こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

6/29山形vs広島 ペトロビッチ監督コメント J's GOALより
Q:チャンスを多くつくれたなかで、得点に結びつかなかった要因は何だと思いますか?
「チャンスを多くつくりながら決めきれないというのは、今日に始まった新しいことではないと先ほど言いました。なぜチャンスを多くつくりながら決めきれないのか。私はその質問には答えたくありません。ひとつ言えるとすれば、ゴールを決めるということに関しては、監督が指導してどうなるというこどてはなかなかない。生まれ持ってのゴールの才能というものだと思います。どこかの監督が、『私が育てたゴールゲッターだ』というコメントをしたとすれば、私は嘘じゃないかと思います。世界のどこを見ても、ゴールできる選手というのは一番高い選手です。ゴールへの感覚というのは、親から授かったものです」



6/29 山形vs広島 小林監督コメント J's GOALより
Q:長谷川選手の成長ぶりについては?
「もともと、福岡にいた頃(昨年)に、レイソルに何回か見に行って、大きいんだけど動ける選手で、足元も起用だというところで、去年は福岡に入れたんですよね。いいところまではいくんですけど、なかなか点が取れなくて、点が1点入るとおもしろいことになるんじゃないかと思いましたけど、その1点がなかなか取れない。レイソルの李選手も点が入ってからの伸びなんですね。走れるし、やわらかいプレーができるということがあると、これだけチャンスですよね、ゲームに出られるわけですから。そのなかで自分が伸びていってるということだと思うんですよね。前向きにやってることが、いま結果に出てきていると思うんですよね。これがずっとはなかなか難しいと思うので、一生懸命やっていくなかで質を高めていくということが必要だと思います。(以下略)」


一方は親から授かったものだで、一方は前向きに一生懸命にやっていくなかで質を高めることが必要と語る。

いろんな考え方があっておもしろいですね。
久保会長などが降格しても残留させた根拠の一つに「選手を育てる監督」というのありましたけど、どちらが選手を育てられる監督でしょうか。J1昇格して来年もペトロビッチ氏を監督にするなら少なくとも高い金を出して点を取れる選手を獲得しないと再来年はJ2になりそうです。ドログバでも獲得するか
[PR]
by somewheresw | 2008-06-30 07:25 | 雑記
アウェー無敗伝説も逆転負けとなってしまい、ついに終わってしまいました。

せめて引き分けていれば3位以下も勝ち点を伸ばしていないから楽になれたのですが。
点の取られ方を1点目2点目の映像で見るとクロスを簡単にあげさせているわ、ゴール前にDFは人数はいるのになぜか長谷川をフリーにして対応できていないとか、相変わらずって感じですね。あとGkが全盛期の下田だったら反応はしていたとかや鬼寺さんだったらボールが枠の外に行っていたとかは言わない約束で。
あと、前半5分のストヤノフのFKだけしか得点できず、流れの中での得点がなかったのは雨の影響でパスサッカーが封じられてしまったんでしょうかね。槙野の幻の同点ゴールともいえそうな微妙なオフサイド判定(リンク先2:17ごろ)はあったものの残念な結果になりました。


とにかくチームとして徐々に伸びている山形と個人頼みで疲労の蓄積とともにパフォーマンスが低下している広島、まるで2003年後半、川崎や福岡にチームの完成度が追い抜かれ前半の貯金でようやくJ1復帰したようになっていくのか。

次はストヤノフが累積警告の関連で出ませんが、ホームしかも最下位熊本が相手なので2003年の横浜FCや鳥栖などのように確実に勝って欲しいものです。
[PR]
by somewheresw | 2008-06-29 20:09 | sanfrecce
今朝、ようやく録画していた中継を見ました。

