人気ブログランキング |

こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw

2005年 04月 21日 ( 1 )

11日につづき、12日も雨が時折降り風があって気温も上がらない悪天候だった。
前日につづいてヴェルディーを見に行こうかとも思ったが、同じチームを2日連続して見るよりも別のチームを見てみたかったのでFC東京の練習を見に小平に行った。

西武線の小平駅を降りると商店がにはFC東京のエンブレムフラッグが駅前通りの街灯につけられていかにもFC東京のホームタウンに来たという実感を感じる。
ヴェルディーやフロンターレの練習場付近にはこんな光景はなかったのでFC東京の営業面での頑張っていることを感じた。
歩いて20分くらいしてFC東京の練習場に着く。
到着した時には女性サポ3人くらいいた程度で
「やはり平日であまり天候がよくないから見学者は少ないわ」と思っていたが、練習が開始しだすと人数が増えていき最終的にはマスコミあわせると十数人は来ていた。
クラブハウスが鉄筋コンクリートで、グラウンドもサッカー2面分くらいはある感じ。川崎よりはいい練習場だった。

練習は、まずはランニング。グラウンド周辺をランニングしながらときどきストレッチをしていた。その後の瞬発系のフィジカルではボールをところどころ使ってパスを織り込むなど選手を飽きさせない工夫を見て取れた。

その後フルコートでの試合形式での練習。原博美監督が色々指示を出しており、時折レギュラー選手が2、3人ずつ、控えの別の選手とポジションを入れ替わるなどしてた。(例えば茂庭と増嶋など)、アクシデントで選手がいなくなっても困らないよう、また選手層を厚くする意図があるのか。ちなみにサンフではここまで選手を入れ替える光景は見ない。
その試合形式の練習のときにGK土肥の声が凄く響く。例えば「プレッシャーかけろ」とか、チームを鼓舞していた。まるでフィールドの監督みたいに。広島ではトップではこんな選手はいままでいない。ユースの槙野がこんな感じかな。
この練習でレギュラーのシュートがバーやポストに当たるとか枠に行かないとかGKにセーブされるとかでことごとくゴールに入らない。
しばらくすると、DFなしのGKだけが相手で後方からゴール前にサイドチェンジやらワンタッチでボールを運んでシュートしてゴール狙う練習するのだが、これでもゴールを割れない。
その後のシュート練習でもGKのファインセーブが目立ち、本当に決定力がない!
FC東京は得点力が課題だなとみてとれたし、次の試合で点取れるのかと思い、この時点で首位にいたもののすぐに落ちると思った(ちなみにこの翌日の名古屋戦、日曜にあった浦和戦はいずれも完封されて順位も4位になった)。

他にワンタッチのパス廻しだとかの練習があったような気がする。
by somewheresw | 2005-04-21 22:23 | 遠征記