構ヤバかったように思った。下田様とわずかな幸運がかければ負けていたかもしれない。中盤がダメということで攻撃もこちらから組み立てて崩すなんてことはできないわけでカウンター以外に点をとる可能性が感じられない状態で終了間際に劇的に再び勝ち越せるのは運がよかった。しかも寿人のゴールとなったことで次の最終節でサンフレが7位そして寿人の20得点達成なるかという楽しみがつづく。

とはいえ寿人はこのところ作戦なのか左ウィングみたいな位置にいてアシスト役になることが多くゴールからあまり近いところにいないので清水相手に2得点するには辛いだろうな。

.
[PR]
by somewheresw | 2006-11-26 20:11 | sanfrecce

11/23 ジェフ千葉戦

中国新聞のFW大木スタメン予想を見たときは「前線でボールおさめる選手いないからダメだな、今日は」と思っていたが、大木さんはスタメンどころか試合出場もなかった。

結局は大木でなく前田がでてその前田が前半19分に今季初の得点を決めそれが決勝点となって勝ったようだ。
ニッカンHPの速報だとボールキープ率が37%だったとか前田の得点以降はシュート4本数というのをみると望月さんのやったサッカーの経験が活きたといえる試合だったのではないかと思います。

とにかくこの試合も完封して守備がよくなっているのは間違いないようだ。
[PR]
by somewheresw | 2006-11-23 18:01 | sanfrecce
屋根がないスタジアムでの雨は冷たく辛い。ちなみにこの日のJ1最低動員であった。

まぁ風は先週ほどひどくなかったのが救いだった。試合は前半は福岡戦の続きを見ているようで決定的なピンチはそれほどないもの流れが悪い感じであった。だが後半小野体制には広島が動きが鈍る時間帯に京都の運動量がなくなってからは広島ペースになって後半41分にペナルティーエリア横からウェズレイのFKのボールを森崎和幸がゴールへ蹴り込んでロスタイムにリードしているときのお約束の時間つぶし選手交代をへてこの試合の勝利と来期J1残留を確定させた。
先週練習見に行ったときに森崎和幸がだいぶ調子が戻ってきていると思っていたので今後期待ができると思った。この日、3本シュート撃ったり守備もだいぶ安定してきて上向きである。 ただ来年は中盤に戻りたいということでボランチの人材難の横浜Fマリノスとかに移籍はあるかもしれないが
あと柏木がアジアユースで自信をつけたかデビュー当初よりもシュートへの積極性があがったような印象を受けた。誰かと違ってパスアンドゴーができフリーランニングも相変わらず素晴らしいし見ていて楽しいプレーヤーだ。
優勝を目標にしていたにもかかわらず残留で喜ぶということはなんだかむなしい気もするわけだが、春は入れ替え戦行きになるかもしれないと覚悟して入れ替え戦の日に有休を申請したくらいだからそのときを考えればよく持ち直したとも思う。
[PR]
by somewheresw | 2006-11-18 19:35 | sanfrecce
Jリーグは年末になると選手の契約更新やら移籍選手獲得などがあるからかお金がいるようでして、広島ではここ2年くらいはシーズン終了間際に来年の年間パスのご案内」が届いている。
しかし今年は来年のJ1残留がまだ確定はしていないからまだ来ないだろうなと思ったら昨日家にヌルいファン感謝デーイベントの告知とともに届いてた。しかもその「年間パス」ではJ1リーグ17試合およびナビスコカップ予選リーグ3試合(決勝トーナメント進出したときの広島開催分含む)が見られるらしい。

どうやら球団はJ1残留を確信しているのだ

ちなみに年間パスの値段は去年と同じみたい。万一、これからサンフレが全敗して福岡あるいはC大阪が全勝してしまった末にJ2降格したらどうするんでしょう?

あと、年間パスの案内にゴールド会員の俺へサンチェ会員あるいはファミリー会員への『会員グレードアップのお願い』とかいう文章も一緒に送られても困るのだが・・・
[PR]
by somewheresw | 2006-11-17 08:50 | 雑記
観に行きました。屋根がある専用スタジアムは見やすくていいですね。

今日は強い風と雨がときよりある厳しい天候でした。スタメン見るとホベルトがベンチということで福岡は誰がゲームつくるんだろう?と不思議に前半は逆風で不利かと思いましたが、福岡はFWがサンフレDFがボール廻ししていてもハーフラインまでくるまではプレッシャーをかけずDFラインが安心してボール廻せてもらえおかげで立ち上がりの悪さがそれほどなかったように思います。ただ、DFラインでボールの出しどころ探しているだけで横パスだけになりがちな面もありましたが相手は引き分け狙いなのかというくらいに腰が引けた感じに見えました。
そういうなかでコーナーキックを得て、ウェズレイのショートコーナーから角度のないところの9月の浦和戦のゴールを彷彿させるようなクロス気味のシュートがきまり先制。さらに福岡が先制されて気持ちが切れたのか2分後に寿人のクロスをウェズレイがまたも決めて2-0。逆風の中で2点リードは大きいなと思いながら前半を終えた。
しかし福岡が2点リードされてからはFWがDFにプレスをかけ始めさらにホベルトを投入するとホベルトを中心に中盤は制圧されてガラリと流れが変わり福岡ペースの試合になる。広島もカウンターで何度かチャンスはあったが決められない。福岡も何度もあった決定的なシーンをつくるものの決定力がないというかシュートが枠に飛ばないので広島としては助かった。また守備固めでダバツを入れてからは自陣近くに押し込まれて入るものの決定的なシュートチャンスもそれほど与えず、結局前半15分前後にとった2点が効いて勝利することができた。

それにしても私は博多の森に3回いったのだが、いずれも福岡が0-2で負けているんだよなぁ(2003年J2第1クール広島2-0福岡・2004年J1J2入れ替え戦柏2-0・2006年広島2-0福岡)
不思議だ
[PR]
by somewheresw | 2006-11-12 00:13 | sanfrecce

11/9 吉田

久々に行きました。
今練習に合流しているという噂の高萩もいました。当然その他組でしたが。

練習は鳥かごでウォーミングアップしてスタメン組とその他に分かれてシュート練習。その後にスタメン組11対その他組12人でハーフコートでワンタッチ制限ありなしでのゲーム形式の練習をしていました。

木寺が調子よかったです。下田が神セーブを連発するようなレベル高さを維持できるのも油断したら木寺の存在があるからかなと思いました。他のポジションでも高いレベルでのいい競争ができるようになればいいと思います。

.
[PR]
by somewheresw | 2006-11-09 22:56 | 練習レポ
前半は1点先制して1-0で折り返したものの、後半に2失点で逆転負けという、なんとも残念試合だった。

なお、3戦見ましたが対戦相手はガンバ大阪が一番強いと思われます。
1勝1分け2敗となり残り試合はガンバ大阪戦、清水エスパルス戦いずれもアウェーで予選リーグ勝ち抜くには黄色信号が灯ったといえるでしょう。

.
[PR]
by somewheresw | 2006-11-03 19:16 | ユース