こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー

<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

5/19に対戦して3-1で勝利したときにペトロビッチ監督は、当時降格圏付近にいたジェフ千葉に対して
「ジェフは、とても良いチームである。
これだけの良いサッカーをすることが出来ているのに今の順位にいる。
これまでの試合では、つまらない失点を重ねてしまっているのであろう。
サッカーとはこういうことも起こり得るものだ。
ただいずれこの小さな危機を打開するであろう」


と試合後に余裕のコメントを語っていた。
しかしその後サンフレは多くの試合で「つまらない失点」を繰り返し、今や「小さな危機」どころではない「大きな危機」に直面しまった。


昨日、ジェフはMF水野、佐藤勇人、下村、GK立石の4人のレギュラーがいない状態。
サンフレで例えるならGK下田、MF駒野、青山、森崎弟or柏木あたりがいない感じでしょうか。
実際試合を見ていて千葉は中盤はスカスカでゲームの組みたてもそれほどのものでもなく、さらに先制点はネタ系GKとして一部で知られている岡本のナイスアシストとレギュラーのいない脆さがでていた。怖いのは父オシムが残した動きの質とレイナウドの個人枝くらい。しかし怖い後ろから飛び出しも大抵は枠の外にクリアしてくれるし、クロスの質も多くは厳しいものではなかった。欲をいえばはボールの出し手さえ抑えられればそれも防ぐ事はできるわけで、Jリーグ中堅チームくらいまでならこのようなチームは「ボーナスステージ」として勝利に結び付けられる程度の相手。

しかも先ほども書いたように先制点は相手GKのミスということから「南のオウンゴール」でもわかるようにGKのミスで先制されたチームは大抵その試合ショックから崩れていくことが多いのだが。こんな状態の相手でも勝てないんじゃ岡本にあともう1、2点アシストしてもらわないと勝てない。
この試合、サンフレにとっての最大の誤算は寿人が後半早々に負傷退場してしまったことだろう。交代して入った平繁が交代選手とは思えないはつらつさのなさは目をおおいたくなった。
なんかファンタジーのない劣化型前田俊介って感じ。普段「交代が遅い」といわれるペトロビッチ氏であるが入ってきた控え選手が前回ホームにつづきロクに役立たないのは悲しいものがある。ジェフは交代選手である新居が1点とったのに。



昨日大宮が予定通りに横浜FCに勝利してサンフレと勝ち点が並び、得失点差でついに16位となってしまいました。甲府は連敗中の横浜FMに引き分けたため自動降格圏とは4差のまま。
厳しい状況ではありますが2002年と違って現時点ではまだ自力で生き残る事はできます。
選手、監督クラブ関係者はJ1生き残るために11/11日本平までにはなんとか立て直してものです。
[PR]
by somewheresw | 2007-10-28 06:21 | sanfrecce

10/24 吉田

J2時代くらいまではグラウンドやクラブハウス内以外で練習場に立ち入り禁止エリアがほとんどなかった。しかしこの頃はサポはロッカールームに選手が入る前に出待ちエリアに選手が来てくれるのを待ってサインもらったりするようになった。
今日は数少ない出待ちサポを相手に出待ちエリアに来たのは寿人と知り合いがいた吉弘くらい。ほとんどの主力は交流エリアから遠い出入り口から立ち去っていった。それは自身のHPで「文句があったら直接言いに来い」とのたまった戸田も。。。本当に口先だけな人間だ

まぁ私はサインが欲しいとも選手と交流したいという気はないのでどうでもいいのだが、こんな様子を見ていると待っている数少ないサポが気の毒であり、『共に闘おう!』などという話が白々しく聞こえてくる。一部のサポは残留争いに必死になっているものの、2002年降格したときほどに残留争いに対して「なんとかしよう」という空気が今のところないのも、このようなクラブとサポの長年のすれ違いの積み重ねの影響なのだろう。

あと今日はスーパーサッカーの「崖っぷち争い企画」なのだろう、小倉が取材に来て寿人や駒野にインタビューをしていた。

さて練習とはあまり関係ない話が長くなってしまったが今日の練習内容はといえば、今日は中野氏が来ていて私と顔を合わせたので(爆)おそらく携帯サイトに詳しいレポがあるだろうからそちらを参考にして欲しい。

