人気ブログランキング |

こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2006年 01月 15日 ( 1 )

2006年初の練習試合、しかも新チーム初ということで都合がついたので行ってしまいました。

作陽は3本目からBチームとなったりしたが、結局40分×4本だったのかな(4本目途中で帰ったため4本目の時間はわからず)。

私自身はユースの選手の顔を見て名前わからない選手の方が多く、メモも取らなかったので細かい名前はわからないが1本目は4-4-2で平繁・中野の2トップ、中盤に藤澤・遊佐・篠原・保手濱、最終ラインが佐藤・田中・岡本・野田、GK金山。横竹はケガらしくビデオ係していました。

1本目は去年の出場経験者が半数以上いたためか、去年以上に守備の連携はできているように感じ、試合の流れもほぼサンフレッチェユース。
試合半ばぐらいか、岡本の右サイドへの絶妙なフィードに野田が追いつき、右サイドで作陽DFをかわしてクロスをあげ、それを前線に飛び出していた保手濱がボレーでポストに当てながらも決めて1-0で1本目は終わる。
1本目で個人レベルでは中野のポストプレーでのボールの収まりのよさ、保手濱のキープ力やら前線への飛び出しなどの成長、そしてU15代表DF岡本のフィードの正確さなどからくる安定感が印象に残った。

ここまではいい印象ばかりなのだが、2本目以降はフォーメーションやら選手・配置を変えたり、Jユースサハラカップ以降雪の影響やらで練習が先週からようやくできるようになったため、あと先週は結構フィジカルトレで走りこみしていたからか、チーム全体的な運動量がなくなり、また守備・攻撃での意思疎通がチームとして上手くできないこともあって作陽ペースの試合となった。 そして去年も感じた新2、3年生に見られるメンタル面の淡白さというのも2本目はみられた。そのためか2本目の後に森山監督も生徒の親など観客目の前で今まで見た中でも一番といっていいくらい選手達に厳しい言葉を選手達にかけていた。
史上最強だったチーム史上2003年度のユースチームの3年生は当時の年代別代表は一人もいなかったが森山監督いわく「魂でチームを引っ張った」というくらい魂のある選手達で当時同じチームにいた前田・高柳ら2年生、槙野・柏木ら1年生はそれを受け継いで2004年の2冠、2005年高円宮杯3位とユースチームは全国トップレベルを維持できた。2003年を経験していないが年代別代表経験者が何人もいる新3年生2年生は果たしてこれからどうなるか。
今日はいい面、そうでない面両方を見たが、新チーム始まったばかりでこれから色々と向上するところはあるということで今後に期待なチームだとは思いました。
by somewheresw | 2006-01-15 19:46 | ユース