人気ブログランキング |

こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Jユースサハラカップ Gグループ サガン鳥栖ユース戦

サンフ公式HP

5-1(前半3-0)で勝ちました。

得点(広島のみ);江本(1分)、木原(23分)、平繁(31分)、田中尚(50分)、篠原(63分)

スタメン

         江本
    平繁       木原
         藤澤
      福本   保手濱
遊佐  田中尚  横竹   野田

         金山

後半61分に木原、福本と篠原、佐藤拓が交代ではいると篠原は木原のいた右FW、佐藤拓は横竹のいた右CBに、横竹は福本がいたボランチの位置に移動。

その後も71分に平繁とかわって内田、82分に横竹とかわって植野が入るたびに他の選手も色々とポジションを替えてもうポジション書くのが大変なのでそれは省略。

今日はおそらく3ヶ月ぶりにユースを見た。
横竹はもともとはFWなのだが、CBもボランチもそれなりに様になっており、別の試合ではサイドバックもやったりと知り合いの方は「まるでユ・サンチョルみたいな使われ方だ」と各ポジション無難にこなしていた。彼は将来トップに上がってくることが予想される選手でして、いままでの常識から離れたところにいく選手になるかもしれない。

あと平繁が以前見たときよりも体格が大きくなったような感じがした。平繁は以前も書いたが前田俊介に匹敵するくらいのポテンシャルのあるトップ昇格が有望な選手である。彼の特徴は前田俊介がテクニックを駆使した柔のイメージのドリブルが持ち味とすれば、平繁は強いフィジカルを生かした鋭い剛のイメージのドリブルを持って1対1で突破できること。
今日は相手が格下とはいえ平繁らしいドリブルで次々突破して1ゴールも上げて楽しませてくれた。彼の課題はどれだけ真面目にサッカーに取り組めるかが課題だろう。そうすれば、前田俊介並みの絶対的なエースになる要素はある。

不安なところは試合のなかで最終ラインGKの安定感が去年ほど十分でなく、これが今週から始まる高円宮杯を勝ち抜くための課題になりそうだ。 
by somewheresw | 2005-09-19 20:18 | ユース