人気ブログランキング |

こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

5/23 吉田 練習

久々にレポ書きます ナカノンがいなかったので(爆)

前日にサテライト戦があったからサテライト戦出ていた選手はみんな休み、他にもU20代表に行った前田・高柳も不在でそれ以外の選手が参加しました。
ということで、参加者は下田・小村・ジニーニョ・駒野・ベット・浩司・和幸・茂木・ガウボン・寿人・ハンジェ・服部・大木・吉田・森脇・茂原、そして別メニューで中尾がいました。

今日は午前・午後二部練習で、まず午前中はフィジカルをしていました。
フィジカルは2人ペアーでインターバル走を30分くらいはやっていました。しかし、その途中で大木がインターバル走から離脱してしばらく1人でゆっくり周りランニングしていましたが、少しして監督と5分くらいか長い時間2人きりで話し込んでその後帰ってしまいました。

インターバル走の次は、クーラーボックスの大きさくらいの台を踏み台にした瞬発系のトレーニング、その後メディスンボールを使った腹筋トレーニングなどをして終わりました。

全体的におとなしかった印象。あんな惨敗したから仕方ないが、森脇なんかはカラ元気でいいから遠慮せずに盛り上げてアピールして欲しいよなぁ、と見ていて思いました。そういえば途中でベットがインターバル走で先頭を走って盛り上げていました。

午後は大木は不在でその上ベットもなぜか不在。
で最初は2人一組でワンタッチ、ツータッチその他いろんな種類のパス交換や1対1でのボールキープ。
コンビは和幸と茂木、ガウボンとジニーニョ、小村と下田(途中でキーパー練習始まり、その後通訳のジョゼさん)、服部と吉田、ハンジェと森脇、茂原と駒野、浩司と寿人でした。

その後、3組にわかれて1対2でミニゴールを狙うトレ(だったはず)。
その後に黄色組と赤組2組に分かれて大きさが縦はハーフコートくらいで横幅はペナルティーエリアくらいでミニゲーム。
最初、下田がいないときは、ハンジェがジョーカーで
赤組;ジニーニョ、ガウボン、寿人、服部、森脇、茂原
黄色;小村、駒野、浩司、和幸、茂木、吉田

でゴールをラグビーみたいな一定の位置までボールをもっていくものだったようなミニゲーム。

その後、下田が赤組、ハンジェが黄色に加わってゴールが、カラーコーン横幅2メートルで高さ
もカラーコーンの高さまでのゴールにボールをくぐらせる2タッチ限定のゲームをやってから終わりました。

ミニゲームでは寿人が元気よく声を出していて指示出したり、その他にも色々と盛り上げてくれました。同じチームに森脇がいたのですがよく声をだしてサポートしていたように思います。もしも一昨日の川崎戦で今日の寿人みたいにサンフの選手が森脇をサポートしてやればもう少しはマシだったのかなと思いました。ミニゲーム見ていてもHとかKとかM兄弟とか古くからいる選手はまだ自分のことが手一杯で周りに気を配る余裕がないんだろう。若手がポジションに割り込んでいくためには、その選手自身がかなり成熟していないと今のチームでは無理だろうと感じました。



昼、人工芝グラウンドにて、ユースが試験期間で早く帰られるからか同じ時間帯に練習しててその後午後4時くらいから大門高校を招いて練習試合をしていました。

前半
        江本
    古本     藤澤
        内田
    篠原     小西
 中山  熊谷  佐藤拓 大西
(→野田)
        金山

中山は私がトップ練習のハンジェと森脇のミドルパスを居残りで練習していた様子をしばらく見ている時に、いつの間にか野田と変わっていた。別にケガしている様子でもなかったのでなぜ変わったか不明。今月左サイドバックのレギュラー有力候補の松田が膝靭帯断絶という重傷を負ってしまったため急遽代わりの人材を探すために色々試しているところなのだろうか。

私が見ていた時間帯では、前半早い時間帯に大門高校がCKからゴール。その後、ハンジェと森脇の練習が終わったあとに目を戻したあとにはサンフユースが藤澤がドリブルでゴール前に持ち込んでパスを受けた江本がシュートしてゴールを決めていた。

ハーフタイムに沢田コーチから、セカンドボールの寄せが甘いだとか、自陣ゴール前の対応が曖昧で悪いだとか色々と注意されていた。
実際見ていても沢田コーチと同じような印象で、全体的に淡白というか去年、一昨年の選手ほどハードワークができてなくて勝つことのこだわりがあまりないようにみえた。おとといの作陽戦も柏木、槇野、木原のプロを狙う3年生を除いてほとんどの選手が前半はこんな感じだった。森山監督も頭が痛いだろう。

後半メンバー交代でこんなメンバーになる。

        江本
    篠原     内田
        岡本(jr)
     金田   小西 
 山根  熊谷  佐藤拓 大西

         原(jr)?        

残念ながら沢田コーチからの注意があまり浸透していないのか、前半の状況が余り改善しているように見えなかった。
そうしているうちに後半30分過ぎたころに自陣での不用意なパスを相手FWにカットされてGKと1対1になってゴール隅に決められてしまい、点を取り返すことができないまま終了する。

練習を1時間くらいした後で高校1,2年や中3が中心メンバーとはいえちょっと厳しい内容だったと思う。若い学年になるほどハードワークができてなく残念。

悪かっただけで終わると景気が悪いので最後によかった点を。
後半にでていた背番号31番のGKのおそらく「サンフレッチェくにびきFC・ジュニアユースチーム」から来た中3の原君 はおそらく金山、佐久間よりも実力が上と思えるくらい安定感があった。フィードは去年まで広島にいた林を思い出させるくらい正確で、ボールをキャッチしたあとの手で投げるフィードの判断もいい。肝心のキャッチングも悪くはない。ポジショニングが改善するポイントになるだろうが、それもいいコーチに教えてもらえれば改善できるだろう。

4年後にトップに昇格する可能性は十分にあると見た。
by somewheresw | 2005-05-23 20:15 | 練習レポ