なんて終わせるのも悪い気がするので一応書いておきます。
練習はペトロビッチ体制お馴染みのウォーミングを兼ねての「鳥かご」を約30分、そのあと2人1組になってインサイドキックのパス練習やらストレッチやらを15分くらいやって、その後ハーフコートでトップ攻撃陣vsサテ守備陣、トップ守備陣vsサテ守備陣の2つにわかれての練習、最後に縦幅をハーフコートにしてトップ11人vsサテ12人でのミニゲームをして終わった。

.
[PR]
by somewheresw | 2007-10-24 15:09 | 練習レポ
昨日は仕事で見られず、今日は夕方まで出かけてまして帰って夜ビデオをみました。

結局は相手は2トップや駒野、柏木さらに前節活躍したストヤノフ対策などの広島対策をしてきたのにこちらは相手の立てるであろう2トップ対策やら今までの後半20分すぎてからの運動量低下にともなう失点癖を解決できず負けたといった試合だったような。
スコア見た時には前日は90分無理だろうといった柏木をフル出場させていたのが疑問だったのですが、映像を見ると中盤で一番動いていたのが柏木じゃ外せないわな。
青山をもっと早く出したらとかとも思うが、前節をみているとハーフタイムにソックスはかず素足でスパイクはいてチンタラ練習しているハンジェなどのような控えなんかホンマ試合出たとしても信頼できるわけないわけで。スタメンがスタミナ切れた後半20分過ぎからサポが力を与えていきあとは数少ないチャンスは得点に結びつけ多くのピンチは相手の選手がミスやら下田のファインセーブをするとかの運に頼るくらいしか今の状況では勝ち点を積み上げられない気がする。

まぁこの敗北で残り5試合残して早くも社長が当初目標としていたリーグ戦6位の未達が決定(勝ち点差15の6位新潟と7位磐田は今後直接対決があるからどうやってもどちらかには追いつかない)
まぁそんなこと今の時点で気にするサンフレファンはほとんどいないでしょうが。

とりあえず大分から借りたといわれるJ2時代に張り出した交通標識に倣った「KEEP J2禁止」弾幕のように転回禁止標識に倣った「J2Uターン禁止」弾幕を掲出すべきでしょう。
[PR]
by somewheresw | 2007-10-21 21:14 | sanfrecce
今年からか、中国新聞でスポーツ欄ではない場所に1面全面広告扱いでカープ・サンフレッチェ応援企画として「TEAM HIROSHIMA PRESS」なるものが何度か掲載されている。
過去には両チームの選手の対談やらカープのマスコットのスライリーとサンフレッチェのマスコットのサンチェの両者マスコット対談企画なるものもあったりした。

そして中国新聞10/14朝刊に両チームのトップへのインタビュー企画なのだろう、カープの松田元オーナーのインタビューにならんで近頃サンフレ系メディアではめったにみることのなくなったサンフレッチェ広島の久保允誉社長のインタビューがあった。
その記事には今シーズンのチーム状況について地域との関わり、新スタジアム、将来のチーム像、カープとの関わりなどに対する思いやらがあってサンフレサポやらファンには興味深い内容となっていた。

ちなみにこの久保社長の話の中に今回の増資についての語る場面もあることから増資発表のあった9月下旬以降にインタビューがされたものと推測される。

.
[PR]
by somewheresw | 2007-10-16 04:00 | sanfrecce
個人能力では互角かサンフレユースの方が上でしたが、流通経済大学付属柏高校は完成度が高いチームでした。

試合を見ているとフォーメーションは違うけど個人能力頼みに戦っているサンフレユースとチーム総合力と数人のタレントで戦う流経柏といった感の試合。失点はサンフレ側のクロスの対応ミスでしたが、チームの完成度以外にも流経柏がほぼ地元という状況であるのに対してサンフレユースは遠征して2日前に120分110分戦ったという不利な面があって動きが落ちていたという面はあり、流経柏が勝つ試合だったのだろう。

