こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

5/2浦和戦

昨日は広島ビッグアーチで浦和戦見てまいりました。
今だ勝ち星なしで2万はいかないだろうと思ったのですが、予想以上にお客さんがきて観客が29332人と私が観戦するようになって最大の動員になりました。

しかし去年見た9/23新潟戦ほど熱い感動を感じさせてくれるものではなかったです。選手は一生懸命頑張っているのは見ていてわかるし、やっているサッカーの質は9/23よりも高いものでした。
しかし点は入らずサッカー観戦の醍醐味である応援するチームが点を上げたとき、また勝利で試合終了のホイッスルを聞いて立ちあがってガッツポーズするなりして喜ぶことができなかった。やはり一見さんをリピーター、常連客とするためには熱く感動をする試合にするには最低でも点とって勝つことが必要なんだろう。

さて、今サンフが何故点とって勝てないかといえば
「攻撃時にシャドーなりボランチが前を追いぬいたりしてPAへあまりつめてきていないから、相手の守備陣を混乱させるに至っていない。そして相手が混乱していない状態で少ない人数で持ち込んでいるからシュート撃たれてもある程度GKもシュートコースを読みやすくシュートが枠にいってもほとんどがセーブできる」
「アーリーカウンターがはまってもペナルティーエリアに近づいた頃からシュートに持ち込むまでに切り返しをしたり効き足に持ち替えたりして時間がかかって、その間に相手の守備体型が整ってしまう」
のが原因ではないかと思っています。

やっているサッカーの質は徐々に上がっているので悲観はしてませんが、そろそろ勝ち星がないとヤバいんじゃないか。
カープの「赤ゴジラ」嶋のように、サテでくすぶっているFWが上がってきて点とって大活躍してくれないかなぁ。
[PR]
# by somewheresw | 2004-05-03 19:47 | sanfrecce

4/29ナビスコの感想など

どうも、ここ数日個人的にブルーなことの連続で更新意欲減退ですいませんでした。

さて4/29ナビスコカップですが、昨日ようやく馴染みのフットボールバーで見ることができました。林が意外に安定していて成長してました。
でもチーム全体的にはボールの落ち着きどころがなくてやはり森崎和幸がいないと厳しいですね、サンフは。あと井川はどうしたんでしょうか、経験浅い吉弘と西河を支えるためにだしたはずが一番足を引っ張ってて今日の試合にベンチ入りすらできないのはよくわかる。それと最近よく思うことだが高木和正は面白味すくなくなったなぁ。去年のゴールデンウィークで見た福岡でのデビュー戦はドリブルが鮮やかだったのにただあれこれ動いているだけの選手になってしまった。

今日浦和戦ありますが、チアゴとそれに絡む動きがどうか、復帰する駒野はどうか、吉弘はレッズに通用するか、見所は満載です。
[PR]
# by somewheresw | 2004-05-02 10:11 | sanfrecce

4/29メンバー予想を見て

●広島
GK:林、佐藤昭
DF:井川、吉田、吉弘、西河
MF:服部、リ・ハンジェ、外池、高木、青山、駒野
FW:中山、松浦、田村、田中

なんですけど、よく小野監督が森崎兄弟やら外国人選手、下田など外したと思う。去年の天皇杯でも44試合戦ってレギュラーは疲れきっているにも関わらず、アマチュア相手ですら若手を試すことをほとんどしなかった。GKの林は多分この事に腹が立ったのか移籍志願ともとれる発言を契約更改のときにしたわけで、ベテランのケガ人続出やゴールデンウィーク3試合こなす過密日程があるとはいえ今日のナビスコ杯のメンバーの人選は驚きである。

去年第3クールの湘南戦で、当時効果的働きをしていないと一部サポの間で批判の的だったマルセロという小野監督が重用した外国人FWが丁度出場停止でサポより期待される日本人FWが出る機会ができた。しかし効果的な働きができないまま得点できずに敗戦し、このシーズンはマルセロが以降もFWのレギュラーを張りつづけて、若手FWが伸びる機会がなくなってしまった。
今日、もし大敗することになれば小野監督はしばらくは若手を使う事はなくなると思う。できることなら内容のある勝利を飾って欲しい。
[PR]
# by somewheresw | 2004-04-29 07:58 | sanfrecce
いままで、過去について書いてましたが今について書いてみます。
前回書いたように久保をきっかけにして見始めたのに久保がいなくなり、「なんでサンフレッチェを応援するんや」と思われるでしょう。
今スタジアムいったりするのは、サンフレッチェの将来に希望を持っているからというのが1つの要因です。サンフレッチェには将来性を感じさせる若い選手が多い。Jリーグでサンフほど若い人材がいるところはそう多くないと思います。森崎和幸、浩司の兄弟や駒野、今伸び悩み気味だが茂木、さらに高校生Jリーガー高萩洋次郎さらにユースにも多くの有能な人材がいます。チームのフロントにもビジョンがあり、若手の育成などがうまくいけば、数年後はJ1で優勝するチームになれると期待できるからです。
私は森崎和幸と高萩洋次郎には特に日本を代表する選手になっるくらいの選手になることを期待しています。
[PR]
# by somewheresw | 2004-04-27 21:02 | sanfrecce

思い出のゴール

前回書きましたが、私がサンフレッチェのサポになったきっかけは久保竜彦です。
彼のプレーは日本人離れしたダイナミックかつ野性味あふれるドリブルやシュートです。ヘディングはGKよりも高く飛ぶし、左足ではなつ強烈なシュートを撃つのは日本人では彼くらいでしょう。

今までサンフレッチェを見てきて一番心に残るシュートは彼が2001年第2ステージの広島スタジアムであった清水戦で放った
ロングシュートです。せたのが、エースの一発でした。後半1分ぐらい、相手陣内に少しだけ入ったところでボールを持った久保が、相手DFの不意をついてセンターサークル付近で左足を一閃。見た瞬間は「え、そこで撃つか」と思った。
だが、放たれたボールは強烈なドライブがかかりながら清水ゴールへ一直線にいきGK黒河が飛びつきますが触ることもできず、あっという間にゴールネットを揺らし「えぇ、マジか」と感じそして大歓声。この試合勝てばJ1残留決定ということもあってかなり興奮したことを覚えています。
ついでに久保はそのあと技ありのループシュートでさらに追加点をとって試合に勝利することができました。
その時は残留決定と歴史の瞬間に立ち会えた事に喜びをかんじました。でも、翌年降格して久保もいなくなるとはその時予想もできなかった訳ですが。

私は久保はサンフレッチェを離れてもかなり気になる存在で、代表などで活躍してくれているとうれしいです。キャバクラいこうがスシを投げようがかまわない。久保らしさをなくさないでダイナミックなプレーで活躍してほしい。

といって広島に対戦相手で来たときはブーイングするつもりですよ。
[PR]
# by somewheresw | 2004-04-26 21:01 | sanfrecce