こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

その1. サンフレ、育成中の監督で降格危機に
監督含む育成中の指導者で選手を育てながらタイトルを獲るという、客観的に見ればどう考えても欲張りかつ実現困難な方針で挑んだ今シーズン、選手編成は「育成中の監督」の意向に沿ってない金を無理に捻出して補強をして向上して内情をよく知らない評論家やらファンからは「今年は昨年以上の上位への進出は確実」と思われながらも現実は「育成中監督」に鳴らす鈴がなかったためにチーム崩壊でJ1降格危機に。

その2.サンフレ系ネット活動低迷
おそらくはサンフレ営業部が企業周りをしてマリノス戦はSS席完売しても試合当日晴れても空席が目立つ状況でサンフレの試合はタダでもいく価値がないと一般的な客に見放されて観客動員は20万人割れでスタジアムの空席率はJ1で堂々の1位となってしまった。
またサポーターも私をはじめ更新頻度が低下したり更新停止したサイトやブログが多く見受けられサポーターもチームへの関心が下がっているのが目についた。また、紫熊倶楽部のHPの掲示板も閉鎖されてサンフレサポーターの意見交流の場は2chくらいしかなくなりサンフレ関連のネット上の交流も低迷していった感が強かった。

その3.サンフレ系スポーツバー相次いで閉店
7月31日にSPORTS BAR 「BIG FLAG」が、9月9日には「ファンタジスタ」が閉店した。サンフレサポーターなどが集まる場所として親しまれていただけに残念であった。他にも秋に山崎パンからタイアップで発売されたパンもスーパーの店頭から消えてしまったりとか、サンフレでは商売はできないという象徴的な出来事であった。
[PR]
by somewheresw | 2006-12-31 21:24 | 雑記
正直予選を見ていたときはとてもチームになっていなくて
「こりゃせいぜいベスト8どまりだろうな」
と思っていたが、優勝候補筆頭のガンバ大阪ユースが早々に敗れ去ったりとか横浜マリノスユースに紙一重で勝ったりとかで強くはないが勝負運があったとか、高円宮杯制覇効果とかその前年の広島ユース旋風効果で入った全国トレセンに選ばれた個人能力の高い選手達のおかげで勝てたのだろうか。
決勝もビデオでみたが立ち上がりこそは広島ペースだったが前半途中からは押し込まれ何度も失点するピンチを招いて負けていても不思議ではないような試合だった。そんな中勝てたのは勢いがなせる業なのだろうか。まぁ去年はタイトルゼロだったがなんとか一つ取れて広島ユースの名声も引き続き世間からは評価されていくだろうし、ユースへ新入生スカウトとかにはプラスになっただろう。 でも、この程度のチームが優勝するなんてJリーグのユースチームのレベルは低いのかなと思ってしまった。今年高円宮を高体連がとるのもわかる気がした
[PR]
by somewheresw | 2006-12-24 21:28 | ユース
今年も観客減で1億円以上の赤字になりそうだから、チーム経営的には優勝して賞金1億円で少しでも赤字の穴埋めでもできればよかったのだが残念ながら延長の末天皇杯敗退がきまった。

しかし試合前は攻撃力が自慢のガンバ相手に急造CB陣だからボロボロにやられるかもしれないという懸念があったが思っていた以上に健闘していた。ちなみにガンバの1点目のPKにつながるファールはマグノのシミュレーションっぽかった。今日のように審判に泣かされるときもあれば救われるときもあるので仕方ないと諦めるしかないが。
今年3月にみたサンフレはレギュラー勢ぞろいでもチームになっていなくて絶望的な気分だったのが、今日は攻守の軸といってもいいウェズレイ・青山・戸田抜きでもガンバ大阪と十分渡り合えていたように感じた。リーグ戦のときにはレギュラーと控えの差が大きすぎたのが課題だったがハンジェや桑田など代わりの選手がよく頑張っていたと思う。桑田はペトロビッチが来る前はベンチ入り常連でサブでよく試合に使われていたが、ペトロビッチが来た夏の中断期には評価が落ちてベンチ入りもできなくなりその後ケガもして今年はトップではもう出番はないだろうと思っていた。でもリーグ戦の清水戦および今日のガンバ戦はメンバーが足りないからという事情もあったがスタメンでそこそこの働きができるようになるまでよく腐らず頑張ったと思う。 その桑田と変わった入船も少ない時間ながらいいクロスいれていた。交代はもう少し積極的でもよかったんじゃないか。勝負をかける思い切りのなさがないのが今の監督に物足りない点である
今年のサンフレッチェは今日で終わりだが、来年は今年よりはいい年になると期待したいものだ。 森崎弟はヴァレリーが就任時にコンバートしたまんまボランチやってればよかったのかもね
[PR]
by somewheresw | 2006-12-09 20:54 | sanfrecce