しかし先月だったかJユース予選の神戸戦を見ていた私としてみれば、よくここまでこれたと思うし、最後まで接戦を演じてよく戦ったとも思う。

2003年、2004年にユース2冠果たしたときに昇格した選手が今のところほとんどトップでポジション取れないのに対して無冠で終わった2005年に昇格した選手が今やチームに欠かせない選手になりつつあるところを見ると、くやしさを残してプロに入った方がプロ入り後に伸びるものなのかもしれない。

今回やれたことは自信にし、そしてタイトルを取れなかった悔しさを胸に今回できなかったことを乗り越えこれから伸びていって欲しいものです。
[PR]
by somewheresw | 2007-10-08 17:58 | ユース
今は、新潟のエジミウソン様千葉の青木様ありがとうございました、といった気分。

広島の試合といえば、ペトロビッチの奇策とも思えたMFストヤノフが思いのほか機能して、不調のウェズレイがおさめられないボールをおさめる役割を果たして、監督交代後3試合負けなしのジュビロ相手にそこそこ勝負ができあわよくば勝てるかもといったくらいではあった。しかし後半相手が選手交代などで修正してきたのに対して、広島はいつものように後半途中からは運動量が減って磐田が優勢となりさらになぜかストヤノフが交代退場してからは攻撃が構築できなくなり中盤が相手チームに支配され後半38分に成岡に今期サンフレが何度もされたようなペナルティーエリアぎりぎり外あたりからミドルシュートを決められ、反撃もそれほどできないまま淡々と試合が終了した。

まぁ監督の采配も問題あるかもしれないが、控え選手のやる気のなさは本当に酷い。
ハーフタイムのピッチでの練習はただボールとじゃれているだけでとても試合に出てからの想定をもって練習しているようには見えないし、前半後半ともウォーミングアップするも試合に出る前提なしで「とりあえずしとくか」といった風。これで途中出場して活躍するとは思えず、事実交代で入った選手はロクな働きをすることはなかった。
こんな様子を見ていると本当にチームがバラバラになっているんだと感じる。。こんな控え選手だとレギュラー陣もプレッシャーにはならずピッチ上も一部の選手は現状に対して危機感本当にあるのかと言いたくなる様。戦い方みていても連動性がないというか自分勝手なプレーをする選手も一部いたりとチームが壊れている。
さらにクラブのやる気のなさは試合後の来場プレゼントの抽選会にも当選番号が全部ゾロ目という、とてもきちんとくじ引きなどで抽選したと思えない様などにも現れており、もうクラブ全体な問題なのであろうと感じてしまう。
もっともストヤノフが機能したのはいつもと違ったことをしていて相手の研究が間に合っていないからであろう。今後MFストヤノフが通用するかはわからないが今日の交代劇を見るとどうせ次節は槙野アウト弟復帰にするのだろう。それにしても今日の試合を見ていると自力だけで残留できるとは思えなくなりました。
[PR]
by somewheresw | 2007-10-06 19:19 | sanfrecce

10/4 吉田

今週は紫熊倶楽部の編集で練習レポがないし、最近見に行っていないから久々行ってみるかと数ヶ月ぶりに練習見学へ。

練習はペトロビッチ体制お馴染みのウォーミングを兼ねての「鳥かご」を約30分、そのあと2人1組になってインサイドキックのパス練習やらストレッチやらを15分くらいやって、そのあとゴールをペナルティーエリア外において縦幅縮小して、タッチ数やらリターンの制限やらを設けながらの11対11のゲーム、その後縦幅をハーフコートにして同様のミニゲームをして12時くらいに練習は終わった。全体的な雰囲気は悪くはないがなんか淡々と練習している選手もいて緊張感が足りないような気も
主力組では寿人がチームメイトへの激を盛んに飛ばしてシュートも積極的に撃っていたのが印象的であった。控え組では高柳が調子のよさを見せる動きであった。
反対にウェズレイは酷かった。先月甲府戦のビデオで見たときのような異次元の動きのなさ、そしてパスミスやらが多くカウンターの基点となり、まるで小野氏末期のベットを思いださせるようなプレーでいつウェズレイを切るかが今後の鍵になっていくのかもしれない。あと戸田が自身のHPで吠えているほど戸田自身が動いているように私の目からは感じなかった
[PR]
by somewheresw | 2007-10-04 13:16 | 練習レポ