人気ブログランキング |

こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw

2005年 10月 15日 ( 2 )

10/15 FC東京戦 感想

2度突き放しながらも追いつかれドロー。

アウェーだから引き分けでも仕方ないと思おう。
とにかく、勝ち点40に到達!残留よりいっそう固くなったわ。

今日は下田が交代余儀なくされてしまって空中戦苦戦していたDFラインに西河いれるとか点をとりにジョルジーニョ入れるとかできなくなったのが痛かった。
下田の代わりにでた佐藤昭大、突然の初出場で「大丈夫か?」とハラハラしながらみたけど、FKからあわやゴールというボールもセーブしたりとよくやったと思います。2失点はGKの問題じゃないところですしね。負傷退場した下田は靭帯損傷の疑いが強いので、しばらくは昭大の出場機会が増えるかもしれません。
万一下田が今期絶望ならば、2002年の最終戦で下田が負傷して以降その年の天皇杯準決勝まで広島のゴールマウスを守って下田に危機感を与えるくらいまで成長した林卓人みたいに昭大が成長するチャンスと考えて応援していくしかないでしょう。

一部で批判も上がる俊介のドリブルを最近止められることが増えたについては、「先行投資」と考えてチャレンジしていることを評価すべきと思います。
以前、ある方と話をしたときに「ドリブラーは右肩上がりになだらかに成長するのでなく、ある日突然階段みたいに急激に成長してはしばらく平行線をたどるの繰り返しだから、ドリブラー育てるには長期的視野がないと難しい。だから日本ではなかなか育たない」といわれたことがあります。今は温かく見守るべきでしょう。

そうそう、ベット不在で不安視された中盤ですが、代わりにハンジェが入っても中盤にさほど影響なく、前節のことを含めるとベットがチームに不可欠な選手でなくなりつつあるのがはっきりしてしまったかもしれません。


ただ、毎度のことながら後半途中からガス切れで攻められまくる傾向はいい加減どうにかならないかなぁ。 大分をみると、フィジカルだけでなくDFラインが下がりすぎだとか一人あたり守備を要求するゾーンが多すぎてムダに運動量がかかりすぎるだとか、ボールポゼションできないだとか戦い方の問題のような気がするのだが
by somewheresw | 2005-10-15 17:39 | sanfrecce

10/15 FC東京戦に向けて

相手は残留争い中のFC東京。

広島は駒野が水曜日ウクライナで代表戦したあとの疲労だとか、ベットの不在、レギュラーの大木・ガウボンがコンディション不良だとかで90分使えそうにないなどハンディが色々ある。

FC東京はこのところ持ち前の守備の強さが復活して4試合連続完封。
前線からのプレスとDFラインのジャーンの高さ強さが効いているのだろう。
ただ得点が4試合で2点と少ない。
そして石川がケガ・戸田が出場停止などレギュラーのうち何人かが出場できそうにない。
このところの得点者をみると、持ち前のサイドアタックはクロスの質が悪いのか、ルーカスなどFWの決定力のないからか機能していなかったようだ。ただそのサイドアタックをする石川・戸田がいないから攻撃法は宮沢や梶山、馬場など従来のイメージと異なる攻め方をしてくる可能性がありそう。

広島側のキーポイントは大木・ガウボンの交代法、和幸、茂原、ハンジェのパスがFC東京のプレスの網に引っかからず上手く繋がるか、今好調の高柳をどのように使うかになるだろう。

広島は前節名古屋に破れて、残り試合8で首位との勝ち点差が12と「優勝争い」から遠いところにいる。小野監督は「可能性のある限り、絶対にあきらめない」と語っているものの、現実的には「優勝」から「上位進出」への目標を下方修正しての再スタートの第一戦だ。
一つでも上の順位で終えるためには1試合1試合を大事に戦っていかなければ賞金圏内にも行けないことになるだろう。
by somewheresw | 2005-10-15 08:11 | sanfrecce