大荒れ?契約更改開始

中国新聞やらニッカンスポーツでも話題があがっているように契約更改交渉が開始されたようである。

例年は一度目の交渉はただ話し合うだけで帰って2度目で100万円くらいの増額で手を打つという感じなのだが、今年は観客が減ったために2期連続の観客減および1億円以上の赤字しかも今年は成績面もタイトル狙うといいながら残留争いして成績面も低迷したことで渋い提示額が相次いでいる。
推定では駒野が600万増の3700万円、森崎弟が2000万円(300万増)、下田が4200万円(200万円増)、服部が3800万円(200万増)、ハンジェが1500万円(100万増)らしい。
中国新聞の記事では駒野が渋い表情したとか、ニッカンの記事では森崎弟がプロ野球広島カープの梵が1800万アップの3200万円プラスカープのオーナーから300万円のボーナスもらったのをみてうらやんだりしているようだ。 でもペトロビッチが来るまで森崎弟は補欠で来たあともボチボチだったから300万増なら十分だろ
スポニチHPにあるJリーグ選手名鑑には選手の推定年俸がかいてあるで、それをみると今年駒野と同じく日本代表のWB・SB系の選手を比較すると浦和の三都主が9000万円、G大阪の加地が4000万円、横浜FMの田中隼が3500万円と今年3100万円だった駒野と比べると、駒野が渋い表情してしまうのも無理はないかもしれない。
[PR]
by somewheresw | 2006-12-06 20:19 | sanfrecce
J2時代に一度パセーラ10F大広間だったかで行われたときに参加したが非常につまらなかったので一昨年、去年はいかなかった。今日は市内でちょっと行きたいところがあったついでに行った。 今のユースは去年までのようなチームとしての一体感とか気持ちのある選手がいないので思いいれが持てないからつまんないというのもあるが
日本付近に寒気が来ているらしく屋外は寒かった。来客は抽選券の番号が3千番台があったから3千人来ていたのだろうか。少なくともメインスタンドが7,8割はうまっていたから2千人くらいは来ていたのかも。内容は今回はファン参加できるゲームイベントが主だったのでかつて行ったときほどのつまらなさはなかったが、子供向けだから大人な私にはちょっとなぁって感じではあった。

ただ以前行ったときはサイン会の整理券もっていない人はステージ上にいる選手の話を聞くだけであったが、今日のはサイン会に関しては同じだったがゲームイベントで選手が参加したり応対していたので以前よりは選手は身近に感じられた。
まぁ、身近だからファン対応の良し悪しがハッキリ分かれて、その選手への印象も変わってくるものだ。退団報道のあった大木や高卒で社会経験のとぼしい橋内はめんどくさそうにファンへ対応していてあまりいい印象を持たなかったのに対して戸田や佐藤寿人や盛田、そして桑田・高柳・柏木・槙野ら森山門下生のユース出身者は明るくに接していて好印象をもった。 つうか八田を除く森山門下生以外の生え抜きや戸田以外のレンタル選手は顧客満足してもらうための接客の基本を研修した方がいいくらいだった。まぁ研修すべきは選手以外のクラブ関係者もといったほうが正解だろうな。あと高田常務にサポが観客増やすための提言をしている会話を聞いたがクラブの上層部ってサポの置かれている状況をあまり知らないんだなと感じた。ホームラストでもこの日のイベントでも挨拶は現場の監督・選手任せ。社長やクラブ上層部の挨拶はなし。一体サンフレをどうしたいのかという考えは私には見えないのは気にはなる
[PR]
by somewheresw | 2006-12-03 19:58 | sanfrecce
12/3の中国新聞朝刊に小村の横浜FC完全移籍交渉中という話とともに大木・八田の来期契約更新せずの話がありました。

今年ペトロビッチ氏の使われ方を見ると「やはり」といったところでしょうか。
八田は最後までサンフレではあまり活躍できませんでしたが、大木はサッカーインテリジェンスを発揮してFWからトップ下へのコンバートで去年の7位躍進の大きな原動力となったのは間違いないと思います。

大木・八田ともに現役続行希望ということなので新たないい働き先が見つかることをお祈りしています。 この記事で西河の話がなかったのは意外だった。後1年レンタル延長なのだろうか
[PR]
by somewheresw | 2006-12-03 08:03 | sanfrecce
サンフレは清水に3-0で破れ結局、今年は開幕前に書いた予想通りに10位で終わりました。

戸田が古巣相手に張り切りすぎて退場したので天皇杯のG大阪戦は今日よりさらに厳しいレギュラー3人欠いた状態で戦わなくてはなりません。

放送を見て追記
[PR]
by somewheresw | 2006-12-02 16:15 | sanfrecce