今年は「アウェー>ホーム」状態のサンフレッチェですから苦戦するかなと思いましたが、前回4月に徳島で対戦した時のような圧勝劇ではなかったようですね。

そういえば前回の対戦は事実上の「森崎和幸現場監督」デビューがあり、それ以降のJ2独走の一つのターニングポイントとなりました。そして今回は「後方からパス廻しをスムーズにするには原点に帰ろう!」と考えたのか、「本当の監督は俺だ!」ということでストッパーとして後方隅っこに押し込める策にでたのか、わかりませんが今回もまた一つのターニングポイントになる可能性はありそうです。
去年の悪夢からか、非難轟々の森崎兄ストッパーですが、私が途中からは半分寝ながら見た感じでは彼自身がしょぼい守備をしたというシーンはほとんどなかったし、同点になった十数本パスを繋いで奪ったゴールでは十数本のパスに顔を出したり、寿人へのDFライン裏を狙ったギリギリのパスでストヤノフ以外にも裏を狙えるパスをDFラインから出せるんだぞと相手DF陣に微妙にプレッシャーを与えるなどのメリットはあったようにも思えます。さらに柏木が完璧とまでは言えないまでもそれなりにプレーできたのもよかった点でしょう。しかし失点シーンに代表されるような森崎兄がDFラインいることによってDFラインが深くなったためにMFがDFラインに吸収され中盤にスペースがら空きになってパス廻されやすくなるという面は去年降格した時と変わらなかった。この「自分たちのサッカー」はJ2では通用する可能性もゼロではないだろうがJ1ではボコボコにされるだろうな
[PR]
by somewheresw | 2008-06-27 13:45 | sanfrecce

ALL FOR HIROSHIMA

サンフレッチェのクラブがいつまでも水面下で動きすぎて、もう沈没してしまったのではないかとすら感じてしまう「サッカー専用スタジアム」構想。

そんな中で波田気象予報士DJ石橋竜史など有志が「専用スタジアム」構想など「ALL FOR HIROSHIMA」という草の根的キャンペーンを立ち上げようとしている。

私もこのような試みは応援したい。とりあえずはこのように自分のブログに載せて広めていくことが私のできることの1つなので私も載せさせて頂きました。
[PR]
by somewheresw | 2008-06-23 23:03 | 其の他
当日仕事だったので例のごとく観戦せずにスコアなどの情報から。

ペトロビッチランキング低下していた平繁の2ゴール、ハンジェの1アシスト、そして交代出場したランク外だった佐藤昭などの活躍で勝った試合というところなんでしょうか。

勝ち続け首位をがっちりキープというのはたとえ2部でもコアサポではないファンやらサンフレに関心のあるの方にもそこそこアピールになっているように周りを見ていると思います。
[PR]
by somewheresw | 2008-06-22 23:33 | sanfrecce
雨の中ビッグアーチにて観戦された皆様、おつかれさまでした。
私も雨の中でがんばってました。仕事ですが。

つうことで見てません(汗)

とうとう、去年の天皇杯磐田戦いらい続いていた私がビッグアーチに行かない試合の連勝も途切れてしまいました。
これでビッグアーチに行ったときに疫病神呼ばわりされずに済みそうです。

聞くところによるとロスタイムで相手チームのすばらしいゴールで追いつかれてしまって引き分けになったらしいですね。残念ですが、とりあえず勝ち点は積み上げられたと前向きにとらえて水戸との試合にしっかり準備をして早くJ1復帰を内定させてもらいたいものです。と、見ていないからとりあえず書いた冷めた感想
[PR]
by somewheresw | 2008-06-15 22:58 | sanfrecce
8日の試合で5点リードしていても交代出場させなかったDF登録の結城を監督の直感でか本日ボランチ起用するというまさにインプロサッカーらしい即興采配。
そんなインプロサッカーに選手たちも慣れてきているのか、今まで勝ったことのなかった鬼門小瀬にて2-0での勝利。うれしいですねぇ。

もっとも甲府というのを無視すれば12位と下位に沈んでいるチーム相手に勝っただけですから、日曜日に向けて浮かれすぎないことも大事かもしれません。
[PR]
by somewheresw | 2008-06-11 21:39 | sanfrecce

