こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

柏木が8月に復活するまでチームを引っ張ってきた高萩、そしてトップで使える数少ないFWである久保を休ませたのか、普通に先週はベンチ落ちのレベルだったのかわかりませんが、まぁGK以外はシーズン前のベストメンバー構想のメンバーだったわけでしょうし、9人でも引き分けることができたチーム相手だから勝って当たり前な気分です。

3位以下のチームの今までの勝ち点の積み上げ方を見ていると、おそらく残り試合であと2勝すれば十分にJ1復帰できる勝ち点にはなるはず。次節は8試合勝ち星ない岐阜をホームですから楽勝してくれると思います。といいつつ油断して「金返せ」試合してしまうのもアル意味ではサンフレッチェらしさかもしれません。
このまま消化試合が増えると観客動員も影響するのでここはリーグ戦でサンフレッチェのチーム連敗新記録である8連敗位したほうが去年の入れ替え戦ブーム→今年の観客増に結びついている危機感煽る戦略をしたほうが終盤盛り上げるには一般ウケして面白いのかなと私の中の悪魔が囁くくらいに刺激のない今日この頃。まぁ去年が刺激というかストレスの溜まりすぎた終盤でしたからたまにはこんなのんびりする時を過ごすのもいいのかもしれませんね。

しかし、J1は昨日今日はW杯予選でお休みなわけで、対戦相手の歯ごたえのなさを含めて「今はJ2だよな」と実感させられます。
[PR]
by somewheresw | 2008-08-31 18:25 | sanfrecce
いやぁ、○○太殿と第2クール湘南戦以来一緒に観戦したが、あのお方と観戦すると今年はなぜか快勝する。去年、入れ替え戦2戦目を一緒にみたときは効果なかったがな

と、いうのは置いておいて、福岡のゴール前に「守りの神」ではなくある種の「笑いの神」が光臨したのを除いても、この試合は試合開始してしばらく観ていて負ける気がしませんでした。森崎兄がボランチにいると攻守に安定しますね。森崎弟や青山の穴と高柳と埋めて余りある活躍だったと思います。しばらくは中盤はスタメンはこの試合の4人でいいのではないかと思いました。
前節ベター(よりまし)な選択ということでか、森崎兄をストッパーに起用していましたが、やはりベター(よりまし)ではなくベスト(最良)の選択をすべきであることを改めて感じました。
まぁ、森崎兄にとっては現在、2シャドーは柏木が好調、高萩はもはや欠くと影響が出てしまうのがハッキリしているくらいのチームの軸の一つとなっていて、現状では森崎弟が試合にでるにはボランチに弾き出されてしまう。弟とポジション争いをして弟に辛い思いさせるのは耐え難いからリベロ、あるいはストッパーに転進を受け入れているのかもしれないから、次節はどうするのだろう?

もしかしたらペトロビッチ優先順位低下中のハンジェに変わってベターな選択として森崎兄が右WBになってしまうってことは。。。
[PR]
by somewheresw | 2008-08-24 20:14 | sanfrecce
いやぁ、負けてしまいましたね~。
槙野の穴を森崎兄に埋めてくれることを期待したのですが、結果は2点差の完封負け。
スコアでいえば3戦すべて1点差負けだった反町ジャパンが喫した北京での敗戦レベル以下。

きっと去年の悪夢を思い起こす「森崎兄ストッパー」にしてしまったのが悪かったのでしょう。
どうせなら、「楽山 ストヤノフ 森崎兄」の3バックで超攻撃的モダンDF陣にしてしまったほうがネタ的には楽しかったと思います。

でも、4年に一度のオリンピックと違って来週にはもう汚名返上する機会がありますからJ2リーグはラッキーです。

次節は槙野が復帰するかわりにこのところダブルボランチを形成してた青山と森崎弟が出場停止となります。
今度こそ森崎兄が2人の穴を埋めることを期待しましょう。
[PR]
by somewheresw | 2008-08-17 07:17 | sanfrecce
個人的には北京オリンピックはあまり観ていないのだが、スコアからみると出場したここ最近のオリンピックではグループリーグ3戦全敗という最悪の結果となった日本代表。結果だけでなく、内容も特に見るべきものもなく芳しくなかったという話がかなりある。
その強化担当をしているのが小野剛元サンフレッチェ監督。

で、その総括が時事ドットコムに載っています

いやぁ「まったく悔いは無い」と北斗の拳でケンシロウに敗れ去ったラオウのごときセリフを語った反町氏と違って、ネタに昇華もできない言い訳コメントです。
サンフレッチェで30年監督をして欲しいとチーム関係者が語っていたという報道もかつてありましたが、その関係者は人を見る目があるのかと問いただしたいですね。
またこんな人間が監督になるかもしれないならまだマシと、J2落ちしたとき久保会長やら選手などがペトロビッチ氏を支持していたのかなと妄想してしまいました。
[PR]
by somewheresw | 2008-08-15 07:26 | 其の他
サンフレッチェの有力スポンサーの一つであったアーバンコーポレイションが本日事再生法の適用を申請し倒産となりました。

少し前に不動産会社では危ない「USA」という話がありまして、アーバンの債権の格付けが下がったり、株価が大幅に下がったり、アーバンの社長が担保にしていた自社株が担保権を実行されてしまうなど悪い話があったので大丈夫かなと思っていたが残念ながら倒産してしまいました。無論倒産というわけですから、貸付していた金融機関もダメージがあるわけで、有力スポンサーの一つである広島銀行も業績に悪影響を及ぼしていると思います。
サンフレッチェの収入の半分以上は企業の広告料という状況であり、現在景気が後退局面という話もありますから、これから色々工夫していかないとチーム運営していく上で厳しいことになっていく可能性は高いでしょう。
[PR]
by somewheresw | 2008-08-13 22:36 | 其の他
Jリーグ全チーム勝利という記録は第3クールに持ち越しとなり引き分けた広島であるが、シュート数は仙台の9に対し、16で今年1番のアウェー動員1万8千人がいた試合にしては優位に進んだ試合だったのだろう。
中国新聞の広重久美子さんも成長を感じる試合といっていたしそうなのかもしれない。

もっともアウェーで1万8千人という動員はJ1だとそれ以上のところも普通にありますがね。

あと槙野が4枚目の累積警告を受けて、次の試合出場停止となりました。今回の遠征には帯同していないようですがストヤノフが復帰したという話もあるようですし、森崎兄が槙野の穴を埋めてくれることを期待しましょう。
[PR]
by somewheresw | 2008-08-11 06:29 | sanfrecce

8/3 サガン鳥栖戦 感想

いやぁ、2位と勝ち点17点差、3位と19点差となり、5年前とは違って結果としては楽に今シーズンは進んでいます。
2002年以降は「苦痛と我慢」を要求されることが多い成績だったので、今日の中国新聞の川柳のように「トップなら2部リーグでも我慢でき」です。
[PR]
by somewheresw | 2008-08-03 22:00 | sanfrecce