岡本知剛 プロ昇格

公式HPによるとU17Wカップ、そしてU19など各年代別代表にコンスタントに呼ばれつづけている広島ユースの岡本知剛の昇格の発表が今日あった。

青山がオリンピック、柏木、高柳がケガ、戸田は移籍で、甲府戦ではボランチに強化部はCBとして獲得したと思われるの結城をボランチ起用するという話が上がるくらいに監督の信頼のおける人材が欠けているなかで、強化部が急遽昇格が決めたのだろう。

ただし、ペトロビッチ監督はなかなか新しい選手に信頼を置くまで時間がかかる方なのでこれですぐにトップデビューということにはならないのではないかと私は思います。

これで今年ユースはチームの軸を失ってしまいこれから大変になるかもしれないが、かつて高萩が高校3年のときに昇格したときにユースで当時高校2年の柏木が頭角を現したようにチャンスをつかむ選手が出てくることを期待したいです。
[PR]
by somewheresw | 2008-06-11 17:39 | sanfrecce
いやぁ、今日はスタジアムで観戦していて久々に楽しいと思った。
5-0で勝ってたんだもんなぁ。私がスタジアム出るまでは。

「まぁ、われら団塊ジュニア世代以上のサンフレファンのロマンでもある久保のスーパーゴールやら、他にも高度な得点も見ることできたし、後半30分で5点差ならどう考えても負けまい。駐車場が1万2千来場なら劇場まで見ていたら家に着くのが8時廻るし、昨日今日と研修行っていて疲れたからとっとと帰ろう」

つうことで帰りました。

だからいい印象を持って帰ることができました。ラッキーだった。

まぁ、試合の感想は体が2週間インターバルのおかげか体が軽いが2点差ついてからは攻守も軽くなったサンフレの選手が湘南のバイタルエリアの守備の軽さに助けられ得点していったところかな。
[PR]
by somewheresw | 2008-06-08 19:27 | sanfrecce
いまさら感が漂うエントリーですがフライングで書くよりは反発はなかろう

戸田選手は加入して1年目はいきなり残留争いになって自分を誘ったはずの小野監督は辞任していなくなるとか当初想定していた状況とは大きく変わり、ペトロビッチ監督が来てからは当時レンタル加入だったにもかかわらずキャプテンに指名されてチームを引っ張りその年は残留を果たしたものの、翌年は降格してしまいさらに今年はチーム内でポジション争いに敗れて立場を無くすなど色々と苦労の多い広島での生活だったのではないかと思います。
現在は千葉はJ1最下位と残留争いの真っ只中にあり、3度目の降格経験とならないように頑張って今度こそ幸せになってもらいたいです。

一方で、新加入してくる結城選手。
現在、誰の目にも明らかなくらいにCBのできる人材が不足しているのでチームにとってはいい補強となるのではないでしょうか。
ストヤノフと一緒にプレーをしたことがあるのでお互いの特徴はよくわかっているので、レギュラーポジションをとることも期待されるでしょう。そうなると万が一佐藤寿人が試合に出られない状況になった場合、現在FWに不足しているポスト役となれる選手として盛田の再コンバートもあるかもしれません。
仮に監督の目に適わなくとも、サブ組としてトップ組と対戦することで、今までよりはまともにトップ組攻撃陣の練習パートナーとなることは期待できます。戸田もかつて自身のHPにて「ポポビッチコーチがサブ組のDFをやっているんだぜ」と練習環境に嘆いていたし、現在もサテライトリーグで熊本相手に6失点やら、こないだの広島大学との練習ではCBは横竹、橋内、内田と傍目からすると普通ではない状況です。
このような中で、結城選手が入ることで木寺さんがサブ組の久保やユキッチなどと練習で対戦することによって改善していくようにトップ組攻撃陣の決定力不足解消に役立つことも期待したいところです。
[PR]
by somewheresw | 2008-06-07 08:34 | sanfrecce